カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[134日目]

投稿日:2018年8月20日

京都から兵庫へ

九州編 5日目(2007年4月24日)

 竹の郷温泉「ホテル京都エミナース」の朝湯に入り、バイキングの朝食を食べ、9時に出発。「ホテル京都エミナース」には「竹ちゃん」が来てくれた。滋賀県の須賀谷温泉につづいての2度目の出会いだ。

 今回は車ではなく、バイクでやってきた。スズキDJEBEL200。

「ヨメさんのを借りてきたんですよ」。

 仕事は昼からとのことで、その前に新しいバイクが納車されるという。バイクはDJEBEL250XC。「竹ちゃん」はうれしそうに、「ヨメさんに買ってもらったんです」といっている。新しいバイクがやってくること以上に、「ヨメさんに買ってもらった」ことがうれしいといわんばかりの口ぶりだ。竹ちゃん、よかったね。

「竹ちゃん」とは国道9号まで一緒に走り、中山交差点で別れた。

「竹ちゃん」は国道9号を右へ、京都市内へ。カソリは左へ、老ノ坂峠に向かっていく。

 まずは湯ノ花温泉へ。

「渓山荘」は11時から。「遊楽荘」は入浴のみは不可。「松園荘」も入浴のみは不可。「芦の山荘」にも入れない。「亀岡ハイツ」は11時から。ということで、残念ながら湯ノ花温泉は諦めた。

 ということで、第1湯目はるり渓温泉になった。緑に囲まれた庭園風露天風呂には癒される。

 第2湯目はひよし温泉。重量感のあふれる日吉ダム脇の日帰り湯「スプリングスひよし」の湯に入る。ここは深さ1500メートルの大深度温泉。大浴場と露天風呂。露天風呂の湯は泥湯風のにごり湯。ここでは湯から上がったあと、「30分寝」をした。

 こうして京都府内の2湯に入ったあと、福知山を拠点にして兵庫県内の温泉をめぐる。福知山は京都府だ。

 第3湯は草山温泉「観音湯」。丘の上には金色の観音像が建っている。モンゴルのゲル(パオ)もある。ここは「モンゴルの里」。温泉は大浴場の円形の湯船と屋根付きの露天風呂。赤茶けた湯は温泉の成分の濃い味がする。無色透明無味無臭の湯には「温泉ではありません」の表示がしてある。湯から上がると昼食。「揚げそば定食」を食べた。

 第4湯目は国領温泉。一軒宿「助七」の湯に入る。趣のある温泉旅館。ここは伝説の名湯だ。内風呂と露天風呂はともににごり湯。内風呂は色の濃い赤湯。湯から上がってからがすごかった。湯の感触が肌というよりも、体の奥深くに残っているような感じがするのだった。

 第5湯目は篠山温泉「ささやま荘」の湯。「王地山公園」にある温泉施設で、大浴場と露天風呂の湯につかった。

 こうして兵庫県内の3湯に入ったあと、京都府の福知山に戻った。

 福知山では第6湯目、福知山温泉の日帰り湯「養老の湯」に入る。温泉施設とは思えないような白壁の武家屋敷。なんとも風流なたたずまい。何種もの湯船のある大浴場と大岩をふんだんに使った露天風呂に入る。湯から上がると食堂で夕食。「ニシンうどん」を食べた。京都といえば「ニシンそば」が有名だが、具の身欠きニシンはうどんにもけっこう合っている。

 福知山からは国道9号を行く。

 日が暮れる。夜の温泉めぐりの開始。おまけに雨が降ってくる。

 第7湯目は夜久野温泉「ほっこりの湯」。京都・兵庫の府県境の京都側にある。ここは陣屋風のレストランや体験工房などがある「農匠の郷やくの」内の温泉施設。大浴場と露天の岩風呂。なかなか趣のある露天風呂で、夜、暗い中で入るのがちょっと残念。

