カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

東部編で入った温泉

施設名等は当時のものです
日目 No. 温泉名 所在地
175 1760 金谷温泉「海辺の湯」 千葉県
1761 岩婦温泉「岩婦館」
1762 正木温泉「正木温泉」
1763 石塚温泉「古原屋香館」
1764 不老山薬師温泉「安房自然村」
1765 白浜温泉「南海荘」
1766 太海温泉「こはら荘」
1767 宮下温泉「こがね荘」
1768 青掘温泉「静養園」
176 1769 小糸川温泉「小糸川温泉」
1770 亀山温泉「亀山温泉ホテル」
1771 濃溝温泉「千寿の湯」
1772 粟斗温泉「粟斗温泉」
1773 白岩温泉「白岩館」
1774 七里川温泉「七里川温泉」
1775 矢指ヶ浦温泉「矢指ヶ浦温泉館」
1776 旭九十九里温泉「かんぽの宿旭九十九里温泉」
177 1777 大洗温泉「潮騒の湯」 茨城県
1778 阿字ヶ浦温泉「のぞみ」
1779 虚空蔵温泉「遊悠館」
1780 鵜ノ岬温泉「鵜来来の湯」
1781 中郷温泉「通りゃんせ」
1782 石尊温泉「石尊鉱泉」
1783 五浦温泉「天心乃湯」
1784 湯の網温泉「松屋」
178 1785 白米温泉「白米鉱泉つるの湯」 福島県
1786 川部温泉「川部鉱泉」
1787 下川温泉「下川の湯」
1788 カンチ山温泉「富士屋旅館」
1789 原木田温泉「松扇」
1790 神白温泉「国元屋」
1791 地切温泉「松屋」
1792 玉山温泉「玉屋旅館」
1793 谷地温泉「石川屋」
1794 久の浜温泉「たきた館」
1795 入間沢温泉「叶屋旅館」
1796 四倉舞子温泉「よこ川荘」
1797 吉野谷温泉「吉野谷鉱泉」
179 1798 いわき湯本温泉「さはこの湯」
1799 成沢温泉「成沢の湯」
1800 入の元湯温泉「神泉亭」
1801 白鳥温泉「ホテル パームスプリング」
1802 中根の湯温泉「中根の湯」
1803 入道温泉「入道の湯」
1804 湯ノ田温泉「さぎり荘」
1805 常世温泉「乙女姫の湯」
1806 志保ノ湯温泉「志保ノ湯温泉」
1807 湯岐温泉の共同浴場「岩風呂」
1808 新湯岐温泉「湯岐山荘」
1809 東舘温泉「ユーパル矢祭」
180 1810 新甲子温泉「ちゃぽランド」
1811 甲子温泉「大黒屋旅館」
1812 矢吹温泉「あゆり温泉」
1813 泉崎さつき温泉「泉崎カントリーヴィレッジ」
1814 狐内温泉「きつねうち温泉」
1815 猫啼温泉「井筒屋旅館」
1816 片倉温泉「薬王館」
1817 母畑温泉「下の湯」
1818 新菊島温泉「新菊島温泉ホテル」
181 1819 観音湯温泉「観音湯」
1820 不動温泉「ホテルまるなか」
1821 鏡石温泉「扇屋」
1822 いやさか温泉「いやさか」
1823 中島温泉「ふれあいの郷」
1824 大村温泉「旅館大村」
1825 谷中温泉「谷中温泉旅館」
1826 禿山温泉「立正館」
1827 塩ノ沢温泉「塩屋旅館」
1828 真弓温泉「太田旅館」
182 1829 四辻温泉「諏訪屋」
1830 いわせ温泉「いわせ悠久の里」
1831 藤沼温泉「やまゆり荘」
1832 滝の湯温泉「滝の湯」
1833 明治湯温泉「明治湯」
1834 天栄湯温泉「天栄湯」
1835 須賀川市民温泉「須賀川市民温泉」
1836 守山温泉「白水館」
1837 月光温泉「クアハイム」
1838 三穂田温泉「三穂田温泉」
183 1839 大森温泉「大森屋」
1840 長寿温泉「長寿の湯」
1841 のんびり温泉「のんびり温泉」
