カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

環日本海ツーリング[160]

最後の日本海、直江津港で夜の海を眺めた  能登半島突端の禄剛崎を後にし、日本海沿いの外浦から七尾湾内の内浦を行く。波静かな海を見ながらスズキDR-Z400Sを走らせる。  珠洲市の中心、飯田の町並みを走り抜けたところで、 […]

環日本海ツーリング[159]

ウラジオストクまで772km、能登半島の突端禄剛崎へ  輪島を出発。日本海沿いの国道249号で奥能登を行く。奥能登の日本海に面した外浦は見所が多い。能登半島を3つに分けて口能登、中能登、奥能登と呼ばれているが、奥能登の東 […]

環日本海ツーリング[158]

輪島で食の文化財、魚醤「いしる」を味わう  国道305号で石川県に入ると、大聖寺(加賀市)の町を走り抜け、国道8号に合流。スズキDR-Z400Sを走らせ金沢へ。金沢からは国道159号で能登半島に入っていく。  宝達清水町 […]

環日本海ツーリング[157]

潮の香がたまらない、福井から石川へ  越前岬からさらに国道305号を行く。日本海を左手に見ながらスズキDR-Z400Sを走らせる。日本海の潮の香がたまらない。このあたりがバイクツーリングの良さ。五感をフルに発揮させてDR […]

環日本海ツーリング[156]

潮風を受け、大海原を見ながらいくつもの漁港を過ぎる  8月20日5時、敦賀駅前の「東横イン」を出発。越前の一宮、気比神宮を参拝し、国道8号を北へ。敦賀湾沿いの道を行く。スズキDR-Z400Sで切る潮風がたまらない。対岸に […]

環日本海ツーリング[155]

湖の様な静かな久美浜湾を抜け丹後半島へ  兵庫県の豊岡から国道178号で河梨峠を越え、京都府に入る。峠を下ると、波静かな久美浜湾が見えてくる。海というよりも湖を見ているかのようだ。  久美浜からは国道178号で丹後半島に […]

環日本海ツーリング[154]

砂浜は途切れ、断崖が海に落ち込む風景へ  鳥取からは国道9号で駟馳山峠を越える。  日本海に近い標高61メートルの低い峠だが、伝説の峠で古い石畳道が残されている。そんな駟馳山峠を越えたところで国道9号から日本海沿いの国道 […]

環日本海ツーリング[153]

帰ってきたらまずはラーメン  2012年8月19日9時、「イースタンドリーム号」は鳥取県の境港に到着。下船し、日本の入国手続きを終えると、我々はバイクを境港の岸壁にズラズラッと並べた。 「日本に帰ってきた!」  神戸税関 […]

環日本海ツーリング[152]

日本海を渡り、鳥取の境港へ接岸  翌朝、夜が明けるとすぐに甲板に上がった。日本海の水平線上には隠岐の島々がはっきりと見えている。隠岐は島前の中ノ島や西ノ島、知夫里島、島後などから成る群島だが、それらの島々がくっつき合い、 […]

環日本海ツーリング[151]

最後の大陸、韓国・東海港の岸壁を離れる  東海港に戻ると、韓国の出国手続きを終え、鳥取県の境港に向かう「イースタンドリーム号」に乗船。甲板に立ち、カンビールを飲みながらフェリーターミナルや東海港を眺めた。  18時、「イ […]

環日本海ツーリング[150]

韓国人の息吹きを感じる市場を歩く  東海の焼肉店での「焼肉パーティー」を終えると、町の中心街にある市場を歩く。ありがたいことに雨も上がっている。  韓国の市場歩きは楽しい。  そこでは韓国人の生活の息吹き、匂いを感じとれ […]

環日本海ツーリング[149]

韓国上陸、焼き肉パーティで盛上がる  2012年8月17日11時、ロシアのウラジオストク港を出港した「イースタンドリーム号」は、韓国・東海岸の東海港に入港。我々はバイクを船内に残したまま下船する。出国手続きを終え、韓国の […]

環日本海ツーリング[148]番外編

韓国往復縦断2005(17) 日本海の海の幸を満喫して我が家伊勢原へ  伊根温泉「桜泉閣」の朝湯に入り、湯から上がると朝食。温泉卵、煮物、酢の物、漬物、海苔のほかに一夜干しのカレーの焼き魚が出た。これがうまかった!  伊 […]

環日本海ツーリング[147]番外編

韓国往復縦断2005(16) 山陰から若狭湾へ、日本海の海岸線を行く  鹿野温泉の国民宿舎「山紫苑」の朝食を食べて出発。国道9号に近いJR山陰本線の浜村駅前でスズキDR-Z400Sを停める。駅前には「貝がら節発祥の地」碑 […]

環日本海ツーリング[146]番外編

韓国往復縦断2005(15) 神話の国出雲で日本一のノッポ灯台に登った  出雲市駅前の「東横イン」では「おにぎり&味噌汁」の朝食を食べてから出発。出雲大社を参拝し、出雲神話の舞台にもなっている稲佐の浜でスズキDR-Z40 […]

環日本海ツーリング[145]番外編

韓国往復縦断2005(14) 日本に帰ってきたらコレが一番  10月15日8時、関釜フェリーの「はまゆう」は下関港に到着。下船したところで「韓国往復縦断」のメンバーのみなさんと別れた。  カソリはここから日本海に沿って新 […]

環日本海ツーリング[144]番外編

韓国往復縦断2005(13) 韓国本土最東端地点を経由し釜山に戻る  製鉄の町、浦項では「ラマダアンコールホテル」に泊まったが、翌朝の朝食はホテル近くの食堂で。朝食のおかずは全部で10皿出た。その中にはドングリの粉から作 […]

環日本海ツーリング[143]番外編

韓国往復縦断2005(12) 山中の食堂で食文化の共通点を見つける  束草を出発すると国道7号を南下し、襄陽、江陵、東海と日本海沿いの町々を通り過ぎていく。三陟から国道38号で内陸に入り、太白山脈の山中の町、太白へ。   […]

環日本海ツーリング[142]番外編

韓国往復縦断2005(11) 韓国一の名峰、雪岳山の峰々が見える  翌日は夜明けとともに起き、海岸線を歩く。  きれいな朝日が日本海の水平線に昇る。町並みの向こうには韓国一の名峰、雪岳山の峰々が見える。なつかしの雪岳山! […]

環日本海ツーリング[141]番外編

韓国往復縦断2005(10) 大いに興味をそそられる韓国の食文化  韓国最北端の地、高城統一展望台から束草の「シップホテル」に戻ると、海沿いの食堂で夕食。キムチなどズラズラッと10皿の料理が並んだ。それをご飯と豆腐の入っ […]

keep looking »
Scroll Up