カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ジクサー150分割日本一周[235]

投稿日:2021年8月13日

北海道一周編 53(2020年4月15日)

天塩川河畔の「北海道命名の地」

 日本海の遠別から道道119号で咲花峠を越え、国道40号に出た。

 天塩川沿いの国道40号で音威子府方向に10キロほど走ったところが「北海道命名の地」への入口。天塩川の河畔に下ったところには、「北海道命名の地」碑が立っている。「北海道」の名付け親は探検家の松浦武四郎。その松浦武四郎の「天塩日誌」の案内板も立っている。それには次のように書かれている。

 安政4年(1857年)6月、探検家の松浦武四郎(当時40歳)は蝦夷地に渡り、アイヌの男性4人と2艘の丸木舟で天塩川の探査をおこない、『天塩日誌』を残しました。北海道第2の大河でありながら、当時は未開の地であった天塩川流域の調査は、往復24日間の行程で、多くの困難と共に豊かな自然とアイヌ文化に触れる壮大な旅でした。現在地は探査5日目に宿泊したと推定されている「トンベツホ(音威子府村頓別坊)」です。武四郎はこの地でアイヌの人たちの暖かな心に触れるのでした。

6月11日(調査5日目)
 夜明けを待って出発。空には黒い雨雲があって、地上には濃い朝もやがたちこめている。川岸にはウニシテやラウラウが多く見られるが、これらはアイヌの人たちが食料とする野草である。

 先に進むと両岸は岩の崖になり、舟に網をつけ、引いて上がる。やがてカムイルウサン(中川町神居山)という高さが約900メートルもある絶壁がそそり立ち、その頂にはエゾマツなどが岩を這うように生えていて奇景である。この地はたいへん神聖な場所なので、通る際にはいつもイナウとタバコと米を一つまみづつ、この地の神に供えてから通るのだという。

 ここを過ぎると、重なり合った岩の上から一筋の滝が落ち、7段にわたって流れている。周囲は険しい崖ばかりで、様々な動物を思わせるような奇岩怪石が川の中に見られる。浅いつもりで川の中を歩くと急に深くなるので、大変危険で、ここで溺れる者も多い。そのことから昔から川を歩いて渡ることは、厳しく禁じられているそうである。

 トンベツホには家が2軒ある。ここに案内人トセツの妻子が来ていたので、今夜はトンベツホに泊ることにした。

 この日、暮れてから近くでしきりに「ホッ、ホッ、ホッホッ」と鳴く鳥の声を聞いた。アイヌの人たちはアオチカダンチカフと呼んでいるらしいが、黄泉鳥の意味だそうである。「仏法、仏法」とか「梅干し、梅干し」と鳴いているようにも聞こえるが、この家の主人のアエトモの話では、昔、最上徳内もこの鳴き声を聞いて、この鳥は本土の尊い高山にいる仏法僧だと語ったそうだ。それで私もこれがかの有名な仏法僧であることを知ったのである。

 松浦武四郎はアイヌの長老のアエトモからアイヌの通称である「カイナ」とは、「この国に生まれた者」という意味だということを教えられた。「ナ」は貴人をさす尊敬語だという。これを聞いた武四郎は、アイヌの人たちは自らの国を「かい」と呼ぶことを知り、「加伊」の字を当てた。

 その後、明治2年(1869年)に、松浦武四郎は道名に関する意見書を提出した。「北加伊道」、「日高見道」、「海北道」、「海島道」、「東北道」「千島道」の6道の案を提示したが、このうち北加伊道(ほっかいどう)が採用され、加伊を海に替えて「北海道」が誕生した。これをもって日本は東海道、東山道、北陸道、南海道、山陰道、山陽道、西海道の7道に北海道が加わって、8道になった。

天塩川沿いの国道40号を行く「北海道命名の地」への入口天塩川河畔の「北海道命名の地」

天塩川沿いの国道40号を行く 「北海道命名の地」への入口 天塩川河畔の「北海道命名の地」

「北海道命名の地」碑が立っている松浦武四郎の「天塩日誌」の案内板天塩川の河畔に残る雪

「北海道命名の地」碑が立っている 松浦武四郎の「天塩日誌」の案内板 天塩川の河畔に残る雪

Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • ツーリングマップル 2021

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2021年9月号
    8月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • Takashi Kasori チャンネル

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税