カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[116日目]

ツバメの季節がやってきた 四国編 17日目(2007年3月26日)  たかの子温泉「たかの子温泉ホテル」の朝湯に入る。昨夜は宿泊者用の湯に入ったので、今朝は大浴場の湯に入る。こちらは日帰り湯。朝の5時からやっているので、 […]

温泉めぐり日本一周[115日目]

肘川沿いはツルツル系 四国編 16日目(2007年3月25日)  高月温泉「成川渓谷休養センター」の朝湯に入り、ご飯、味噌汁、半熟卵、カマボコ、サラダ、漬物の朝食を食べ、9時に出発。桜のつぼみがふっくらとし、ぽつぽつ咲き […]

温泉めぐり日本一周[114日目]

24畳の大部屋に泊まる 四国編 15日目(2007年3月24日)  足摺温泉「足摺テルメ」の朝湯に入り、ご飯、味噌汁、焼き魚、半熟卵、豆腐、サラダ、煮物、漬物の朝食を食べ、9時に出発。まずは足摺岬を歩いた。38番札所の金 […]

温泉めぐり日本一周[113日目]

水色のパンツ 四国編 14日目(2007年3月23日)  伊野温泉「かんぽの宿 伊野」の部屋からの眺めはすばらしいものだった。真下を仁淀川が流れ、対岸には伊野の町並みが広がっている。その向こうに連なる山並みから朝日が昇る […]

温泉めぐり日本一周[112日目]

高知市周辺の温泉めぐり 四国編 13日目(2007年3月22日)  馬路温泉「うまじ」の朝湯に入る。昨夜とは男湯と女湯が入れ替わっている。だが造りはほとんど同じ。無色透明の湯につかりながら目の前を流れる安田川を眺めた。 […]

温泉めぐり日本一周[111日目]

週2日だけ入れる温泉 四国編 12日目(2007年3月21日)  夢の温泉「夢の温泉」の朝湯に入る。ここは「絶景湯」。物部川の眺めがすばらしい。まるで物部川という自然を宿の大庭園にしているかのようだ。川中の大岩が目の前に […]

温泉めぐり日本一周[110日目]

「夢の温泉」に泊まる 四国編 11日目(2007年3月20日)  月ヶ谷温泉「月の宿」の朝湯に若林さんと一緒に入ったが、男湯と女湯が入れ替わっている。今朝の男湯は石つくりの大きな湯船。湯はとろっとしている。湯から上がると […]

温泉めぐり日本一周[109日目]

讃岐から阿波へ 四国編 10日目(2007年3月19日)  大串温泉「グリーンヒル大串」の朝湯に入る。1000湯を達成した温泉なだけに、気分よく赤湯につかった。大串鼻の高台にある「グリーンヒル大串」は「絶景湯」。小豆島と […]

温泉めぐり日本一周[108日目]

祝 1000湯達成! 四国編 9日目(2007年3月18日)  午前2時、高松港を出発。寒風をついて走り出す。「高松→高松」の「四国一周」編の開始だ。 「柏原渓谷キャンプ村」に向かう。そこでは昭文社の桑原さんらがキャンプ […]

温泉めぐり日本一周[107日目]

第3弾目の兵庫温泉めぐり 四国編 8日目(2007年3月17日)  なにわ温泉「スーパーホテルCITY大阪」の朝湯に入り、湯から上がると、バイキングの朝食だ。まずは冷たいオレンジジュースを一気に飲み干し、朝粥を椀に1杯食 […]

keep looking »
  • イベント情報

    キャンプミーティングinならは
    2018年9月8日
    日時:2018年9月8日
         15:00受付開始
       9日 復興ツーリング

    会場:天神岬スポーツ公園
       キャンプ場
       福島県楢葉町

    参加費:1,000円(テント泊)
        500円(日帰り)
        小学生以下は無料

    事前登録:登録フォーム

    問合せ:焚き火night事務局
       (担当:渡辺哲)
    https://www.facebook.com/
    akirawatanabe.790
  • ツイッター

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.70
    6月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    いわき中央編


    風まかせ No.68
    5月7日発売

    焚火日和
    福島県楢葉町

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    2018年度版発刊に寄せて
    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    2018年度版発刊に寄せて
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up