カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ジクサー150分割日本一周[188]

投稿日:2021年5月10日

北海道一周編 6(2020年4月11日)

北海道遺産めぐりの「北海道一周」

函館駅から「函館探訪」開始

函館駅から「函館探訪」開始

函館の朝市を歩く

函館の朝市を歩く

 函館駅から「函館探訪」を開始。ジクサー150を駐車場に止めると、まずは「函館朝市」を見てまわる。そのあと「どんぶり屋」で朝食。「サーモン丼」を食べた。サーモンが丼飯を埋め尽くしている。「サーモン丼」のうまさもさることながら、「これはサービスよ」といって出した「ジャガイモとホタテのバター揚げ」はメチャウマ。ジャガイモとホタテとバターという北海道の味がミックスされたうまさだった。

「北海道一周」の第1食目となる函館では、どうしても「サケ」を食べたかった。サケは「北海道遺産」になっている。

タラバガニや毛ガニ、イクラ、タコ、たらこ、松前漬、塩辛、ぼたん焼…を売っているこちらはエビ、カキ、ホッキ、アワビ、ウニ、ホタテ…と多種多様函館朝市の「どんぶり屋」で朝食

タラバガニや毛ガニ、イクラ、タコ、たらこ、松前漬、塩辛、ぼたん焼…を売っている こちらはエビ、カキ、ホッキ、アワビ、ウニ、ホタテ…と多種多様 函館朝市の「どんぶり屋」で朝食

「どんぶり屋」の各種丼メニュー「どんぶり屋」の「サーモン丼」「サービスよ」といって出してくれた「ジャガイモとホタテのバター揚げ」

「どんぶり屋」の各種丼メニュー 「どんぶり屋」の「サーモン丼」 「サービスよ」といって出してくれた「ジャガイモとホタテのバター揚げ」

 2009年の「60代編日本一周」の第2部では、カソリングでも連載したように「北海道遺産めぐり」をした。その時点での北海道遺産は全部で52件だった。その後、2018年に新たに15件が選定され、今では67件になっている。その新たに選定された15件を今回の「北海道一周」で見てまわりたいのだ。

 ということで、2001年、2004年、そして2018年と、3度にわたって選定された「北海道遺産」の一覧を見ていただこう。

北海道遺産一覧

第1回選定分(2001年10月22日公表)26件
 稚内港北防波堤ドーム – 稚内市
 留萌のニシン街道
 (佐賀番屋、旧花田家番屋、岡田屋と生活文化)- 留萌地域
 増毛の歴史的建造群
 (駅前の歴史的建造群と増毛小学校) – 増毛町
 空知の炭鉱関連施設と生活文化 – 空知地域
 石狩川 – 流域48市町村
 北海道大学 札幌農学校第2農場 – 札幌市
 小樽みなとと防波堤 – 小樽市
 京極のふきだし湧水 – 京極町
 昭和新山国際雪合戦大会 – 壮瞥町
 内浦湾沿岸の縄文文化遺跡群 – 南茅部町(現函館市)
 姥神大神宮渡御祭と江差追分 – 江差町
 上ノ国の中世の館(たて) – 上ノ国町
 福山(松前)城と寺町 – 松前町
 函館山と砲台跡 – 函館市
 路面電車 – 函館市、札幌市
 (「札幌市電」、「函館市企業局交通部」を参照)
 螺湾(らわん)ブキ – 足寄町
 旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群 – 上士幌町
 霧多布湿原 – 浜中町
 摩周湖 – 弟子屈町
 根釧台地の格子状防風林 – 中標津町、別海町、標津町、標茶町
 ワッカ/小清水原生花園 – 常呂町(現北見市)、小清水町
 ピアソン記念館 – 北見市
 アイヌ語地名
 アイヌ文様
 北海道のラーメン

第2回選定分(2004年10月22日公表)26件
 旭橋 – 旭川市
 雨竜沼湿原 – 雨竜町
 江別のれんが – 江別市
 開拓使時代の洋風建築(時計台、豊平館、清華亭) – 札幌市
 札幌苗穂地区の工場・記念館群 – 札幌市
 函館西部地区の街並み – 函館市
 五稜郭と箱館戦争の遺構 – 函館市
 静内二十間道路の桜並木 – 新ひだか町
 積丹半島と神威岬 – 積丹半島
 森林鉄道蒸気機関車「雨宮21号」 – 丸瀬布町(現遠軽町)
 スキーとニセコ連峰 – ニセコ地域
 宗谷丘陵の周氷河地形 – 稚内市
 土の博物館「土の館」 – 上富良野町
 ニッカウヰスキー余市蒸溜所 – 余市町
 野付半島と打瀬舟 – 別海町、標津町
 登別温泉地獄谷 – 登別市
 北限のブナ林 – 黒松内町
 北海幹線用水路 – 空知地方
 モール温泉 – 音更町、幕別町
 オホーツク沿岸の古代遺跡群 – 網走地方
 流氷とガリンコ号 – 紋別市
 天塩川 – 流域13市町村
 アイヌ口承文芸
 屯田兵村と兵屋
 サケの文化 – 北海道各地
 ジンギスカン
 北海道の馬文化
 (ばんえい競走、日高地方が主産地のサラブレッド)

第3回選定分(2018年11月2日公表)15件
 利尻島の漁業遺産群と生活文化
 旭川家具 – 旭川市
 三浦綾子記念文学館と外国樹種見本林 – 旭川市
 増毛山道と濃昼山道
 北海道の集治監(樺戸、空知、釧路、網走、十勝)
 小樽の鉄道遺産(小樽市総合博物館、旧手宮線廃線跡)- 小樽市
 大友亀太郎の事績と大友堀遺構 – 札幌市
 パシフィック・ミュージック・フェスティバル(PMF)- 札幌市
 札幌軟石 – 札幌市
 蝦夷三官寺(有珠善光寺、様似等?院、厚岸国泰寺)
 しかべ間歇泉 – 鹿部町
 むかわ町穂別の古生物化石群
 北海道の簡易軌道
 千島桜
 松浦武四郎による蝦夷地踏査の足跡

Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • ツーリングマップル 2021

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2021年11月号
    10月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • Takashi Kasori チャンネル

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税