カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ジクサー150分割日本一周[159]

投稿日:2021年4月2日

東北一周編 45(2017年7月24日)

義経北行伝説の地「三厩」へ

三厩に到着

三厩に到着

JR津軽線の終点、三厩駅

JR津軽線の終点、三厩駅

蟹田行の列車

蟹田行の列車

鉄路はここで途切れる

鉄路はここで途切れる

三厩駅の時刻表

三厩駅の時刻表

三厩の案内図

三厩の案内図

外ヶ浜町の案内図

外ヶ浜町の案内図

 今別から三厩へ。

 奥州街道(松前街道)終点の三厩に到着すると、まずはJR津軽線の終着駅、三厩駅に行く。蟹田行きの2両編成の列車が停車していた。つづいて三厩魚港へ。漁港前には「松前街道終点」の碑が建っている。しかし、松前街道は三厩が終点ではなく、さらに海路で蝦夷地の松前に通じているのだ。

「松前街道終点」の碑に隣りあって、「源義経渡道之地」碑が建っている。そこには「源義経龍神塔」と「静御前龍神塔」。源義経と静御前は神としてまつられている。断崖上には義経寺がある。

 さらに津軽海峡を渡った北海道・日高の平取には義経神社がある。義経はここでは「競馬の神様」になっている。東北でも北海道でも、義経・弁慶の主従は神として崇め奉られているが、これはいったいどういうことなのか。

 平家を打ち破り、源氏に大勝利をもたらした源義経は、兄頼朝の反感をかって都を追われた。義経は弁慶を従え、命がけで奥州・平泉に逃げ落ち、奥州の雄、藤原氏三代目の秀衡の庇護を受けた。しかし頼朝の義経追求の手は厳しさを増した。

 秀衡の死後、その子泰衡は頼朝を恐れ、義経一家が居を構えていた北上川を見下ろす高館を急襲。弁慶は無数の矢を射られ、仁王立ちになって死んだ。義経は妻子とともに自害した。頼朝の平泉攻撃の3ヵ月前、文治5年(1189年)4月30日のことだった。

 こうして悲劇の英雄、源義経は、奥州・平泉の地で最期をとげたことになっている。だが、なんとも不思議なことに平泉以北の東北各地には、義経・弁慶の主従が北へ、北へと逃げのびていったという「義経北行伝説」の地が点々とつづいているのだ。

 それは義経や弁慶をまつる神社や寺だったり、義経と弁慶が泊まったという民家だったり、義経と弁慶が入った風呂だったり…。その「義経北行伝説」の地を結んでいくと、1本のきれいな線になって北上山地を越え、三陸海岸から八戸、青森、そして津軽半島の三厩へとつづいている。

 三厩には「義経北行伝説」の「厩石」がある。

 蝦夷地を望むこの地までやってきた義経一行は、荒れ狂う津軽海峡に行く手を阻まれてしまった。そこで義経は海岸の奇岩の上に座って3日3晩、観音に海峡の波風を鎮めてくれるよう一心に祈願した。すると満願の暁に白髪の翁が現れ、「3頭の龍馬を与えよう。これに乗って海峡を渡るがよい」と言って消えた。奇岩から降りると、岩穴には3頭の龍馬が繋がれていた。海は鎮まり、波ひとつなかった。義経一行は3頭の龍馬に乗り、蝦夷地に渡ることができた。

 それ以降、この奇岩を「厩石」、この地を「三厩」と呼ぶようになったという。

 三厩までやって来るとこの地が街道の終点ではなく、さらに北へ、北へと延びていることがよくわかる。「義経北行伝説」はそれを証明しているようなものだ。三厩漁港の岸壁に立っていると、遙かな北の世界に胸を躍らせてしまう。

 国道280号も三厩が終点ではなく、北海道に渡り、福島から知内、木古内を通り、函館が終点になっている。「福島〜函館」間は、国道228号との重複区間になっている。

奥州街道の三厩宿を行く三厩漁港「松前街道終点之地」碑

奥州街道の三厩宿を行く 三厩漁港 「松前街道終点之地」碑

「源義経渡道之地」碑三厩の義経寺三厩の厩石

「源義経渡道之地」碑 三厩の義経寺 三厩の厩石

Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • ツーリングマップル 2021

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2021年9月号
    8月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • Takashi Kasori チャンネル

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税