カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

V-Strom1000で行く日本[21]

全行程1500キロ 2015年9月15日(福島一周)  9月15日。目をさますとすぐに木賊温泉の名物湯「岩風呂」に入る。ゆったりまったりと湯につかった。目の前を渓流の西根川が流れている。湯から上がると民宿「若松屋」の朝食 […]

V-Strom1000で行く日本[20]

定宿の民宿「若松屋」 2015年9月14日(福島一周)  さー、南郷を出発だ。前日と同じように国道289号→国道401号→国道352号で、伊南川沿いにV−ストローム1000を走らせ、檜枝岐まで行く。  旧南郷町から旧伊南 […]

V-Strom1000で行く日本[19]

南郷人のやさしさ 2015年9月14日(福島一周)  翌朝は片貝温泉「ホテル南郷」の朝湯に入り、朝食を食べて出発。V−ストローム1000を走らせての「南郷探訪」の開始だ。  まずは国道289号の旧道で駒止峠へ。狭路の峠道 […]

V-Strom1000で行く日本[18]

燧岳こそが東北最高峰 2015年9月13日(福島一周)  国道252号で福島・新潟県境の六十里越まで行き、そこで折り返し、JR只見線の只見駅前に戻ってきた。ここからは国道289号で只見川の支流、伊南川に沿っていく。只見町 […]

V-Strom1000で行く日本[17]

東北の最西端で峠返し 2015年9月13日(福島一周)  磐越道を会津板下ICで降りると、只見川沿いの国道252号を南下し、福島・新潟県境の峠、六十里越まで行く。柳津では道の駅「会津柳津」、三島では道の駅「尾瀬街道みしま […]

V-Strom1000で行く日本[16]

ゴールドラインを抜ける 2015年9月13日(福島一周)  磐梯山の大噴火によってできた裏磐梯の堰止湖、秋元湖と小野川湖、それと檜原湖の3湖は「檜原三湖」といわれているが、最大の檜原湖を一周し、「福島三大ライン」3本目の […]

V-Strom1000で行く日本[15]

湖パラダイス 2015年9月13日(福島一周) 「福島三大ライン」のうち、まずは磐梯吾妻スカイラインを走破し、土湯峠に出た。土湯峠から国道115号に下り、会津側をさらに下り、国道を左折して中ノ沢温泉へ。 「さー、温泉だ! […]

V-Strom1000で行く日本[14]

日本屈指のスカイライン 2015年9月13日(福島一周) 「奥羽三高湯」の高湯温泉から日本屈指のスカイライン、磐梯吾妻スカイラインに入っていく。きれいな樹林帯の中に連続するカーブを走り抜け、「つばくろ谷」の駐車場でV−ス […]

V-Strom1000で行く日本[13]

一直線に高湯温泉へ 2015年9月13日(福島一周)  翌朝は朝湯に入り、朝食を食べ、飯坂温泉の「橋本館」を出発。いったん福島駅前まで行き、福島駅西口から県道70号で一直線に高湯温泉へとV−ストローム1000を走らせる。 […]

V-Strom1000で行く日本[12]

磐梯山を眺める 2015年9月12日(福島一周)  会津盆地の中心、会津若松を出発。国道49号から1本、山側の県道7号に入り、道の駅「ばんだい」でV−ストローム1000を止めた。土曜日で、絶好のツーリング日和ということも […]

keep looking »
  • キャンプミーティング in ならは

    日時:2019年6月1日〜2日
    詳しくは上のポスターをクリックしてください。
  • ひめさゆりバイクミーティング

    日時:2019年6月16日
       10:00〜14:00
       イベント参加費:500円
       前夜祭 15日18:30〜
       ※前夜祭は会費5,000円
        (要事前申込)

    会場:会津高原南郷スキー場
       福島県南会津町界

    今年も賀曽利隆参加予定。詳しくは公式フェイスブックをご覧ください。
  • ツイッター

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.75
    4月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    伊豆半島編


    タンデムスタイル No.204
    3月23日発売

    NIPPON 旅 BIKE
    富士山、大いなる旅編

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • サポーターサイト

  • 関連サイト

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up