1842 東北原温泉「東北原温泉」
1843 郡山温泉「郡山温泉」
1844 源田温泉「熊田屋旅館」
1845 休石温泉「太田屋旅館」
1846 井戸川温泉「井戸川温泉旅館」
1847 磐梯熱海温泉「小松屋」
1848 馬場ノ湯温泉「三ッ美屋旅館」
1849 要田温泉「あぶくま保養センター」
1850 神田の湯温泉「神田の湯」
1851 斉藤の湯温泉「上の湯旅館」
184 1852 大玉温泉「金泉閣」
1853 岳温泉「岳の湯」
1854 塩沢温泉「湯川荘」
1855 野地温泉「野地温泉ホテル」
1856 赤湯温泉「好山荘」
1857 幕川温泉「水戸屋旅館」
1858 横向温泉「ホテルマウント磐梯」
1859 沼尻温泉「田村屋旅館」
1860 中ノ沢温泉「花見屋旅館」
1861 土湯温泉「中ノ湯」
185 1862 飯坂温泉「鯖湖湯」
1863 穴原温泉「天王寺穴原湯」
1864 広瀬温泉「もにわの湯」
1865 信夫温泉「のんびり館」
1866 高湯温泉「あったか湯」
1867 微温湯温泉「二階堂旅館」
1868 白石湯沢温泉「やくせん」 宮城県
1869 小原温泉「かつらや旅館」
1870 鎌先温泉「木村屋旅館」
1871 遠刈田温泉「あづまや旅館」
186 1872 北原尾温泉「孝の湯」
1873 蔵王開拓温泉「蔵王開拓温泉」
1874 峩々温泉「峩々温泉」
1875 青根温泉「エコーホテル」
1876 笹谷温泉「一乃湯」
1877 二口温泉「磐司山荘」
1878 神ヶ根温泉「神ヶ根温泉」
1879 秋保温泉「共同浴場」
1880 金山温泉「支倉旅館」
1881 茂庭温泉「茂庭荘」
187 1882 根白石温泉「明日の湯」
1883 泉ヶ岳温泉「スパ泉ヶ岳」
1884 台ヶ森温泉「山野川旅館」
1885 滝ノ原温泉「ちどり荘」
1886 馬古沢温泉「馬古沢温泉」
1887 ひまわり温泉「花おりの湯」
1888 色麻平沢温泉「かっぱのゆ」
1889 川渡温泉「川渡温泉浴場」
1890 鳴子温泉「滝の湯」
1891 東鳴子温泉「初音旅館」
188 1892 中山平温泉「レストハウス星沼」
1893 赤倉温泉「あべ旅館」 山形県
1894 大堀温泉「国民年金保養センター もがみ」
1895 瀬見温泉「喜至楼」
1896 最上ヘルス温泉「ウェルネスプラザ」
1897 轟温泉「とどろき旅館」 宮城県
1898 宮沢温泉「かむろ荘」
1899 吹上温泉「国民宿舎 鬼首ロッジ」
1900 荒湯地獄温泉「露天風呂」
1901 神滝温泉「神滝温泉」
189 1902 花山温泉「温湯山荘」
1903 温湯温泉「佐藤旅館」
1904 湯ノ倉温泉「湯栄館」
1905 湯浜温泉「三浦旅館」
1906 山武温泉「さくらの湯」
1907 くりこま高原温泉「ハイルザーム栗駒」
1908 新湯温泉「くりこま荘」
1909 はぎのしょう温泉「はぎのしょう温泉」 岩手県
1910 不動温泉「百万石」
1911 矢巾温泉「矢巾温泉ヘルスセンター」
190 1912 鶯宿温泉「川長山荘」
1913 繋温泉「愛真館」
1914 滝沢相ノ沢温泉「お山の湯」
1915 網張温泉「ありね山荘」
1916 ぬくもり温泉「ぬくもりの里ヌック」
1917 玄武温泉「ロッヂたちばな」
1918 滝ノ上温泉「滝観荘」
1919 橋場温泉「道の駅 雫石あねっこ」
1920 国見温泉「石塚旅館」
1921 田沢湖温泉「田沢湖レイクサイドホテル」 秋田県
1922 水沢温泉「水沢温泉」
1923 乳頭温泉「休暇村田沢湖高原」
191 1924 孫六温泉「孫六温泉」
1925 黒湯温泉「黒湯温泉」
1926 蟹場温泉「蟹場温泉」
