カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[279日目]

投稿日:2020年4月1日

「新潟熱き軍団」集結

北海道編 55日目(2007年10月14日)

 8時、新潟駅前の「東横イン」を出発。ここには「スッパト神田さん」と「クレープ神田さん」の神田兄弟と「永井さん」が来てくれた。下田さんと一緒に「ロイヤルホスト」で朝食。塩ジャケ、半熟たまご、のりの「和定食」を食べた。

 9時、新潟駅前を出発。

 新潟の温泉を知りつくしている「スパット神田さん」の先導で走り出す。その後ろをカソリのスズキDR−Z400SM、下田さんのハーレー、クレープ神田さんのホンダXR250、永井さんのスズキDR−800Sがつづく。

 天気は晴天。絶好のツーリング日和だ。

 第1湯目は国道113号沿いの西方の湯温泉「西方の湯」。大浴場と露天風呂はともに黒湯。味も臭いもかなりきつい。そんな強烈な黒湯につかり、気勢を上げる「新潟熱き軍団」の面々。上州人の下田さんには、今日一日、越後人になりきってもらう。

 この日は「クレープ神田さん」の誕生日。湯から上がると、口々に「おめでとう!」を言う。

 新潟に戻ると、神田兄弟の家に立ち寄り、お母さん、奥さんのさとみさん、長男の隆一君(小学校4年生)、このみちゃん(小学校1年生)に会う。さとみさんとは10年ぶりの再会。そのときはまだ乳飲み子だった隆一君がすっかり大きくなっている。ちなみに「隆一君」の「隆」はカソリの「隆」から、「一」はスパット神田さんの「孝一」からとったものなのだ。

 次に神田兄弟のいきつけのバイクショップ「井島輪店」へ。そこでDR−Z400SMのオイル交換とチェーン交換をしてもらった。その間に、神田兄弟おすすめのラーメン店「はや川」に行く。ここでは、これまた神田兄弟おすすめの「マーボーメン」の大盛を食べた。クロレラ入りの緑色の麺に、豆腐がゴソッと入っている。ボリューム満点。とろみをきかせた汁もいい。

「はや川」から「井島輪店」に戻ると、12時30分に出発。ここで「クレープ神田さん」は家に帰り、「新潟熱き軍団」は4名になった。

 第2湯目は新津温泉。新津の「長崎屋」のすぐ近くにあるのだが、看板など一切ない。「スパット神田さん」に案内されたからこそ、たどり着けたようなものだ。このあたりは新津の中心街で、「よくぞ、残ったものだ!」と思わせるような超ディープ系の温泉。ほぼ無色透明の湯は油っぽい。以前はもっと油ギトギトの湯だったという。ここには「ヨッパライゾーさん」も来てくれ、「新潟熱き軍団」はさらに熱くなった。

 新津から阿賀野川の堤防上を走り、国道49号→国道290号で咲花温泉へ。前回の「本州東部編」で「末廣」の湯に入っているのでカウントはしないが、今回はスパット神田さんおすすめの「湯元館」の湯に入った。ここは「絶景湯」。浴室の前を阿賀野川が滔滔と流れている。

 第3湯目は村松温泉「さくらんど」の湯。大浴場と露天風呂の湯につかりながら、「新潟熱き軍団」と「湯の中談義」で盛り上がる。

 第4湯目は金割温泉「金割鉱泉」の湯。ここは内風呂のみで、3、4人も入ればいっぱいになるような小さな湯船。「鯉料理」がここの名物だ。

 第5湯目は亀徳温泉「亀徳泉の湯」。豊かな湧き水が宿の前を流れている。内風呂のみ。3人も入ればいっぱいになるような小さな湯船に我々は押し合いへし合いで入った。ここで下田さんとの別れ。下田さんはハーレーを走らせ、高崎へと帰っていった。

