能登半島を行く[09]

2024年2月10日

パタンと倒れたビルを見る

 県道1号で輪島の市街地に入っていく。電柱は傾き、倒壊した家々を見る。滑り落ちるように落下している高台上の家もある。道の駅「輪島」の脇を通っていくが、ここはかつての七尾線の終着駅。今ではバスターミナルになっている。

 道の駅「輪島」を過ぎると、電線の地中化された馬場崎通りを行くが、道の両側の店はすべて閉まっている。国道249号のとの交差点に到着。七尾から輪島までの県道1号は全線が走れた(その途中の田鶴浜〜穴水間は国道249号と重複している)。

 国道249号を行くと、パタンと倒れたビルを見る。輪島朝市の周辺は大変な惨状になっている。大地震に追い打ちをかけるかのような大火の現場を見ると、東日本大震災の久之浜(福島)や気仙沼(宮城)の大火跡の光景が蘇ってくるのだった。

県道1号で輪島の市街地に入っていく

県道1号で輪島の市街地に入っていく

県道1号の修復工事がおこなわれている

県道1号の修復工事がおこなわれている

正面の高台上の家は落下している

正面の高台上の家は落下している

電線が地中化された馬場崎通り

電線が地中化された馬場崎通り

県道1号と国道249号の交差点

県道1号と国道249号の交差点

国道249号沿いのパタンと倒れたビル

国道249号沿いのパタンと倒れたビル

輪島朝市の水森かおりの『輪島朝市』歌碑

輪島朝市の水森かおりの『輪島朝市』歌碑

朝市通りの惨状

朝市通りの惨状

ペシャンと潰れた輪島塗の漆器店

ペシャンと潰れた輪島塗の漆器店

輪島の郷土料理「いしる料理」の店も大きな被害を受けた

輪島の郷土料理「いしる料理」の店も大きな被害を受けた

倒壊した家がつづく

倒壊した家がつづく

赤紙(危険)の貼られた家

赤紙(危険)の貼られた家

大火に見舞われた一帯

大火に見舞われた一帯

道の駅「輪島」の輪島駅跡。ここは七尾線の終点だった(2023年の写真)

道の駅「輪島」の輪島駅跡。ここは七尾線の終点だった(2023年の写真)

七尾線は日本海を越えてシベリアまで通じていた!?(2023年の写真)

七尾線は日本海を越えてシベリアまで通じていた!?(2023年の写真)