カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ジクサー150分割日本一周[146]

投稿日:2021年2月28日

東北一周編 32(2017年7月23日)

土砂降りの雨

八戸駅前の「東横イン」を出発。土砂降りの雨…

八戸駅前の「東横イン」を出発。土砂降りの雨…

淋代海岸の「ミスビードル号」の模型

淋代海岸の「ミスビードル号」の模型

泊の「サークルK」で朝食

泊の「サークルK」で朝食

「サークルK」の「幕の内弁当」を食べる

「サークルK」の「幕の内弁当」を食べる

津軽海峡沿いの県道6号に出た

津軽海峡沿いの県道6号に出た

 2017年7月23日5時、八戸駅前の「東横イン」を出発。土砂降りの雨。ジクサー150を走らせ、国道45号でおいらせ町へ。おいらせ町からは国道338号を行く。三沢市に入ると、雨は上がった。

 まずは三沢漁港に寄っていく。漁港はすっかり整備され、東日本大震災の大津波の痕跡はもう見られない。三沢漁港を襲った大津波は高さ7メートルに達した。三沢漁港が東日本大震災の大津波で大被害を出した最北の地といっていい。

 次に「太平洋無着陸横断記念碑」の建つ淋代海岸へ。その名の通りの淋し気な砂浜がつづく。昭和6年(1931年)10月4日、ここから「ミスビードル号」はアメリカの西海岸を目指して飛び立った。アメリカ人のクライド・E・バングボーンとヒュー・ハーンドーン・ジュニアの乗ったベランカ単葉機の「ミスビードル号」は2日後、アメリカ西海岸シアトル東方のウェナッチ飛行場に着陸。史上初の太平洋無着陸横断飛行を成功させた。飛行距離7847キロ、飛行時間41時間10分、平均飛行速度は191キロだった。「ミスビードル号記念広場」には太平洋展望塔が建ち、その下には「ミスビードル号」の模型が展示されている。これは2代目。初代は東日本大震災の大津波で流されてしまったが、三沢市の対応はじつにすばやく、翌年には「ミスビードル号」は復元された。

 三沢市から六ケ所村に入ると、また雨が降り出した。小川原湖から流れ出る高瀬川が三沢市と六ケ所村の境になっている。六ケ所村からは下北半島を北上。泊の「サークルK」で朝食。ザーザー降りの雨を見ながら「幕の内弁当」を食べた。

 六ケ所村から東通村に入る。東北電力の東通原子力発電所の入口を通り、東京電力の東通原子力発電所建設現場を過ぎたところで、国道338号から県道248号を行く。2車線の快走路。交通量はほとんどない。尻屋崎を目指して一気に走り、津軽海峡沿いの県道6号に出た。

 このT字の交差点を右へ。三菱マテリアルのセメント工場の前を通り、第48番目の岬、尻屋崎の入口に到着。雨が降りつづいている。ゲートを通り抜け、尻屋崎突端の尻屋埼灯台の前でジクサー150を止めた。

尻屋崎の入口に到着尻屋崎のゲート尻屋崎突端の尻屋埼灯台

尻屋崎の入口に到着 尻屋崎のゲート 尻屋崎突端の尻屋埼灯台

Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • ツーリングマップル 2021

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2021年9月号
    8月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • Takashi Kasori チャンネル

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税