1927 大釜温泉「大釜温泉」
1928 妙乃湯温泉「妙乃湯温泉」
1929 鶴の湯温泉「鶴の湯温泉」
1930 田沢湖高原温泉「アルパこまくさ」
1931 新玉川温泉「新玉川温泉」
1932 玉川温泉「露天風呂」
1933 銭川温泉「銭川温泉」
1934 大沼温泉「大沼温泉」
1935 後生掛温泉「後生掛温泉」
1936 大深温泉「大深温泉」
1937 蒸ノ湯温泉「蒸ノ湯温泉」
1938 藤七温泉「彩雲荘」 岩手県
1939 松川温泉「松川荘」
1940 東八幡平温泉「森乃湯」
1941 西根温泉「ゲンデルランド」
1942 岩手山焼走り温泉「いこいの村岩手」
1943 巌美渓温泉「渓泉閣」
192 1944 須川温泉「大日湯」
1945 秋田須川温泉「栗駒山荘」 秋田県
1946 真湯温泉「真湯山荘」 岩手県
1947 祭畤温泉「遊湯館」
1948 黒滝温泉「黒滝温泉」
1949 前沢温泉「舞鶴の湯」
1950 国見平温泉「いきいき交流館」
1951 焼石岳温泉「ひめかゆ」
1952 いさわ温泉「スパおあご」
1953 永岡温泉「夢の湯」
1954 金ヶ崎温泉「駒子の湯」
1955 千貫石温泉「湯元東館」
1956 瀬峯坂温泉「宝珠の湯」
1957 水神温泉「湯元東館」
1958 瀬美温泉「瀬美温泉」
1959 夏油温泉「元湯夏油」
193 1960 入畑温泉「入畑温泉」
1961 巣郷温泉「峠の湯」
1962 川尻温泉「ほっとゆだ」
1963 湯川温泉「高繁旅館」
1964 薬師温泉「中山荘」
1965 大沓温泉「ホットハーブ錦秋」
1966 湯本温泉「丑の湯」
1967 槻沢温泉「砂ゆっこ」
1968 沢内温泉「沢内バーデン」
1969 真昼温泉「真昼温泉」
1970 錦秋湖温泉「穴ゆっこ」
1971 松倉温泉「水松園」
1972 志戸平温泉「ホテル志戸平」
1973 渡り温泉「さつき」
1974 大沢温泉「山水閣」
1975 鉛温泉「藤三旅館」
194 1976 高倉山温泉「高倉山温泉」
1977 山の神温泉「幸迎館」
1978 新鉛温泉「愛隣館」
1979 金矢温泉「保養センターはなまき」
1980 花巻温泉「ホテル紅葉館」
1981 台温泉「精華の湯」
1982 新花巻温泉「美翠館」
1983 御所湖温泉「ホテル花の湯」
1984 雫石高倉温泉「雫石プリンスホテル」
1985 南網張温泉「ゆこたんの森」
1986 安比温泉「岩畑の湯」
1987 綿帽子温泉「あずみの湯」
1988 豊畑温泉「フロンティアの湯」
1989 安比山麓温泉「かみの湯」
195 1990 新安比温泉「安代の湯」
1991 七時雨山温泉「七時雨山荘」
1992 七時雨温泉「老人憩の家」
1993 黒石温泉「岩手町老人福祉センター」
1994 奥中山高原温泉「朝朱の湯」
1995 海上の湯温泉「海上の湯」
1996 金田一温泉「ゆうゆうゆ〜らく」
1997 田子温泉「田子温泉」 青森県
1998 雀館温泉「こま温泉浴場」
1999 古町温泉「古町温泉」
2000 五戸まきば温泉「五戸まきば温泉」
196 2001 五戸温泉「たんぼのゆっこ」
2002 折茂温泉「ひば大浴場温泉」
2003 六戸温泉「六戸温泉」
2004 七百温泉「七百温泉」
2005 十和田ポニー温泉「十和田ポニー温泉」
2006 三本木温泉「三本木ラドン温泉」
2007 みちのく温泉「みちのく温泉」
2008 十和田温泉「十和田温泉」
2009 奥入瀬温泉「奥入瀬温泉」
2010 倉石温泉「倉石温泉」
2011 野沢温泉「新郷温泉館」
2012 福地温泉「バーデハウスふくち」
2013 三陸温泉「三陸温泉」
