カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ジクサー150分割日本一周[345]

投稿日:2022年9月25日

番外編(2022年2月9日)

続・富士山一周

 ジクサー150の「分割日本一周」の最後は「富士山一周」だったが、その日は残念ながら曇り空で、富士山は薄ぼんやりと見える程度。途中からは雲に隠れ、まったく見えなくなってしまった。

 何とも残念であり、悔しいかぎりだったが、今年(2022年)になってリベンジの続・富士山一周をすることにした。快晴の日を選び、2月9日6時、神奈川県伊勢原市の自宅を出発。国道246号で御殿場に向かった。

 バイクはVストローム250。秦野、松田、山北を通り、静岡県に入った。

 御殿場到着は7時15分。気温は氷点下5度。寒さに震えながら、青空を背にした富士山を眺めた。寒いけれど、絶好の「富士山日和」だ。

 御殿場の「デニーズ」で朝食を食べると、「御殿場→御殿場」の「富士山一周」を開始。「分割日本一周」の時と同じように、反時計回りで富士山を一周する。

御殿場から見る富士山御殿場の「デニーズ」で朝食御殿場から国道138号を北へ

御殿場から見る富士山 御殿場の「デニーズ」で朝食 御殿場から国道138号を北へ

 国道138号を北へ。まずは須走の富士浅間神社を参拝する。ここは東口本宮。拝殿の真後に富士山が聳えている。

 須走から籠坂峠に向かっていく。路面の凍結を覚悟したが、県境を越えて山梨県に入っても凍結箇所はなく、標高1104メートルの籠坂峠に到達した。

須走の富士浅間神社を参拝須走から見る富士山国道138号の籠坂峠

須走の富士浅間神社を参拝 須走から見る富士山 国道138号の籠坂峠

 籠坂峠から山中湖への下りにも凍結箇所はなかった。ここからは「富士五湖めぐり」。山中湖の東岸から富士山を見る。山中湖には氷が張っていたが、バリバリバリッと氷を砕いてワカサギ漁の小船が出ていった。

 山中湖から三国峠へ。絶景ルートの峠道から富士山を眺め、山中湖を見下ろした。南アルプスの連山も見えている。

 山梨・神奈川県境の三国峠で折り返し、山中湖に戻ると、山中湖北岸の道を走る。湖に映る逆さ富士がきれいに見えた。

山中湖から見る富士山三国峠への道から見る富士山山中湖に映る富士山

山中湖から見る富士山 三国峠への道から見る富士山 山中湖に映る富士山

 国道138号に出ると富士吉田へ。富士浅間神社を参拝。ここは北口本宮になる。拝殿の左側には富士太郎杉、右側には富士夫婦桧がそそり立っている。ともに樹齢千年の御神木。まるで神が宿っているかのようなド迫力の巨木だ。

 富士吉田の町中を走り、「富士山の十字路」の金鳥居の交差点へ。ここでは国道137号、138号、139号と3本の「富士山国道」が交差する。

富士吉田の富士浅間神社を参拝富士吉田から見る富士山富士吉田の「金鳥居」

富士吉田の富士浅間神社を参拝 富士吉田から見る富士山 富士吉田の「金鳥居」

 金鳥居の交差点からは国道137号を行き、河口湖畔を走る。さすが富士五湖の中では一番の観光地の河口湖だけあって、ここから見る富士山は均整のとれた見事な山容をしている。

 御坂峠を越える国道137号と分かれ、河口湖北岸の県道21号を行く。

 大石公園でVストローム250を止める。ここには富士山のモニュメント。郷土富士大集合といったミニ富士で、1番は本家本元の富士山だが、2番の蝦夷富士からは利尻富士や津軽富士…と日本各地の郷土富士が続き、最後は第252番の沖縄本島の本部富士。これを見ていると、日本中の「郷土富士めぐり」をしたくなる。

 河口湖のあとは西湖、精進湖からの富士山を見て本栖湖へ。国道300号の本栖峠から見る富士山は「う〜ん!」と思わずうなってしまうほど素晴らしい!

 ここまで午前の部になるが、天気はひきつづいての快晴で、「富士山日和」が続いている。富士山の天気は変わりやすいので、何ともありがたいことだった。

河口湖から見る富士山大石公園から見る富士山西湖から見る富士山

河口湖から見る富士山 大石公園から見る富士山 西湖から見る富士山

精進湖から見る富士山本栖湖から見る富士山「本栖館」の「信玄ほうとう」

精進湖から見る富士山 本栖湖から見る富士山 「本栖館」の「信玄ほうとう」

 本栖湖畔の「本栖館」で昼食の「信玄ほうとう」を食べると、国道139号を南下。山梨・静岡県境の割石峠でVストローム250を止め、富士山を眺めた。そのあと朝霧高原からの富士山、田貫湖からの富士山を見て、富士山の名瀑、白糸ノ滝を見る。

 白糸ノ滝から富士宮へ。富士山本宮の浅間大社を参拝。境内には「湧玉池」がある。富士山の膨大な水量の湧水で、ドーッと音をたてて、神田川となって流れ出ていく。

割石峠から見る富士山朝霧高原から見る富士山田貫湖から見る富士山

割石峠から見る富士山 朝霧高原から見る富士山 田貫湖から見る富士山

富士山の名瀑「白糸ノ滝」富士宮の浅間大社を参拝浅間大社から流れ出る神田川

富士山の名瀑「白糸ノ滝」 富士宮の浅間大社を参拝 浅間大社から流れ出る神田川

 富士宮からは国道469号で御殿場に向かう。その途中、十里木高原から富士山を見る。雲がかかり始めていたが、かろうじて「せーフ!」といった感じて、富士山は見えた。御殿場に到着したのは15時30分。富士山は雲の中だった。

「御殿場→御殿場」の「富士山一周」は189キロ。御殿場からは国道246号で伊勢原の自宅に戻った。これでジクサー150の「分割日本一周」のリベンジを果たした。

十里木高原から見る富士山御殿場に戻ってきたが富士山は雲の中

十里木高原から見る富士山 御殿場に戻ってきたが富士山は雲の中  

keep looking »
  • おすすめの一冊

  • 新刊紹介


    モトチャンプ
    2022年10月号
    9月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャーニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。