カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

岐阜県で入った温泉

施設名等は当時のものです
No. 温泉名
530 臥龍温泉「ひまわり」
531 ひだまりの湯温泉「ひだまりの湯」
532 四十八滝温泉「遊湯館」
533 桃源郷温泉「すぱーふる」
534 割石温泉「割石温泉」
535 栃尾温泉「荒神の湯」
536 新穂高温泉「深山荘」
537 福地温泉「旅館山水」
538 平湯温泉「平湯館」
539 新平湯温泉「静山荘」
833 安八温泉「安八温泉保養センター」
834 南濃温泉「水晶の湯」
835 コロナの湯温泉「コロナの湯・大垣店」
836 池田温泉「池田温泉本館」
837 真正温泉「ぬくいの湯」
838 大垣温泉「ユートピア」
839 海津温泉「海津苑」
840 羽島温泉「羽島市老人福祉センター」
841 大野温泉「おおの温泉」
842 谷汲温泉「満願の湯」
843 根尾谷汲温泉「根尾谷汲温泉」
844 各務原温泉「美人の湯かがみはら」
845 里山の湯温泉「昭和銭湯 里山の湯」
846 郡上八幡温泉「ホテル郡上八幡」
847 武芸川温泉「ゆとりの湯」
848 上之保温泉「ほほえみの湯」
849 母袋温泉「母袋温泉」
850 やまと温泉「やすらぎ館」
851 白鳥温泉「美人の湯しろとり」
852 石徹白峠山温泉「満天の湯」
853 湯の平温泉「湯の平温泉」
854 ひだ荘川温泉「桜香の湯」
855 平瀬温泉「くろゆり荘」
856 白川郷温泉「白川郷の湯」
857 大白川温泉「しらみずの湯」
858 牧歌の里温泉「牧華」
859 ふたごえ温泉「コージュ高鷲」
860 鷲ヶ岳温泉「鷲ヶ岳温泉」
861 高畑温泉「湯之本館」
862 日本真ん中温泉「子宝の湯」
863 白川温泉「飛水館」
864 新白川温泉「美濃白川スポーツランド」
865 一乃湯温泉「乗政 一乃湯」
866 塩沢温泉「七峰館」
867 くるみ温泉「くるみ温泉宿」
868 秋神温泉「秋神温泉」
869 下島温泉「ひめしゃがの湯」
870 湯屋温泉「ニコニコ荘」
871 飛騨川温泉「しみずの湯」
872 馬瀬川温泉「美輝の里」
873 下呂温泉「噴泉池」
874 飛騨金山温泉「ゆったり館」
1753 多治見温泉「天光の湯」
1754 恵那温泉「恵那ラジウム温泉館」
1755 紅岩温泉「紅岩山荘」
合計 55湯
  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2021年1月号
    1月6日発売

    クレージージャニー
    第5回


    タンデムスタイル No.225
    12月23日発売

    賀曽利隆の分割日本一周
    関東編


    アンダー400 No.86
    1月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド
    西伊豆編

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 関連サイト

  • サポーターサイト

Scroll Up