 京都府から兵庫県に入ると、但馬の温泉をめぐる。

 第8湯目はよふど温泉の「極楽湯」。大浴場と露天風呂。無色透明無味無臭の湯。

 第9湯目は奥香の湯温泉「奥香の湯」。大浴場と洒落た造りの露天風呂。

 今晩の宿はやぶ温泉「但馬楽座」。ここは道の駅にある温泉施設で宿泊可。日帰り入浴の時間はすでに終了しているので、誰もいないガラ〜ンとした大浴場の湯に自分一人でつかるのだった。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 竹の郷温泉「ホテル京都エミナース」
朝食 竹の郷温泉「ホテル京都エミナース」 バイキング
9時 竹の郷温泉「ホテル京都エミナース」を出発
出会い 竹ちゃん
湯ノ花温泉(入浴のみ不可)
1251湯目 るり渓温泉「るり渓温泉」(700円)
天引峠(峠返し)
1252湯目 ひよし温泉「スプリングスひよし」(650円)
兵庫県に入る
1253湯目 草山温泉「観音湯」(700円)
昼食 草山温泉「観音湯」 揚げそば定食(850円)
1254湯目 国領温泉「助七」(700円)
1255湯目 篠山温泉「ささやま荘」(700円)
京都府に入る
1256湯目 福知山温泉「養老の湯」(700円)
夕食 福知山温泉「養老の湯」 ニシンうどん
1257湯目 夜久野高原温泉「ほっこりの湯」(600円)
夜久野峠(峠越え)
兵庫県に入る
1258湯目 よふど温泉「極楽湯」(600円)
1259湯目 奥香の湯温泉「奥香の湯」(600円)
21時45分 やぶ温泉「但馬楽座」(1泊朝食5875円)
1260湯目 やぶ温泉「但馬楽座」
本日の走行距離数 276キロ
本日の温泉入浴数 10湯

竹の郷温泉「ホテル京都エミナース」の朝食「ホテル京都エミナース」に「竹ちゃん」が来てくれた!湯ノ花温泉の案内図

竹の郷温泉「ホテル京都エミナース」の朝食 「ホテル京都エミナース」に「竹ちゃん」が来てくれた! 湯ノ花温泉の案内図

湯ノ花温泉には入れず…国道372号(篠山街道)のPAでるり渓温泉「るり渓温泉」

湯ノ花温泉には入れず… 国道372号(篠山街道)のPAで るり渓温泉「るり渓温泉」

国道372号(篠山街道)の天引峠ひよし温泉「スプリングスひよし」「スプリングスひよし」は広い敷地に所施設が点在している

国道372号(篠山街道)の天引峠 ひよし温泉「スプリングスひよし」 「スプリングスひよし」は広い敷地に所施設が点在している

草山温泉「観音湯」「観音湯」のゲル「観音湯」の大浴場

草山温泉「観音湯」 「観音湯」のゲル 「観音湯」の大浴場

「観音湯」の「揚げそば定食」国領温泉「助七」「助七」の露天風呂

「観音湯」の「揚げそば定食」 国領温泉「助七」 「助七」の露天風呂

篠山温泉「ささやま荘」福知山温泉「養老の湯」「養老の湯」の「ニシンうどん」

篠山温泉「ささやま荘」 福知山温泉「養老の湯」 「養老の湯」の「ニシンうどん」

夜久野高原温泉「ほっこりの湯」「ほっこりの湯」の大浴場夜の温泉めぐり

夜久野高原温泉「ほっこりの湯」 「ほっこりの湯」の大浴場 夜の温泉めぐり

よふど温泉「極楽湯」奥香の湯温泉「奥香の湯」

よふど温泉「極楽湯」 奥香の湯温泉「奥香の湯」  

keep looking »
  • カソリ登場! イベント情報

    Vストロームミーティング2018
    2018年9月2日
    日時:2018年9月2日
       10:00〜14:00

    会場:スズキ株式会社本社
       浜松市南区高塚町300

    参加費:無料

    詳しくは下記ホームページで
    http://www1.suzuki.co.jp/
    motor/vstrom_meeting2018/
    キャンプミーティングinならは
    2018年9月8日
    日時:2018年9月8日
         15:00受付開始
       9日 復興ツーリング

    会場:天神岬スポーツ公園
       キャンプ場
       福島県楢葉町

    参加費:1,000円(テント泊)
        500円(日帰り)
        小学生以下は無料

    事前登録:登録フォーム

    問合せ:焚き火night事務局
       (担当:渡辺哲)
    https://www.facebook.com/
    akirawatanabe.790
    最西端ミーティング
    2018年9月15日〜16日
    日時:2018年9月15〜16日

    会場:長崎県佐世保市
       長串山公園

    参加費:5,000円

    詳しくはTHE ROUND 4 POLESホームページで
    最西端ミーティング
    https://www.round4poles.com
  • ツイッター

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.71
    8月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    いわき湯本IC編


    風まかせ No.69
    7月6日発売

    焚火日和

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    2018年度版発刊に寄せて
    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    2018年度版発刊に寄せて
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up