カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ジクサー150分割日本一周[265]

投稿日:2021年11月28日

北海道一周編 83(2020年4月18日)

松前の北海道遺産

江差を出発

江差を出発

松前に到着。松前公園の案内図を見る

松前に到着。松前公園の案内図を見る

松前公園の桜が咲いている

松前公園の桜が咲いている

福山城の本丸御門

福山城の本丸御門

福山城の天守閣

福山城の天守閣

福山城の「松前屏風」

福山城の「松前屏風」

 江差からから国道228号を南下。ジクサー150を走らせ、日本最北の城下町、松前に到着。慶長11年(1606年)に松前氏が福山城(松前城)を築いて以来、ここは蝦夷地支配の拠点になった。

 松前は北海道一の桜の名所。ちょうど桜が咲いている。

 松前公園にある松前城を見学。城全体が資料館になっている。目をひくのは「松前屏風」。色鮮やかな屏風絵が、当時の松前の繁栄ぶりを物語っている。船が港を埋めつくし、浜には北海の物産を運んできたアイヌ人たちの小屋が建ち並んでいる。

 江戸末期の嘉永2年(1849年)、幕府は北方警備の拠点として、旧城を壊し新城を築かせた。東西240メートル、南北300メートル、16の門、7つの砲台、4つの櫓という日本最後の本格的な築城の城だった。

 城内には慶応年間に撮影された写真が展示されているが、それを見ると、高台の上にそそりたつ松前城の威容ぶりがよく伝わってくる。

 その松前城も明治8年に取り壊しになった。残った天守閣と本丸御門は後に国宝に指定されたが、残念ながら昭和24年に燃え、国宝は解除された。今の天守閣は昭和35年(1960年)に再建されたものだ。

 松前城につづいて「郷土資料館」を見学。松前の歴史がよくわかる資料館だ。

「郷土資料館」には、大坂(大阪)と蝦夷地を結んだ北前船の模型が展示されている。この日本海航路の千石船が、上方の文化を蝦夷地にもたらした。松前藩の交易をになったのは近江商人。日本一の商売のプロ集団といっていい近江商人の交易ルート図が目を引く。

 福井県の敦賀には今でもニシン倉が残っているが、敦賀のニシンというのは近江商人が松前で仕入れ、北前船で運んだもの。敦賀のニシンは敦賀港から京都、大坂(大阪)へと運ばれた。

 松前では福山城とともに北海道遺産になっている寺町をまわった。ここには法源寺、龍雲院、光善寺、法憧寺、専念寺の5つの寺があるが、福山城裏手の松前神社を参拝したあと、これらの5寺をめぐった。松前の寺町の一角は北海道とは思えないような不思議な静寂を漂わせ、別世界の空間をつくり出している。

福山城の桜福山城には桜前線北海道上陸の標準木がある松前の「郷土資料館」に展示されている土器

福山城の桜 福山城には桜前線北海道上陸の標準木がある 松前の「郷土資料館」に展示されている土器

松前神社を参拝松前神社の拝殿松前の寺町の法源寺

松前神社を参拝 松前神社の拝殿 松前の寺町の法源寺

keep looking »
  • 最近の投稿

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2021年12月号
    11月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • ツーリングマップル 2021

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • Takashi Kasori チャンネル

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 関連サイト

  • サポーターサイト