カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ジクサー150分割日本一周[209]

投稿日:2021年6月1日

北海道一周編 27(2020年4月13日)

蝦夷地探検家の松浦武四郎

静内の真歌公園の「松浦武四郎記念碑」

静内の真歌公園の「松浦武四郎記念碑」

小平の国道232号の道の駅「おびら鰊番屋」の前に建つ松浦武四郎像

小平の国道232号の道の駅「おびら鰊番屋」の前に建つ松浦武四郎像

 静内の真歌公園には、幕末の探検家、松浦武四郎の記念碑が建っている。松浦武四郎の6度に渡る蝦夷地踏査の足跡は、新たな北海道遺産に選定された。

 松浦武四郎は文化15年(1818年)、三重県の三雲町(現松坂市)で生まれた。弘化2年(1845)以来、蝦夷地の探検をおこない、蝦夷地の内陸部の全容を明らかにした。松浦武四郎の書き著した膨大な日誌や地図は極めて精度が高いものだといわれている。

 松浦武四郎の銅像は天塩(てしお)と小平(おびら)に建っているが、そのうちの小平のものを見てもらおう。国道232号の道の駅「おびら鰊番屋」の前に建っている。

 静内の真歌公園の「松浦武四郎記念碑」には、「新ひだか町と松浦武四郎」と題して次のように記されている。

 松浦武四郎は、この静内地方には3度訪れて詳細な記録を残した。弘化2年(1845年)には海岸沿いに歩き、地形、産物、歴史を記録した。安政3年(1856年)には新ひだか町の各地の特色に目を向け、安政5年(1658年)の調査ではシベチャリ川、門別川、三石川、鳧舞川を遡ってすべてのコタンを訪れ、その地に住むアイヌ民族の名を後世に伝えるとともに、「心情の率直で淳朴なことはたとえようがない。世の方々にアイヌ民族の美しい心を知っていただきたい」と絶賛した。

 アイヌ民族に導かれて蝦夷地内陸部深くまで踏査した松浦武四郎の150冊を超える調査記録には、随所にアイヌ民族が大地で育んだ生活の知恵と文化が記され、残された地図には9800ものアイヌ語地名が収められている。

 明治2年(1869年)、蝦夷地を改称するにあたり、松浦武四郎はその名を「北加伊道」と撰定した。「ここはアイヌ民族が暮らす大地」という思いを込めたものである。

 北海道の名付け親、松浦武四郎が新ひだか町を訪れてから150年以上が経過したが、我々の祖先と松浦武四郎の絆は今なお燦然と輝いている。我々は新ひだか町と松浦武四郎の民族を越えた交流と、共になしえた業績を讃え、ここアイヌ民族の聖なる地、真歌の丘に記念碑を建立する。

 明治新政府は松浦武四郎の建議にもとづき、蝦夷地を「北海道」にした。「五畿七道」の東海道、東山道、北陸道、山陽道、山陰道、南海道、西海道にならっての北海道で、日本は「五畿八道」になった。北海道には石狩、後志(しりべし)、渡島(おしま)、胆振(いぶり)、日高、十勝、釧路、根室、北見、天塩(てしお)の10ヵ国が置かれ、後に千島が加わり、11ヵ国になった。

Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • ツーリングマップル 2021

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2021年9月号
    8月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • Takashi Kasori チャンネル

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税