カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ジクサー150分割日本一周[295]

投稿日:2022年5月3日

中部一周前編 7(2020年5月22・23日)

尾張の国府めぐり

阿野の一里塚

阿野の一里塚

桶狭間の古戦場

桶狭間の古戦場

 東海道(国道1号)で境川を渡って三河から尾張に入った。

 東海道の両側に残る阿野の一里塚、桶狭間の古戦場と見てまわり鳴海宿へ。ここには往時の街道の風情はないが、その手前の間の宿、有松宿には東海道の風情を残す家並みが残されている。

 名古屋市に入ったところで、国道1号沿いの食堂で夕食。名物の「味噌カツ」を食べた。そして名古屋の中心街に入り、「東横イン」(名古屋錦)に泊った。

東海道の鳴海宿夕食は名古屋名物の「味噌カツ」「東横イン」(名古屋錦)に泊る

東海道の鳴海宿 夕食は名古屋名物の「味噌カツ」 「東横イン」(名古屋錦)に泊る

早朝の名古屋を走る

早朝の名古屋を走る

 5月23日5時、名古屋錦の「東横イン」を出発し、早朝の名古屋を走る。「すき家」の「牛どん」を食べ、熱田神宮を参拝し、東海道の宮宿へ。

 ここは第1番目の品川宿から数えて41番目の宿場になるが、宮宿の「宮」は熱田神宮のことだ。東海道は宮宿から海路になる。「七里の渡し」で伊勢(三重県)の桑名宿に渡ったのだ。七里の渡し跡には常夜灯と時の鐘が復元されて建っている。当時の東海道と現在の国道1号が大きく違っているのは、「名古屋〜桑名」間である

 宮宿から名古屋の中心街に戻ると、名古屋駅前から名古屋城へ。

「尾張名古屋は城でもつ」と尾張人が自慢する名古屋城を見る。そのあと名古屋城近くの食堂で「きしめん」を食べた。豊川でも食べたきしめんだが、名古屋にやってくると、何としても食べたくなる。これって、パブロフの法則!?

 それほどに平べったいきしめんの食感というのは舌に残るもの。「東京のそば、大阪のうどん、名古屋のきしめん」といったところだ。

朝食は「すき家」の「牛丼」熱田神宮を参拝東海道宮宿の「七里の渡し」跡の常夜灯

朝食は「すき家」の「牛丼」 熱田神宮を参拝 東海道宮宿の「七里の渡し」跡の常夜灯

東海道「七里の渡し」跡の時の鐘熱田神宮近くの国道1号と国道19号の交差点名古屋駅前のビル群

東海道「七里の渡し」跡の時の鐘 熱田神宮近くの国道1号と国道19号の交差点 名古屋駅前のビル群

名古屋城の天守閣名古屋城の案内図名古屋といえば「きしめん」

名古屋城の天守閣 名古屋城の案内図 名古屋といえば「きしめん」

国道22号で一宮へ

国道22号で一宮へ

尾張一宮の真清田神社にやってきた

尾張一宮の真清田神社にやってきた

真清田神社の境内案内図

真清田神社の境内案内図

 きしめんを食べて、満足したところで名古屋を出発。国道22号で一宮市へ。東海道本線と名鉄の一宮駅前から尾張の「国府めぐり」を開始する。まずは尾張一宮の真清田(ますみだ)神社へ。一宮の町中にある真清田神社を参拝。一宮の地名はこの尾張一宮の真清田神社に由来している。

 尾張の一宮にはもう1社ある。大神(おおみわ)神社だ。以前、来たことがる神社で名鉄の本線と尾西線の間をさんざん探しまわってしまった。たどり着いたときにはホッとした。

 大神神社の参拝を終えると、一宮市の南隣の稲沢市に入り、名鉄本線の国府宮(こうのみや)駅へ。このあたりの地名は国府宮。国府宮駅から尾張総社の国府宮に行く。堂々とした造りの楼門をくぐり抜けて参拝した。拝殿も本殿も立派な造り。国府宮は「はだか祭」でよく知られている。

 つづいて尾張国分寺跡に行こうとしたのだが、見つけられなかった。残念無念。ぼくはスマホは持たないので、どのようにして「国府めぐり」をしているかというと、『ツーリングマップル』に頼っている。事前に各国の国府跡、総社、国分寺跡を調べ、『ツーリングマップル』にその位置を印し、現地に着くとジクサー150で走りまわって探しているのだ。どうしてもわからないときは地元の人に聞いている。

 尾張国分寺跡は見つけられないまま日が沈む。もうここまでと、尾張(愛知県)から美濃(岐阜県)へ舞台を移す。

真清田神社の楼門真清田神社を参拝もう1社の尾張一宮の大神神社

真清田神社の楼門 真清田神社を参拝 もう1社の尾張一宮の大神神社

大神神社の神馬大神神社を参拝名鉄の国府宮駅

大神神社の神馬 大神神社を参拝 名鉄の国府宮駅

国府宮の鳥居国府宮の楼門国府宮を参拝

国府宮の鳥居 国府宮の楼門 国府宮を参拝

中津川の町を歩く

中津川の町を歩く

JR中央本線の中津川駅

JR中央本線の中津川駅

 一宮ICで名神に入り、小牧JCTから中央道で中津川ICへ。JR中央本線の中津川駅に近い「中津川プラザホテル」に泊った。

 夜の町を歩き、居酒屋の「庄屋」で夕食。生ビールをキューッと飲み干し、「コーンのバター焼き」と「にらもやし炒め」を食べた。

「さー、明日は美濃横断だ!」

中津川駅に近い「庄屋」に入るまずは生ビールをキューッと飲み干す「にらもやし炒め」を食べながら2杯目を飲む

中津川駅に近い「庄屋」に入る まずは生ビールをキューッと飲み干す 「にらもやし炒め」を食べながら2杯目を飲む

Comments

Comments are closed.

  • おすすめの一冊

  • 新刊紹介


    モトチャンプ
    2022年12月号
    11月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャーニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。