カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[248日目]

投稿日:2019年12月12日

内陸編の第1弾目、終了

北海道編 24日目(2007年9月13日)

 定山渓温泉「ふる川」の朝湯に入る。8階の展望風呂。大浴場と露天風呂。浴室からは建ち並ぶ高層の温泉ホテル群を眺める。北海道でも最大級の収容人員を誇る定山渓温泉らしい光景だ。バイキングの朝食を食べ、9時30分、出発。

 第1湯目は小金湯温泉「まつの湯」。大浴場と露天風呂。以前の「男湯」と「女湯」をぶち抜きにして、ひとつの「男湯」にしたようだ。同じような内風呂と露天風呂がそれぞれ2つづつある。内風呂はほぼ無色透明の湯、露天風呂は若干のにごり湯。ここは自噴の湯で、宿の敷地内から湯が噴き上げている。

 第2湯目は豊平峡温泉。大浴場の大風呂と大露天風呂はともにすごい湯。大浴場の湯船と洗い場にはびっしりと温泉の成分がこびりつき、温泉独特の紋様を造り出している。大露天風呂は池のような広さ。自慢の湯で源泉100%。

 国道230号で札幌へ。

 札幌からは国道36号を南下する。

 月寒まで来たところで、「カブタン指令」の「月寒あんぱん」の店、「ほんま」を探す。そこで「月寒あんぱん」2個を買い、それを持って、第3湯目のつきさむ温泉へ。大浴場と露天風呂の湯はともに黒湯。湯にはかすかな苦味がある。源泉湯は水風呂同様。湯から上がると「月寒あんぱん」を食べた。皮といい、餡といい、上品な味わい。「あんぱん」というよりも「栗饅頭」のような饅頭を思わせた。

 第4湯目は札幌里塚温泉「さとづかの湯」。大浴場の内風呂のみ。ここも黒湯だ。大風呂にはステンドグラス。寝湯や壷湯もある。PH8.8の「美肌の湯」。ここを最後に札幌を離れた。

 第5湯目は竹山高原温泉「竹山高原温泉」の湯。国道36号を左折し、ゆるやかに起伏する高原を登ったところにある。大浴場と露天風呂はともに黒湯。大岩をふんだんに使った露天風呂は趣がある。湯から上がると、ここで昼食。「ミートスパゲティー」を食べた。

 竹山高原温泉から国道36号で恵庭まで行き、恵庭ICから道央道に入り、苫小牧へ。JR苫小牧駅前でDRを止めた。これにて北海道内陸編の第1弾目、終了。1500キロを走って苫小牧に戻ってきた。

 苫小牧からは国道235号で鵡川へ。日高の温泉めぐりを開始する。

 第6湯目は鵡川温泉「四季の館」の湯。大浴場と露天風呂。ともににごり湯で塩分がかなり濃い。体がべとつくほどの強塩泉。

 鵡川の先、冨川で国道237号に入り、沙流川沿いに上流へ。

 第7湯目はびらとり温泉「びらとり温泉」の湯。アイヌ文化の中心的存在の二風谷を過ぎたところにある。大浴場の内風呂のみ。銘石の巨岩をふんだんに取り込んだ大岩風呂。無色透明無味無臭の湯は透明感が際立っていた。

 第8湯目は冨内温泉「富内いきがいセンター」の湯。冨内の集落内にある温泉施設。ここには看板等は一切ない。さらに火・木・土・日の週4日の営業で、入浴時間も15時〜20時と限定されている。こういうハードルの高い温泉に入ると、「やったね!」という気分になるものだ。

 第9湯目は樹海温泉の日帰り湯「はくあ」。道道74号と国道274号の合流地点のすぐ近くにある。ここではまだ食堂がやっていたので、先に夕食の「中華丼」を食べ、そのあとで大浴場と露天風呂の湯に入った。ともに塩分を含んだ若干のにごり湯。

 樹海温泉を出発すると、国道274号で日高へ。稲里峠、穂高峠、日高峠と3つの峠をトンネルで抜けていく。今晩の宿、沙流川温泉「ひだか高原荘」に到着したのは20時40分。ほっとした気分で第10湯目の「宿湯」につかるのだった。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 定山渓温泉「ふる川」
朝食 定山渓温泉「ふる川」 バイキング
9時30分 定山渓温泉「ふる川」を出発
2597湯目 小金湯温泉「まつの湯」(500円)
2598湯目 豊平峡温泉「豊平峡温泉」(1000円)
山鼻温泉「屯田湯」(入れず)
2599湯目 つきさむ温泉「つきさむ温泉」(1150円)
2600湯目 札幌里塚温泉「さとづかの湯」(840円)
2601湯目 竹山高原温泉「竹山高原温泉」(600円)
昼食 竹山高原温泉「竹山高原温泉」ミートスパゲティー(630円)
2602湯目 鵡川温泉「四季の館」(500円)
2603湯目 びらとり温泉「びらとり温泉」(500円)
2604湯目 富内温泉「富内いきがいセンター」(300円)
2605湯目 樹海温泉「はくあ」(500円)
夕食 樹海温泉「はくあ」中華丼(580円)
20時40分 沙流川温泉「ひだか高原荘」(1泊朝食5660円)
2606湯目 沙流川温泉「ひだか高原荘」
本日の走行距離数 254キロ
本日の温泉入浴数 10湯

定山渓温泉「ふる川」の朝湯に入る「ふる川」の朝食「ふる川」を出発

定山渓温泉「ふる川」の朝湯に入る 「ふる川」の朝食 「ふる川」を出発

小金湯温泉「まつの湯」豊平峡温泉「豊平峡温泉」「月寒あんぱん」の「ほんま」

小金湯温泉「まつの湯」 豊平峡温泉「豊平峡温泉」 「月寒あんぱん」の「ほんま」

これが「月寒あんぱん」竹山高原温泉「竹山高原温泉」「竹山高原温泉」の「ミートスパゲティー」

これが「月寒あんぱん」 竹山高原温泉「竹山高原温泉」 「竹山高原温泉」の「ミートスパゲティー」

鵡川温泉「四季の館」びらとり温泉「びらとり温泉」樹海温泉「はくあ」の「中華丼」

鵡川温泉「四季の館」 びらとり温泉「びらとり温泉」 樹海温泉「はくあ」の「中華丼」

「はくあ」の湯沙流川温泉「ひだか高原荘」に到着

「はくあ」の湯 沙流川温泉「ひだか高原荘」に到着  

keep looking »
  • 70代編日本一周

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.79
    11月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    群馬県・榛名山周辺編

  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
  • サポーターサイト

  • 関連サイト

Scroll Up