カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[68日目]

投稿日:2017年12月11日

「非常に不愉快ですよ」

西部編 19日目(2007年1月28日)

 柳田温泉の国民宿舎「能登やなぎだ荘」の朝湯に入る。大浴場の湯にどっぷりつかる。肌がヌルヌルツルツルする湯。やわらかな感触の湯だ。源泉(冷泉)は飲湯可。朝食を食べ、9時、出発。スズキDJEBEL250XCを走らせ、恋路海岸を行く。赤い鳥居が見える。恋路温泉に行ったが、14時から。つづいて珠洲温泉の国民宿舎「能登路荘」に行ったが、ここは12時からで、ともに入れなかった。温泉には入れなかったが、能登半島のシンボル、「軍艦島」で知られる見附島を見る。

 ということで第1湯目は鉢ヶ崎温泉の日帰り湯「すずの湯」になった。入浴料は1100円。上限の1000円を超えるが、第1湯目だし、まあいいかということで入った。大浴場と露天風呂。湯の流れ落ちる岩風呂もある。ここの源泉は46度。塩分を含んだ有色の湯だ。

 次に「ランプの宿」で知られる葭ヶ浦温泉に行ったが、ここは入浴のみは不可。能登半島北端の狼煙の集落にある禄剛崎温泉「狼煙館」も入浴のみは不可。

 ということで禄剛崎を歩いた。岬の突端には白亜の灯台。「上海1598キロ」、「釜山783キロ」、「ウラジオストック772キロ」のサインポストがたまらない。思わず水平線のかなたに目をやり、「海を渡りたい!」と思ってしまった。

 時間が12時を過ぎたので、再度、軍艦島の見附島を見て、珠洲温泉の国民宿舎「能登路荘」に行く。今度は入れた。湯につかりながら目の前の能登の海を見る。見附島も見える。湯上りにはカルピスを飲んだ。

 珠洲温泉を出る頃にはすごい荒れた天気になる。猛烈な雨風の中を走る。

 第3湯目はねぶた温泉。内風呂と露天風呂に入る。内風呂の方が湯の感触がいい。ここはPH11という高アルカリ性の温泉。肌がツルツルする。

 輪島では輪島漁港、輪島突端の鴨ノ浦と見てまわり、輪島温泉「八汐」に行ったが、入浴のみは不可。

 輪島からは能登半島の西海岸を南下する。そこには点々と日帰り湯の温泉がある。それらはどこも入浴料が安いのでありがたい。

 第4湯目は門前温泉「じんのびの湯」。大浴場と露天風呂。露天風呂からは能登の海を見下ろす。湯から上がると、「門前そば」を食べた。

 第5湯目は富来温泉「とぎ温泉センター」の湯。ここは内風呂のみ。若干の塩味のする湯。

 第6湯目は志賀千古温泉「シ・オン」の湯。志賀町の道の駅「ころ柿の里しか」にある日帰り湯だ。ここではフロント横の券売機に1000円札を入れた。ところが機械は何の反応もしないまま札だけが吸い込まれていった。フロントの若い女性にいうと、別の男性がやってきて券売機をあけた。「おかしいなあ。何の異常も見当たらないですね。ちゃんと記録もとれているし…」といって、「あなた、ほんとうにお金を入れたんですか」といった目つきでぼくを見るではないか。頭にきた。

「あんた、その態度は何だ、その顔つきは何だ!」
 と思いっきり怒鳴ってやりたかったが、かろうじてその怒りの言葉を飲み込み、「確かに1000円札を入れたんですけどねえ」といった。

 そこに上司らしき男性がやってきた。もう一度、見てみようということになり、再度、券売機をあけてチェックすると、やはり1000円札が1枚、ひっかかっていた。

 それをぼくに手渡したが、2人の男からはひと言の謝罪の言葉もなかった。それがマニュアルなのか、無言を通した。ひと言、「申し訳なかったですね」と、謝ればすむことなのに…。ぼくは無言の2人の男に、「非常に不愉快ですよ」とだけは言っておいた。

「温泉めぐり日本一周」をはじめて68日目、604湯目にして初めて体験するじつに不愉快な出来事だった。それでもしっかりと温泉には入った。大浴場と露天風呂の湯から上がると、食堂で夕食の「カツ丼」を食べた。いつもだと何か食べれば気分は晴れるのだが、この日は、ぼくの不愉快な気分はおさまらなかった。

