カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ジクサー150分割日本一周[214]

投稿日:2021年6月7日

北海道一周編 32(2020年4月13日)

「黄金道路」を行く

 猛烈な風の吹き荒れる襟裳岬を出発。烈風に吹かれながら、広尾を目指して道道34号を北上。庶野で国道336号に合流し、「黄金道路」に入っていく。

「黄金道路」の記念碑の建つ展望台でジクサー150を止め、海岸スレスレに走る黄金道路を眺める。日高山地の山並みはストンと海に落ちている。

「黄金道路」の記念碑には、次のようにその歴史が記されている。

 寛政10年(1798年)、幕府直使の近藤重蔵は、クナシリ、エトロフを巡視し、その帰途、広尾に至って風雨に行く手を阻まれた。往来に難渋し、従者下野源助に指揮させ、ルベシベソからビタタヌンケまでの山道12粁(キロ)を開削した。これは蝦夷地における道路開設の嚆矢(こうし)である。

 寛政11年(1799年)、浦河以東が幕府の直轄支配となり、最上徳内らによってビタタヌンケ、ホロイズミ間の約20粁の猿留山道が開かれた。

 しかしその後、道路は荒廃をきわめ、北海道庁は明治24年から工費2万5000円を投じて道路の改修を行った。それでも人馬が辛うじて通れる程度のものであった。

 本道の開発が進むにつれて、陸上輸送路の確保が切望され、本格的な道路建設に昭和2年に着手。以来8年の歳月と94万円余りの巨費を要し、幾多の苦難を経て昭和9年に完成した。この時、広尾、庶野間の約30粁は、1尺あたり10余円の費用がかかったことから、「黄金を敷き並べたような道路だ」として、「黄金道路」の名が付けられたと言われる。

 さらに、交通の増加と落石、雪崩などに備えて、庶野、ビタタヌンケ間約15粁の改築が室蘭開発建設部によって昭和42年に着工され、昭和58年に竣工した。

 黄金道路は日高と十勝を結び、また日高山脈襟裳国定公園の「えりも黄金ライン」として重要道路であり、開削以来この道路に注がれた先人達の心血を深く銘記すべきである。

「黄金道路」の展望台から広尾に向かっていくと、「えりも黄金トンネル」(全長4941m)に入っていく。2011年に完成した北海道の最長トンネル。つづいて目黒トンネル(1876m)、新宝浜トンネル(2438m)、タニイソトンネル(2020m)と長大なトンネルを走り抜け、広尾の町に入っていった。

襟裳岬を出発「黄金道路」を行く「黄金道路」の記念碑

襟裳岬を出発 「黄金道路」を行く 「黄金道路」の記念碑

展望台から「黄金道路」を眺める「黄金道路」沿いに残る雪広尾に到着

展望台から「黄金道路」を眺める 「黄金道路」沿いに残る雪 広尾に到着

Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • ツーリングマップル 2021

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2021年7月号
    6月5日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー


    アンダー400 No.88
    5月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド
    静岡県・田貫湖編

  • Takashi Kasori チャンネル

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up