カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ジクサー150分割日本一周[117]

投稿日:2020年10月28日

東北一周編 3(2017年7月20日)

大津波に残った波立薬師を参拝

四倉の道の駅「よつくら港」

四倉の道の駅「よつくら港」

国道6号の新道と旧道の分岐

国道6号の新道と旧道の分岐

波立岬の波立薬師

波立岬の波立薬師

波立岬から北に延びる波立海岸

波立岬から北に延びる波立海岸

波立岬の弁天島

波立岬の弁天島

波立岬の断崖

波立岬の断崖

 四倉(いわき市)の道の駅「よつくら港」でジクサー150を止めて小休止。モーニングコーヒーの缶コーヒーを飲む。四倉から国道6号は久之浜バイパスになるが、右折して旧道(県道395号)を行く。

 まずは波立岬で止まる。波立岬から北に延びる波立海岸の防潮堤はすでに完成している。海水浴場も整備された。大津波に残った波立薬師を参拝し、橋でつながっている弁天島に渡る。この橋も今では渡れるようになっている。その突端の岩場に立つ赤い鳥居まで行く。この鳥居は大津波にも奇跡的に残った。

 つづいて久之浜に行く。ここも防潮堤は完成し、久之浜海岸の防災緑地の植栽も終わっている。防災緑地にはクロマツ、クヌギ、コナラ、エゴノキ、スタジイ、タブノキ、ヤマザクラ、ヤマボウシが植えられているが、それぞれの木はすでに根をおろし、大きくなり始めている。海側はクロマツの林だ。

 大津波にも、その直後の大火にも残った久之浜海岸の秋葉神社(稲荷神社)の社殿に隣り合って、「東日本大震災追悼伝承之碑」が建てられた。

 それには次のように彫り刻まれている。

 大地震が起きたら大津波が来る。
 直ぐ逃げろ、高台へ。
 一度逃げたら絶対に戻るな。

「東日本大震災追悼伝承之碑」とともに、碑文と、66名の犠牲者の名前が刻まれた石碑も建っている。

 久之浜の海岸から久之浜漁港へ。目の前の岬が殿上崎。久之浜漁港と殿上崎はセットのようなもの。天然の大防波堤の殿上崎あっての久之浜漁港なのだ。

波立岬から波立海岸を見る久之浜海岸の防災緑地久之浜海岸の秋葉神社

波立岬から波立海岸を見る 久之浜海岸の防災緑地 久之浜海岸の秋葉神社

久之浜漁港でジクサー150を止める久之浜漁港久之浜漁港から見る殿上崎

久之浜漁港でジクサー150を止める 久之浜漁港 久之浜漁港から見る殿上崎

keep looking »
  • 新刊紹介


    タンデムスタイル No.223
    10月24日発売

    賀曽利隆の分割日本一周

    北海道編


    アンダー400 No.84
    9月4日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    南会津・前編

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up