カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ジクサー150分割日本一周[315]

投稿日:2022年7月26日

四国一周編 9(2020年5月31日)

讃岐の国府めぐり(その1)

大三島の旅館「富士見園」の朝食

大三島の旅館「富士見園」の朝食

大三島ICからしまなみ海道に入る

大三島ICからしまなみ海道に入る

高松道の豊浜SAで食べた「讃岐うどん」

高松道の豊浜SAで食べた「讃岐うどん」

高松道の善通寺ICで高速を降りる

高松道の善通寺ICで高速を降りる

 5月31日、大三島の旅館「富士見園」の朝食を食べて出発。大三島ICからしまなみ海道に入り、今治に戻ると、国道196号→今治小松道→松山道→高松道で香川県に入った。さー、「讃岐編」の開始だ。

 讃岐といえば「讃岐うどん」。まずは高松道の豊浜SAで「讃岐うどん」を食べた。コリコリシコシコした食感のうまいうどん。揚げ豆腐とちくわ天のトッピング。

 高松道の善通寺ICで高速を降り、善通寺の町に入ると、うどん専門店で「ぶっかけ」を食べた。すごい歯ごたえ。腰の強いうどんだ。

「四国八十八ヵ所」第75番札所の善通寺を参拝。ここは空海誕生の地だけあって、四国八十八ヵ所の中でも飛びぬけて大きい寺。参拝客も多く、大駐車場は車でびっしりと埋め尽くされている。観光バスも多い。お遍路さんよりも一般の参拝者の方がはるかに多い。

 善通寺は東院と西院に分れ、東院には金堂(本堂)、五重塔、釈迦堂がある。境内には樹齢千数百年の大楠。西院には御影堂(大師堂)、地蔵堂、宝物館がある。御影堂には大師の自画像がまつられ、50年に一度、開帳される。次回の開帳は2035年とのこと。宝物館には大師ゆかりの品々が展示されているが、錫杖は唐(長安)留学中に密教の師の恵果から授けられたものだという。

善通寺のうどん店で食べた「ぶっかけ」善通寺の案内板第75番札所善通寺の境内案内図

善通寺のうどん店で食べた「ぶっかけ」 善通寺の案内板 第75番札所善通寺の境内案内図

善通寺の仁王門善通寺の金堂善通寺の五重塔

善通寺の仁王門 善通寺の金堂 善通寺の五重塔

金刀比羅宮の門前

金刀比羅宮の門前

金刀比羅宮門前の「こんぴらうどん」の店

金刀比羅宮門前の「こんぴらうどん」の店

「鳥天ぶっかけ」を食べる

「鳥天ぶっかけ」を食べる

 善通寺から琴平へ。ここでは金刀比羅宮を参拝する前に、門前の「こんぴらうどん」の店で「鳥天ぶっかけ」を食べた。腰の強い麺。讃岐うどんの魅力は麺の腰の強さだ。

 讃岐路を走っていると、すぐに目につくのは「讃岐うどん」とか「手打ちうどん」、「饂飩屋」といったうどん屋の看板。うどん屋に入ると、種類の豊富さに驚かされる。釜あげうどんや湯だめ、しっぽくうどんなど、他地方ではあまり見かけない。香川県民のうどん消費量は断トツで日本一!

「こんぴらうどん」を食べると、金刀比羅宮へ。大汗をかいて本宮まで登ったが、展望台からの眺めは絶景。左手に讃岐富士が見えている。

 琴平からは国道32号で香川・徳島県境(讃岐・阿波国境)の猪鼻峠へ。峠のトンネルを走り抜けると、吉野川の河畔まで下り、そこで折り返した。

金刀比羅宮参道の石段を登っていく金刀比羅宮の旭社金刀比羅宮の本宮

金刀比羅宮参道の石段を登っていく 金刀比羅宮の旭社 金刀比羅宮の本宮

金刀比羅宮の展望台からの眺め琴平から国道32号で猪鼻峠へ猪鼻峠を越えて吉野川の河畔まで下る

金刀比羅宮の展望台からの眺め 琴平から国道32号で猪鼻峠へ 猪鼻峠を越えて吉野川の河畔まで下る

Comments

Comments are closed.

  • おすすめの一冊

  • 新刊紹介


    モトチャンプ
    2022年9月号
    8月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャーニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。