カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

『地平線通信』(第28回目)(2012年3月号より)

投稿日:2021年3月8日

東北の復興をずっと見続けていきたい!

●2月の報告会では江本嘉伸さん、渡辺哲さんとともに前に出て話をさせてもらいました。渡辺さんはこの日のために、わざわざ休みをとって福島県のいわき市から来てくれたのです。感謝、感謝。間もなく東日本大震災から1年ということで現地の様子、福島県の太平洋側の「浜通り」が話題の中心になりました。東京電力福島第1原子力発電所の爆発事故で2重苦、3重苦にあえぐ浜通りですが、原発爆発事故の20キロ圏内ということで、いまだに楢葉町の自宅に戻れない渡辺さんの話には胸が痛くなってしまいました。●2月の報告会の2週間前に、江本さんと一緒にいわき市に行きました。じつは3月の報告会をいわき市で開催したいという江本さんの強い意向があったからです。この1泊2日の「いわき市」は忘れられないものになりました。江本さんを車に乗せて行ったのですが、常磐道で一気に東北に入るのではなく、いわき勿来ICのひとつ手前、関東側の北茨城ICで高速道を降り、大津漁港に行きました。そこでは大地震直後のような惨状を見ました。大津漁港は大津波以上に、大地震にやられていたのです。ぼくは昨年(2011年)、何度となくバイクを走らせ、東北の太平洋岸の全域を見てまわりましたが、このような復興とは縁遠い関東側の被災地を見ていなかったのです。●東北太平洋岸最南端の鵜ノ子岬からは、東北の太平洋岸を見てまわりました。いわき市最大の漁港、小名浜漁港には活気が戻り始めていました。東北最大の水族館「アクアマリン」は奇跡の復活をとげ、かつての人気スポット「いわき・ら・ら・ミュウ」も再開し、そこそこの人を集めて海産物を売っていました。「市場食堂」も店舗を新しくして営業を開始していました。ところが漁港の岸壁で漁師さんたちの話を聞いたとたんに暗い気持ちになります。魚市場は再開されたのですが、水揚げされる魚はほとんどない状態だといいます。小名浜港に水揚げされたというだけで、まったく買い手がつかないのです。風評被害のあまりの大きさに、いいようのない怒りがこみあげてくるのでした。●小名浜から太平洋岸を北上し、大津波で集落が全滅した豊間や薄磯を通り、松林のつづく新舞子浜へ。ここには四倉舞子温泉の温泉旅館「よこ川荘」があります。じつは3月の報告会はここでやろうという話が進んでいたのです。大広間には舞台があり、50人くらいが入れます。「よこ川荘」も大津波で激しくやられましたが、おかみさんの獅子奮迅の活躍で宿の再開へとこぎつけました。そんなおかみさんのお話も聞かせてもらえるし、宿を拠点にして大津波に襲われた被災地を見てまわることもできます。しかし残念ながら、災害復興工事関係の長期滞在者で満室状態がつづいていました。それを知って江本さんは残念がるそぶりも見せず、3月の報告会のいわき市での開催を断念したのです。●その夜はいわき駅前のホテルに泊まりましたが、渡辺哲さんと渡辺さんの弟さんが来てくれました。いわき駅近くの居酒屋に行き、飲みながらお2人の話を聞かせてもらいました。楢葉町役場職員の弟さんの話は印象深いものでした。大地震発生から1ヵ月ほどの間の詳細は、後世に残さなくてはならないものだと強く感じました。楢葉の町役場は会津美里町に移され、町民はいわき市をはじめとして各地に避難しました。そのため楢葉町はバラバラの状態になってしまったのです。原発事故の影響の大さを改めて思い知らされました。原発の爆発事故さえなかったら…。その翌日は渡辺哲さんの案内でいわき市内をまわりました。●ぼくは東日本大震災1年後の3月11日には、東北太平洋岸の全域を見てまわる「鵜ノ子岬→尻屋崎」に出発します。11日の夜は東北太平洋岸最南端、鵜ノ子岬の勿来漁港で野宿する予定です。そこへ渡辺哲さんは来てくれるといいます。昨年(2011年)の東日本大震災2ヵ月後、5月11日の夜の再現です。渡辺さんとは東日本大震災の1年後をおおいに語ろうと思っています。東北の被災地の復興は大変なことです。復興の手かせ足かせになっている瓦礫撤去ひとつをとってみても、その受け入れにはあちこちで「絶対反対!」の嵐が吹き荒れています。東北の復興はこれから先、5年、10年…と、息の長い長期戦になりますが、その復興していく東北の姿をこれからもずっと見つづけていきたいと思っています。(賀曽利隆)

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    タンデムスタイル No.228
    3月24日発売

    賀曽利隆の分割日本一周


    モトチャンプ 2021年5月号
    4月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー


    アンダー400 No.87
    3月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド
    房総編

  • ツーリングマップル 2021

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 短期集中連載「東日本大震災」

    まもなく10年目の3・11を迎えます。2011年3月11日に発生した「東日本大震災」の直後から、ぼくはいたたまれないような気持ちで、「地平線通信」に毎月のように書きました。それら一連の「東日本大震災」の関連原稿をお読みください。それを通して当時の状況が伝われば幸いです。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up