カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ジクサー150分割日本一周[250]

投稿日:2021年10月30日

北海道一周編 68(2020年4月17日)

小平の鰊番屋

霧立峠から苫前に下っていく

霧立峠から苫前に下っていく

苫前で国道232号に出る

苫前で国道232号に出る

日本海沿いの国道232号を南へ

日本海沿いの国道232号を南へ

青い海と青い空!

青い海と青い空!

国道232号の道の駅「おびら鰊番屋」

国道232号の道の駅「おびら鰊番屋」

道の駅「おびら鰊番屋」から見る日本海

道の駅「おびら鰊番屋」から見る日本海

道の駅「おびら鰊番屋」の松浦武四郎像

道の駅「おびら鰊番屋」の松浦武四郎像

 国道232号の霧立峠から日本海に下っていく。苫前で国道232号に出ると南へ。日本海を見ながらジクサー150を走らせる。

 苫前町か小平町に入ると、道の駅「おびら鰊番屋」で止まる。海辺には北海道遺産の松浦武四郎の像が建っている。海が青い!

 ここでは鰊番屋の「旧花田家番屋」を見学する。とてつもない大きさで、現存する鰊番屋としては道内でも最大規模。花田家は北海道でも屈指の鰊漁家で、最盛期には18ヵ統のニシンの定置網を持っていた。この鰊番屋では5ヵ統の定置網の漁夫のほかに、船大工とか鍛冶職人、屋根職人など200人もの人たちが生活していたという。

 明治中期に建てられた「花田家鰊番屋」は現在、資料館になっているが、「木割りは大きく豪壮であり、空間は雄大。玄関から奥に土間を通し、その北側に親方の住居部分を、南側には漁夫の生活部分をもうけ、漁夫の寝台を中二階に備えて三段とし、その機能と合理性を求め、俗に番屋と呼ぶ鰊漁家特有の平面構成である」と、説明書に書かれている。

 面積は1階が801平方メートル、2階が105平方メートル。合計すると906平方メートルの豪壮な建物。この小平の「旧花田家鰊番屋」につづく現存する鰊番屋というと、寿都の佐藤家番屋が741平方メートル、小樽の鰊御殿が638平方メートルになる。

 小平の鰊番屋が群を抜いて大きいのがよくわかる。

 展示されている明治から大正にかけての、ニシン漁最盛期の頃の写真がすごい迫力。春先のニシン漁の季節になると、小平の海は群れるニシンで盛上がり、海の色は乳色に変ったほどだという。それらの写真は「千石場所」といわれた小平の浜をよみがえらせてくれる。漁獲されたニシンの大半は肥料用として魚粕にされたが、写真を見ると、番屋の前は広々とした干し場になっている。

 展示されている年代別のニシンの漁獲量を見ると、明治中期から減りはじめ、獲れる年と獲れない年の差が大きくなり、昭和10年代になると激減する。昭和19年前後に盛り返すが、昭和29年を最後にほとんど獲れなくなり、ニシンは幻の魚になってしまった。

 鰊番屋の見学を終えると、道の駅のレストランでニシンとカズノコの「にしん丼」を食べた。

「ヤン衆のいぶき」を感じられる鰊番屋豪壮な建物の小平の鰊番屋小平の鰊番屋を見学

「ヤン衆のいぶき」を感じられる鰊番屋 豪壮な建物の小平の鰊番屋 小平の鰊番屋を見学

小平の鰊番屋に展示されている鰊漁の網鰊漁で活況を呈していたころの浜の様子道の駅「おびら鰊番屋」の「にしん丼」

小平の鰊番屋に展示されている鰊漁の網 鰊漁で活況を呈していたころの浜の様子 道の駅「おびら鰊番屋」の「にしん丼」

Comments

Comments are closed.

  • おすすめの一冊

  • 新刊紹介


    モトチャンプ
    2022年12月号
    11月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャーニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。