「新潟熱き軍団」の温泉めぐりはさらにつづく。

 第6湯目は湯田上温泉「ホテル小柳」の湯。6階の展望風呂に入る。大浴場と露天風呂。無色透明の湯につかる。

 第7湯目は田上ごまどう温泉「湯っ多里館」の湯。大浴場と露天風呂。無色透明の湯。露天風呂からは新潟平野の灯りはじめた町明かりを見る。

 第8湯目はこすど温泉「花の湯館」の湯。大浴場と小さめな露天風呂。ここも無色透明の湯だ。

 第9湯目は加茂温泉の日帰り湯「美人の湯」。大浴場と露天風呂。無色透明の湯に入る。ここでもって、「スパット神田さん」と「永井さん」は10湯を達成(2人にとっては花咲温泉もカウントされるので10湯になる)。「ダブル・ジュットラー」の誕生だ。ジュースで乾杯し、そのあと夕食の「ちらし丼」を食べた。

 第10湯目は下田八木ヶ鼻温泉「いい湯らてい」の湯に入る。大浴場と露天風呂。ここも無色透明の湯だ。

 今晩の宿、越後長野温泉「嵐渓荘」に到着したのは21時。第11湯目の「宿湯」に「スパット神田さん」、「永井さん」と一緒に入った。2人にとってはここは第12湯目になる。湯から上がると新潟へと帰っていく2人を見送った

本日のデータ 料金等は当時のものです
8時 出発
出会い スパット神田さん、クレープ神田さん、永井さん
朝食 新潟駅前の「ロイヤルホスト」和定食(890円)
2919湯目 西方の湯温泉「西方の湯」(500円)
昼食 新潟市内の「はや川」マーボーメン(850円)
2920湯目 新津温泉「新津温泉」(300円)
咲花温泉「湯元館」(600円)
2921湯目 村松温泉「さくらんど」(600円)
2922湯目 金割温泉「金割鉱泉」(500円)
2923湯目 亀徳泉温泉「亀徳泉」(500円)
2924湯目 湯田上温泉「ホテル小柳」(600円)
2925湯目 田上ごまどう温泉「湯っ多里館」(600円)
2926湯目 こすど温泉「花の湯館」(500円)
2927湯目 加茂温泉「美人の湯」(500円)
夕食 加茂温泉「美人の湯」ちらし丼(1260円)
2928湯目 下田八木ヶ鼻温泉「いい湯らてい」(650円)
21時 越後長野温泉「嵐渓荘」(1泊朝食12000円)
2929湯目 越後長野温泉「嵐渓荘」
本日の走行距離数 190キロ
本日の温泉入浴数 11湯

夜明けの新潟新潟駅前の「東横イン」にスパット神田さん、クレープ神田さん、永井さんが来てくれた新潟駅前の「ロイヤルホスト」の「和定食」

夜明けの新潟 新潟駅前の「東横イン」にスパット神田さん、クレープ神田さん、永井さんが来てくれた 新潟駅前の「ロイヤルホスト」の「和定食」

西方の湯温泉「西方の湯」にやってきた「西方の湯」の大浴場「西方の湯」の露天風呂に入る

西方の湯温泉「西方の湯」にやってきた 「西方の湯」の大浴場 「西方の湯」の露天風呂に入る

スパット神田さんのご一家新潟市内の「はや川」の「マーボーメン」新潟の「井島輪店」でオイル交換をしてもらう

スパット神田さんのご一家 新潟市内の「はや川」の「マーボーメン」 新潟の「井島輪店」でオイル交換をしてもらう

新津温泉「新津温泉」咲花温泉「湯元館」村松温泉「さくらんど」

新津温泉「新津温泉」 咲花温泉「湯元館」 村松温泉「さくらんど」

金割温泉「金割鉱泉」の湯に入る永井さん(手前)、スパット神田さん(中央)、下田さん(奥)湯田上温泉「ホテル小柳」加茂温泉「美人の湯」の「ちらし丼」

金割温泉「金割鉱泉」の湯に入る永井さん(手前)、スパット神田さん(中央)、下田さん(奥) 湯田上温泉「ホテル小柳」 加茂温泉「美人の湯」の「ちらし丼」

« go backkeep looking »
  • 連載中







  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.81
    3月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    上総編

  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
  • サポーターサイト

  • 関連サイト

Scroll Up