カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ジクサー150分割日本一周[217]

投稿日:2021年6月11日

北海道一周編 35(2020年4月13日)

和商市場で「釧路ラーメン」を食べる

道道1038号から国道38号に入る

道道1038号から国道38号に入る

白糠の町の案内図

白糠の町の案内図

恋問海岸にやってきた

恋問海岸にやってきた

 国道336号→道道1038号で太平洋の海岸を走り、国道38号に出た。

 国道38号で釧路へ。その途中では白糠の町に寄った。

 白糠の町を過ぎると国道38号は太平洋岸の道になる。

 恋問海岸でジクサー150を止めると、長く延びる砂浜を歩き、道の駅「しらぬか恋問」で「たい焼き」を食べるのだった。

 恋問海岸を出発。大楽毛(おたのしげ)で国道38号はバイパス(釧路外環状道路)と旧道に分かれるが、旧道で阿寒川、新釧路川を渡り釧路の町に入っていく。

 釧路駅前から和商市場へ。北海道の三大市場の和商市場を歩く。和商市場といえば「勝手丼」が名物だが、今回は「釧路ラーメン」を食べた。釧路ラーメンの「かに足ラーメン」。かに足のたっぷり入ったラーメンだ。

恋問海岸を歩く恋問海岸の道の駅「しらぬか恋問」の「たい焼き」国道38号で阿寒川を渡る

恋問海岸を歩く 恋問海岸の道の駅「しらぬか恋問」の「たい焼き」 国道38号で阿寒川を渡る

釧路に到着。和商市場を歩く和商市場の名物は「勝手丼」和商市場で「釧路ラーメン」を食べる

釧路に到着。和商市場を歩く 和商市場の名物は「勝手丼」 和商市場で「釧路ラーメン」を食べる

「ラーメン」は北海道遺産になっている。

「札幌ラーメン」は別格として、「函館ラーメン」、「釧路ラーメン」、「旭川ラーメン」が北海道のラーメンの御三家だ。

「ラーメン」は北海道遺産であるばかりでなく、今や日本の国民食。その「ラーメン」の名前が定着したのは、わずか5、60年前のことでしかない。

 戦前は「支那そば」といっていた。メンマも「支那竹」だった。それが戦後、中国・東北地方から戻ってきた人たちが「拉麺」の言葉を広めた結果、「支那そば」のことを「ラーメン」というようになった。その発祥の地は札幌。「ラーメン」を漢字で書くと「拉麺」になるが、名前と中身の違うものになって日本に定着した。

 中国製スズキのQS110を走らせての「旧満州走破行」(2004年)では、おおいなる興味を持って麺の本場、中国東北部の各地で麺を食べた。麺を食べるだけでなく、食堂の調理場をのぞかせてもらい、麺職人の麺づくりを見た。

 水田での稲作よりも、畑作での小麦づくりの方がはるかに盛んな中国東北部から華北にかけての一帯は、世界の「麺文化」の中心地になっている。

 中国の麺職人たちは、まるで魔術師のように麺を作り上げる。。

 たとえば拉麺(ラーメン)だ。こねた小麦粉を手で引っ張り、ブルンブルンふりまわし、あっというまに細長く延ばしていく。手先の力加減ひとつで太麺や細麺を自由自在につくり出す。なんとも豪快で華やかな拉麺づくり。「どうして手だけで、こうも簡単に麺ができてしまうのだろう」と驚きの目で見た。

 あちこちに「拉麺」の専門店があるが、食べ方は汁ありと汁なしの2通り。牛骨スープなどの汁ありの拉麺には牛肉やゆで卵、香菜(中国料理には欠かせない香辛料)などの具が入っている。汁なしの拉麺は卵やトウモロコシ粉、味噌などでからめたソースを麺の上にのせて食べる。スパゲティー風の食べ方だ。

 拉麺に似ているのが抻麺(チャンメン)。抻麺の本場は華北・甘粛省の蘭州で、「蘭州抻麺」の看板を掲げた専門店を各地で見た。拉麺づくりに比べると、抻麺づくりはもっと手元でコチョコチョという感じでつくってしまうが、やはりこねた小麦粉を手だけでつくる。その速さは拉麺以上。

 刀削麺はこねた小麦粉を小刀をつかってパパパパパッと削り、目にもとまらぬ速さで沸騰した大鍋の湯の中に入れていく。

 手延麺は日本でもおなじみの麺の作り方だが、こねた小麦粉をのし棒でのし、薄く平べったくし、折りたたんで包丁で切って麺にする。

 中国の麺の種類は多様だ。「ラーメン」はそのうちの一種で、麺の作り方の一種ということになる。これらの手づくり麺は日本でいえば「うどん」。うどん類を総称して「麺条(メンティヤォ)」といっている。

 戦前までの日本人にとってのラーメンは、淡白な、さっぱりとした味わいの「支那そば」だ。「支那そば」といえば主流は家庭料理で、製麺屋で麺を買い、支那そばをつくった。それが札幌発祥の「札幌ラーメン」が誕生すると、ラードをたっぷり使い、炒めたモヤシをたくさん入れたり、具を多様化させたり、より脂ぎったスープにすることで家庭料理を離れ、一気に外食の花形になっていった。

「ラーメン」は北海道で誕生した。終戦後、満州から引き揚げてきた人たちが「すすきの」に屋台を出し、「ラーメン」の名前を広めたのだ。北海道遺産の「ラーメン」は、日本の食文化を大きく変えた。

Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • ツーリングマップル 2021

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2021年9月号
    8月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • Takashi Kasori チャンネル

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税