「シ・オン」を出ると、まるでそれに追い討ちをかけるかのように、ダーーーーーッと滝のような雨が降ってくる。天気にあざ笑われているかのようだった。

 雨をついてのナイトラン。

 第7湯目は千里浜温泉ユーフォリア千里浜」。大浴場と露天風呂。茶色い湯には若干の塩味。つづいて第8湯目の千里浜なぎさ温泉「バーデン千里浜」、第9湯目の七塚海浜温泉「ゆったり温泉」に入り、金沢に近い内灘砂丘温泉「内灘町福祉センター憩」の「ほのぼの湯」に泊った。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 柳田温泉「能登やなぎだ荘」
朝食 柳田温泉「能登やなぎだ荘」ご飯、干物、がんもどき、玉子焼き、煮豆、サラダ、のり、漬物、味噌汁
9時 柳田温泉「能登やなぎだ荘」を出発
599湯目 鉢ヶ崎温泉「すずの湯」(1100円)※特例で入る
葭ヶ浦温泉 入浴のみは不可
禄剛崎温泉 入浴のみは不可
600湯目 珠洲温泉「能登路荘」(450円)
601湯目 寝豚温泉「ねぶた温泉」(500円)
輪島温泉 入れず
602湯目 門前温泉「じんのびの湯」(450円)
昼食 「じんのびの湯」 「門前そば」(500円)
603湯目 富来温泉「とぎ温泉センター」(370円)
604湯目 志賀千古温泉「シ・オン」(450円)
夕食 「シ・オン」 「カツ丼」(600円)
605湯目 千里浜温泉「ユーフォリア千里浜」(450円)
606湯目 千里浜なぎさ温泉「バーデン千里浜」(370円)
607湯目 七塚海浜温泉「ゆったり温泉」(370円)
22時 内灘砂丘温泉「内灘町福祉センター」(1泊朝食6600円)
608湯目 内灘砂丘温泉「内灘町福祉センター」
本日の走行距離数 267キロ
本日の温泉入浴数 10湯

柳田温泉「能登やなぎだ荘」の朝食「能登やなぎだ荘」を出発能登半島のシンボル、軍艦島で知られる見附島

柳田温泉「能登やなぎだ荘」の朝食 「能登やなぎだ荘」を出発 能登半島のシンボル、軍艦島で知られる見附島

鉢ヶ崎温泉の日帰り湯「すずの湯」の露天風呂に入る能登半島の海岸線を行く葭ヶ浦温泉

鉢ヶ崎温泉の日帰り湯「すずの湯」の露天風呂に入る 能登半島の海岸線を行く 葭ヶ浦温泉

禄剛崎温泉禄剛崎の灯台禄剛崎のキロポスト

禄剛崎温泉 禄剛崎の灯台 禄剛崎のキロポスト

禄剛崎突端の岩場禄剛崎からは能登半島の外海を行く軍艦島に戻り珠洲温泉に入る

禄剛崎突端の岩場 禄剛崎からは能登半島の外海を行く 軍艦島に戻り珠洲温泉に入る

ねぶた温泉輪島の鴨ノ浦輪島温泉

ねぶた温泉 輪島の鴨ノ浦 輪島温泉

門前温泉「じんのびの湯」「じんのびの湯」からの眺め「じんのびの湯」の「門前そば」

門前温泉「じんのびの湯」 「じんのびの湯」からの眺め 「じんのびの湯」の「門前そば」

富来温泉「とぎ温泉センター」志賀千古温泉「シ・オン」「シ・オン」の「カツ丼」

富来温泉「とぎ温泉センター」 志賀千古温泉「シ・オン」 「シ・オン」の「カツ丼」

今晩の宿、内灘砂丘温泉「内灘町福祉センター」に到着

今晩の宿、内灘砂丘温泉「内灘町福祉センター」に到着    

keep looking »
  • ツイッター

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.67
    12月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    道志村


    風まかせ No.65
    11月6日発売

    巻頭特集
    我、ライダーであり続ける男

    生涯旅人・賀曽利 隆

    HO-BO-NIPPON

    奥秩父 峠道の残照

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 携帯からもアクセス

    携帯からのアクセスで不具合が生じました。誠に申し訳ありませんが、パソコン等からアクセスをお願いします。タブレット、スマートフォンからのアクセスは可能です。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up