2014 木崎野温泉「木崎野温泉」
2015 古牧温泉「古牧元湯」
2016 あおば温泉「あおば温泉」
2017 岡三沢温泉「岡三沢温泉」
2018 桂温泉「桂温泉」
2019 三沢空港温泉「三沢空港温泉」
2020 三沢温泉「三沢保養センター」
2021 太郎温泉「太郎温泉旅館」
197 2022 平畑温泉「平畑温泉」
2023 三沢市民の森温泉「三沢市民の森温泉浴場」
2024 姉戸川温泉「姉戸川温泉」
2025 玉勝温泉「玉勝温泉」
2026 水明温泉「水明温泉」
2027 まつの湯温泉「まつの湯温泉」
2028 上北さくら湯温泉「上北さくら湯温泉」
2029 八甲温泉「八甲ラヂウム温泉」
2030 東北温泉「東北温泉」
2031 長崎温泉「長崎温泉」
2032 杉ノ子温泉「ほっとプラザ」
2033 さかた温泉「さかた温泉」
2034 あすなろ温泉「あすなろ温泉」
2035 東八甲田温泉「東八甲田温泉」
2036 天間林温泉「天間林温泉」
2037 石神温泉「石神温泉」
2038 薬研温泉「古畑旅館」
198 2039 奥薬研温泉「河原の湯」
     「かっぱの湯」
     「夫婦かっぱの湯」
2040 恐山温泉「冷抜の湯」
    「薬師の湯」
    「花染の湯」
2041 湯坂温泉「しゃくなげ荘」
2042 下風呂温泉「大湯」
2043 桑畑温泉「湯ん湯ん♪」
2044 大間温泉「海峡保養センター」
2045 脇野沢温泉「保養センター」
2046 和白温泉「ふれあい温泉」
2047 湯野川温泉「濃々園」
2048 板子塚温泉「スパウッド観光ホテル」
2049 むつ矢立温泉「むつ矢立温泉」
2050 斗南温泉「むつグランドホテル」
関東編 第1日目(2006年11月1日)〜第24日目(11月24日)
甲信編 第25日目(2006年12月1日)〜第49日目(12月25日)
西部編 第50日目(2007年1月10日)〜第99日目(2月28日)
四国編 第100日目(2007年3月10日)〜第129日目(4月8日)
九州編 第130日目(2007年4月20日)〜第174日目(6月3日)
東部編 第175日目(2007年6月20日)〜
  • キャンプミーティング in ならは

    日時:2019年6月1日〜2日
    詳しくは上のポスターをクリックしてください。
  • ひめさゆりバイクミーティング

    日時:2019年6月16日
       10:00〜14:00
       イベント参加費:500円
       前夜祭 15日18:30〜
       ※前夜祭は会費5,000円
        (要事前申込)

    会場:会津高原南郷スキー場
       福島県南会津町界

    今年も賀曽利隆参加予定。詳しくは公式フェイスブックをご覧ください。
  • ツイッター

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.75
    4月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    伊豆半島編


    タンデムスタイル No.204
    3月23日発売

    NIPPON 旅 BIKE
    富士山、大いなる旅編

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • サポーターサイト

  • 関連サイト

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up