カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ジクサー150分割日本一周[131]

投稿日:2020年11月28日

東北一周編 17(2017年7月21日)

雄勝半島に入っていく

 女川では高台にある町民病院から町を見下ろす。東日本大震災の大津波で壊滅した女川の復興を見る。かさ上げした造成地がかなりできている。

女川の女川駅女川の復興工事高台移転した新しい家々

女川の女川駅 女川の復興工事 高台移転した新しい家々

尾浦漁港。対岸は出島

尾浦漁港。対岸は出島

雄勝に到着。ここはかつての雄勝の町

雄勝に到着。ここはかつての雄勝の町

仮設商店街の「おがつ店こ屋街」

仮設商店街の「おがつ店こ屋街」

 女川を出発。ありがたいことに海霧のヤマセは消え、青空が広がっている。

 女川からはリアスブルーラインの国道398号を行く。三陸のリアス式海岸を見ながら走る絶景ルート。尾浦漁港に寄っていく。対岸は出島。島への架橋工事が始まっている。

 女川町から石巻市に入り、雄勝(おがつ)へ。女川湾から御前湾、雄勝湾と海が変わる。雄勝も女川と同じように東日本大震災の大津波に襲われ、町が消えた。雄勝の復興は遅々として進んでいない。

 硯の名産地の雄勝から、雄勝半島に入っていく。

 雄勝半島を一周して半島南端の白銀崎と北端の峠崎の2岬に立った。白銀岬は山道を歩いていく。往復30分。岬の突端には白銀神社と灯台がある。峠崎からは目の前に八景島を見る。雄勝半島一周では荒峠と名振峠の2峠を越えた。

 雄勝に戻ると、仮設商店街「おがつ店こ屋街」で昼食。「洸洋」で「石巻焼きそば」を食べた。真中にドンと目玉焼きがのっている。

雄勝半島南端の白銀崎への道白銀崎の白銀神社白銀崎の灯台

雄勝半島南端の白銀崎への道 白銀崎の白銀神社 白銀崎の灯台

白銀崎からの眺め。遠くに金華山が見える雄勝半島一周の県道238号を行く八景島を見る

白銀崎からの眺め。遠くに金華山が見える 雄勝半島一周の県道238号を行く 八景島を見る

仮設商店街「おがつ店こ屋街」で昼食にする「おがつ店こ屋街」の「洸洋」のメニュー「洸洋」で食べた「石巻焼きそば」

仮設商店街「おがつ店こ屋街」で昼食にする 「おがつ店こ屋街」の「洸洋」のメニュー 「洸洋」で食べた「石巻焼きそば」

keep looking »
  • 新刊紹介


    タンデムスタイル No.224
    11月24日発売

    賀曽利隆の分割日本一周

    関東編


    アンダー400 No.85
    11月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    南会津・後編

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up