カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ジクサー150分割日本一周[274]

投稿日:2022年2月1日

関東一周編 2(2020年5月8日)

相模の国府めぐり(その1)

 東京生まれ、東京育ちのカソリだが、神奈川県伊勢原市に移り住んですでに40年以上になる。ということで相模は我が国といっていい。

「さー、相模編の開始だ!」

 2020年5月8日、伊勢原の自宅を出発。ジクサー150を走らせ、国道246号を行く。厚木を通り、相模川を渡って海老名へ。ここに相模国分寺跡がある。

 小田急の海老名駅前には相模国分寺の七重の塔のモニュメントが建っている。七重の塔は3分の1大の模型だが、なかなかの迫力だ。

 そのあとで、国分寺跡を見てまわった。

 国分寺跡には相模国分寺の金堂跡や講堂跡、七重の塔跡がある。その案内板には復元図が描かれているが、中門から入ると、回廊に囲まれた境内の右手に金堂、左手に七重の塔、正面に講堂がある。講堂の背後には僧房がある。

 広々とした国分寺跡は市民の憩いの場になっている。

 相模の国分寺跡の案内板には次のように書かれている。

 奈良時代、聖武天皇は仏教の力で国の安寧を図るため諸国に国分寺の建立を命じました。相模国分寺もそのひとつで、8世紀後半には建築が始まったとみられます。七重塔と金堂を東西に、講堂を北側に配置する法隆寺に似た建物配置をとり、寺の範囲は東西240m、南北300m以上と諸国の国分寺の中でも有数の規模を誇ります。

 七重塔や僧房などの建物は、多くの瓦が出土していることから瓦葺だったとみられます。瓦は乗越瓦窯(横須賀市)、その後、瓦尾根瓦窯(町田市)などで焼かれたものが使用されています。また、塔跡や金堂跡などの礎石は中津川上流から運ばれています。相模国分寺跡近くの逆川跡は、これらの資材を運ぶために人工的に開削された運河とみられています。

 通常、国分寺は国府の近くに建立されますが、相模国では国府は大住郡(大磯町)、国分寺は国府から12キロも離れた高座郡(海老名市)に置かれました。これは大住郡と高座郡の郡司が壬生氏という同じ氏族であったからではないかとされています。ここから、500mほど北には、相模国分尼寺も置かれ、二寺が並び立つ様子は壮観だったことでしょう。

 相模国分寺は平安時代中頃まではこの場所で存続していたとみられますが、中世には判然としなくなります。江戸時代には現在の東光山国分寺の場所へと移り、その法灯が受け継がれています。

伊勢原を出発。国道246号で海老名へ相模国分寺の七重塔のモニュメント相模国分寺跡にやってきた

伊勢原を出発。国道246号で海老名へ 相模国分寺の七重塔のモニュメント 相模国分寺跡にやってきた

相模国分寺の復元図相模国分寺跡の金堂跡相模国分寺跡の金堂跡を歩く

相模国分寺の復元図 相模国分寺跡の金堂跡 相模国分寺跡の金堂跡を歩く

Comments

Comments are closed.

  • おすすめの一冊

  • 新刊紹介


    モトチャンプ
    2022年12月号
    11月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャーニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。