カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

石川県で入った温泉

施設名等は当時のものです
No. 温泉名
592 湯川温泉「龍王閣」
593 和倉温泉「総湯」
594 ひょっこり温泉「島の湯」
595 なかじま猿田彦温泉「いやしの湯」
596 七見温泉「なごみ」
597 縄文真脇温泉「縄文真脇温泉」
598 柳田温泉「能登やなぎだ荘」
599 鉢ヶ崎温泉「すずの湯」
600 珠洲温泉「能登路荘」
601 寝豚温泉「ねぶた温泉」
602 門前温泉「じんのびの湯」
603 富来温泉「とぎ温泉センター」
604 志賀千古温泉「シ・オン」
605 千里浜温泉「ユーフォリア千里浜」
606 千里浜なぎさ温泉「バーデン千里浜」
607 七塚海浜温泉「ゆったり温泉」
608 内灘砂丘温泉「内灘町福祉センター」
609 白峰温泉「白山天望の湯」
610 白山一里野温泉「温泉センター天領」
611 新中宮温泉「新中宮温泉センター」
612 瀬女温泉「瀬女温泉センター」
613 大門温泉「大門温泉センター」
614 白山杉の子温泉「白山杉の子温泉」
615 瀬波温泉「白山里」
616 河内千丈温泉
617 野々市温泉「美人の湯」
618 深谷温泉「清水旅館」
619 湯涌温泉「総湯 白鷺の湯」
620 浅の川温泉「湯楽」
621 金沢片町温泉「アパホテル」
622 兼六温泉「兼六温泉」
623 有松温泉「れもん湯」
624 クオレ温泉「健康センタークオレ」
625 オータム温泉「しあわせの湯」
626 富士温泉「富士温泉」
627 笠間温泉「笠間ふれあい温泉」
628 松任CCZ温泉「松任海浜温泉」
629 小松温泉「ウエルサンピア小松」
630 美川温泉「美川温泉観光ホテルの総湯」
631 川北温泉「ふれあいの湯」
632 新辰口温泉「ふるさと温泉」
633 湯谷温泉「クアハウス九谷」
634 千代野温泉「千代野温泉」
635 鶴来温泉「さわだ旅館」
636 めおと岩温泉「楽養館」
637 涌泉寺温泉「総湯」
638 加賀八幡温泉「総湯」
639 泉龍温泉「泉龍温泉」
640 芦城温泉「さくら湯」
641 今江温泉「今江温泉」
642 木場温泉「湖山荘」
643 粟津温泉「総湯」
644 片山津温泉「総湯」
645 加賀橋立温泉「ゆもと」
646 山代温泉「総湯」
647 別所温泉「別所温泉」
648 山中温泉「菊の湯」
1224 みろく温泉「みろく温泉」
1225 手取温泉「バードハミング鳥越」
1226 赤穂谷温泉「赤穂谷温泉」
1227 瀬領温泉「せせらぎの郷」
合計 61湯
  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2021年1月号
    1月6日発売

    クレージージャニー
    第5回


    タンデムスタイル No.225
    12月23日発売

    賀曽利隆の分割日本一周
    関東編


    アンダー400 No.86
    1月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド
    西伊豆編

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 関連サイト

  • サポーターサイト

Scroll Up