カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

松前→函館

全行程4070km、最後は北海道遺産サケの天丼で  北海道遺産の松前城前を出発し、国道228号で函館へ。  その途中、北海道最南端の白神岬でスズキDR-Z400Sを停める。  岬の高台上には赤白2色の灯台。海岸に立つと、 […]

福山(松前)城と寺町

北海道唯一の国宝建造物だった城  上ノ国から国道228号を南下。スズキDR-Z400Sを走らせ松前へ。ここまで来ると、「北海道遺産めぐり」のゴールの函館が間近だ。旅の終わりというのは寂しさをともなうもの。そんな気持ちを振 […]

上ノ国の中世の館

和人地と蝦夷地の境界 勝山館の客殿跡  北海道遺産の町、江差をあとにし、国道228号を南下。隣の上ノ国町では海を見下ろす夷王山(いおうざん、159m)の中腹にある「勝山館(たち)跡ガイダンス施設」を見学。まさに「目から鱗 […]

姥神大神宮渡御祭と江差追分3

古い建物が並ぶ「いにしえ街道」  姥神大神宮の参拝を終えると、目の前の横山家を見学。ここは江差の旧家で、初代から現在まで200年以上の歴史があるという。代々つづいた網元、商家であり、廻船問屋を営んでいた。母屋と蔵にはニシ […]

姥神大神宮渡御祭と江差追分2

江差に伝わるニシン伝説  北海道遺産の「江差追分」に出てくる「歌棄磯谷」は寿都町の歌棄と磯谷のこと。磯谷まで行き、そこから国道229号を南下し、江差に向かった。 寿都町の磯谷から国道229号を南下 抜けるように青い日本海 […]

姥神大神宮渡御祭と江差追分1

中央分水嶺を越えて江差へ  長万部温泉「丸金旅館」の朝湯に入り、朝食を食べて出発。スズキDR-Z400Sを走らせ、まずは国道37号で室蘭方向へ。静狩峠、礼文華峠と越えたところで長万部に戻った。次に国道5号で小樽方向へ。前 […]

北限のブナ林

世界遺産の森にも匹敵する紅葉 歌才ブナ林  ニセコから国道5号で目名峠を越え、黒松内町(くろまつないちょう)に入る。このあたりが日本のブナの北限。日本の自然を日本らしくしているもののひとつにブナの木があるが、それでいうと […]

スキーとニセコ連峰

レルヒ中佐が伝えたスキー  蝦夷富士の羊蹄山を一周して倶知安に戻ると、国道5号沿いにある「レルヒ記念公園」に建つレルヒ中佐像を見る。台座には次のように書かれている。 倶知安のレルヒ中佐像  オーストリア国武官テオドール・ […]

京極のふきだし湧水

蝦夷富士「羊蹄山」の恵み 道道478号から見る羊蹄山 倶知安峠近くから見る羊蹄山 「蝦夷富士一周」で見る羊蹄山 「蝦夷富士一周」で見る羊蹄山 「蝦夷富士一周」で見る羊蹄山 「積丹半島一周」を終えると、その出発点の余市に戻 […]

積丹半島と神威岬2

積丹半島で海の幸三昧  積丹半島北西端の神威岬からは国道229号を南下。半島西岸の日本海を見ながらスズキDR-Z400Sを走らせる。交通量は極少。「我が道を行く」といった気分がたまらない。う~ん、これぞバイクツーリング! […]

keep looking »
  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • 新刊紹介


    タンデムスタイル No.224
    11月24日発売

    賀曽利隆の分割日本一周

    関東編


    アンダー400 No.85
    11月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    南会津・後編

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 関連サイト

  • サポーターサイト

Scroll Up