カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[81日目]

投稿日:2018年2月15日

1泊2食2625円の温泉宿

西部編 32日目(2007年2月10日)

 宮浜温泉の「旅館かんざき」の朝湯に入り、ご飯、味噌汁、ハムエッグ、塩ジャケ、カマボコ、キンピラ、菜の花の辛子和え、煮豆、のり、シイタケの朝食を食べ、9時に出発。広島から七曲峠を越え、第1湯目の湯の山温泉へ。

 湯の山温泉は広島藩主、浅野氏代々の湯治場。石段を登りつめた上にある日帰り湯「湯の山温泉館」の湯に入る。内風呂のみ。外には3本の源泉滝。ほかの人たちがするように頭から源泉滝に打たれたが、体が縮こまるほどの冷たさ。じっと我慢してさらに打たれつづけると、体がスッキリとしてきた。

 第2湯目はなつかしの湯来温泉。国民宿舎「湯来ロッジ」の湯に入る。大浴場には半楕円形の大きな湯船。気持ちよくつかれる湯。寝湯や座湯もある。

 この広島山中の湯来温泉はカソリの温泉めぐりの原点。1975年2月21日のことだったが、チラチラ雪の降る中、広島からここにやってきてひと晩泊まった。日本中の温泉をめぐろうと思ったのはそのころからで、「300日3000湯」に出発する直前までの30余年間での入浴数(温泉地数)は1721湯になる。湯来温泉がその第1湯目。ぼくにとってはまさに記念碑的な温泉だ。

 第3湯目は所山温泉「晃耀館」の湯。大浴場と露天風呂。東屋風の屋根つきの露天風呂には気持ちよく入れた。

 第4湯目は岩倉温泉「癒心館」の湯。放射能泉の無色透明の湯で内風呂のみ。湯から上がるとここで昼食の「日替わり定食」を食べた。イワシのフライとハマチの照り焼きだ。

 第5湯目は小瀬川温泉「小瀬川温泉」の湯。小さな湯船で、外の打たせ湯は冷泉だ。

 第6湯目は羅漢温泉「羅漢荘」の湯。小さな湯船で3人も入れば満員状態。ここは中華料理店もやっている。

 第7湯目は魅惑の里温泉「水神の湯」。大浴場と露天風呂。

 第8湯目は潮原温泉「松かわ」の湯。5階の展望大浴場の湯にどっぷりとつかった。ここには露天風呂もある。

 第9湯目は女鹿平温泉「クヴェール吉和」の湯。ここは女鹿平スキー場の温泉施設だが、土曜日ということもあってすさまじい混み方。まさにイモ洗い状態。押すな押すなで湯につかった。家族連れも多く、子供たちは大騒ぎ。外国人入浴客の姿も見られ、「おー、これが日本の温泉か」という顔をして、目を丸くしている。

 ここで中国山地をいったん離れ、吉和ICで中国道に入り、千代田ICで降りる。

 第10湯目は養老温泉。温泉旅館&日帰り湯の「養老温泉」に入る。広々とした大浴場の湯に自分一人でつかり、湯の中では思いっきり体を伸ばした。さきほどのスキー場の温泉とはえらい違いだ。

 今晩の宿は養老温泉の1キロほど先の千代田温泉。温泉旅館「千代田温泉」に到着したのは18時30分。ここはきわめつけの安い温泉宿。何と何と1泊2食の宿泊代が2625円。ぼくはここが日本一安い温泉宿だと思っている。

 まずは第11湯目の「宿湯」に入る。赤茶けた湯と無色透明の湯、2つの湯船に入った。湯から上がると食堂で生ビールで「日本一安い温泉宿」に乾杯。久ぶりの宿で食べる夕食にうれしくなってしまう。生ビールを飲み干したところで夕食を食べる。カレイの煮魚とサラダ、漬物というシンプルな食事だが、おいしくいただいた。カレイの身をすこしづつほぐしながら、丼飯で3杯、食べた。ご飯のおかわりは自由なのだ。

 中国道の千代田ICに近い交通至便な千代田温泉には何度か泊まっているが、20年前に泊まったときも、10年前に泊まったときもこの料金。日帰り湯の入浴料が250円から300円に変わったぐらいの変化でしかない。日本にはこういう温泉宿がある!

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 宮浜温泉「旅館かんざき」
朝食 宮浜温泉「旅館かんざき」 ご飯、味噌汁、ハムエッグ、塩ジャケ、カマボコ、キンピラ、菜の花の辛子和え、煮豆、のり、シイタケ
9時 宮浜温泉の「旅館かんざき」を出発
733湯目 湯ノ山温泉「湯ノ山温泉館」(350円)
734湯目 湯来温泉「湯来ロッジ」(450円)
奥湯来温泉 廃業湯
735湯目 所山温泉「晃耀館」(900円)
736湯目 岩倉温泉「癒心館」(370円)
昼食 「癒心館」 「日替わり定食」(700円)
737湯目 小瀬川温泉「小瀬川温泉」(370円)
738湯目 羅漢温泉「羅漢荘」(400円)
739湯目 魅惑の里温泉「水神の湯」(550円)
740湯目 潮原温泉「松かわ」(650円)
741湯目 女鹿平温泉「クヴェーレ吉和」(840円)
742湯目 養老温泉「青葉旅館」(350円)
18時35分 千代田温泉「千代田温泉」(1泊2食2625円)
743湯目 千代田温泉「千代田温泉」
夕食 ご飯、味噌汁、煮魚(カレー)、サラダ、漬物
本日の走行距離数 146キロ
本日の温泉入浴数 11湯

宮浜温泉「旅館かんざき」の朝食「旅館かんざき」から見る宮島七曲峠を越える

宮浜温泉「旅館かんざき」の朝食 「旅館かんざき」から見る宮島 七曲峠を越える

湯ノ山温泉「湯ノ山温泉館」湯来温泉「湯来ロッジ」所山峠を越える

湯ノ山温泉「湯ノ山温泉館」 湯来温泉「湯来ロッジ」 所山峠を越える

所山温泉「晃耀館」「晃耀館」の露天風呂岩倉温泉「癒心館」

所山温泉「晃耀館」 「晃耀館」の露天風呂 岩倉温泉「癒心館」

「癒心館」の「日替わり定食」小瀬川温泉「小瀬川温泉」羅漢温泉「羅漢荘」

「癒心館」の「日替わり定食」 小瀬川温泉「小瀬川温泉」 羅漢温泉「羅漢荘」

魅惑の里温泉「水神の湯」潮原温泉「松かわ」の露天風呂女鹿平温泉「クヴェーレ吉和」

魅惑の里温泉「水神の湯」 潮原温泉「松かわ」の露天風呂 女鹿平温泉「クヴェーレ吉和」

養老温泉「青葉旅館」千代田温泉「千代田温泉」の夕食

養老温泉「青葉旅館」 千代田温泉「千代田温泉」の夕食  

« go backkeep looking »
  • イベントのお知らせ

    賀曽利隆が参加する
    ツーリングマップルイベント
    第二弾開催決定!
    【日時】2018年3月19日
        19:00~21:30
    【場所】東京都渋谷区渋谷
        cocoti SHIBUYA
    【料金】前売り2,500円
        当日 3,000円
    詳細は、ここをクリック
  • ツイッター

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.68
    2月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    番外編・相模川遡上


    風まかせ No.66
    1月6日発売

    焚火日和

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 携帯からもアクセス

    携帯からのアクセスで不具合が生じました。誠に申し訳ありませんが、パソコン等からアクセスをお願いします。タブレット、スマートフォンからのアクセスは可能です。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up