カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

『地平線通信』(第19回目)(2019年1月号より)

投稿日:2021年1月25日

カソリと日本一周

●みなさ〜ん、すっかりごぶさたしました。地平線会議の「40年祭」は盛大にやりましょうといっておきながら、何らかかわれず、参加することもできず、ほうんとうに申し訳なく思っています。大盛況のうちに終わったと聞いてホッとしています。●昨年の『地平線通信』(1月号)でもお伝えしたように、70歳の誕生日を期して出発した「賀曽利隆の70代編日本一周」をつづけていたからなのです。おかげさまで、昨年末の12月31日をもって、終了させることができました。最後は、最初と同じ、「伊豆半島一周」です。2018年12月31日21時15分に東京・日本橋にゴール。その瞬間、2017年9月1日に日本橋をスタートしたシーンがよみがえり、胸がジーンとしてくるのでした。●「70代編日本一周」の相棒、Vストローム250のメーターは81626キロを表示していました。この走行距離は2017年8月1日〜8月31日の「日本一周プレラン」(4174キロ)、9月1日〜12月17日の「日本一周・第1部」(25296キロ)、2017年12月20日〜1918年12月31日の「日本一周・第2部」を合わせたものです。そのほかに、『ツーリングマップル東北2019年版』の表紙撮影&実走取材で使用したVストローム1号(7328キロ)、2万キロごとのタイヤ交換やチェーン、スプロケット等の交換時に用意してもらったVストローム2号(685キロ)、Vストローム3号(3752キロ)がありますので、全部で4台のVストローム250で成しとげた「日本一周」。全走行距離は93391キロになりました。10万キロに到達しなかったのはちょっと残念です。●「賀曽利隆の70代編日本一周」第2部の「テーマ編」は、第1部を終えた直後の2017年12月20に開始しました。「1年365日、毎日、バイクに乗ってやる!」という意気込みでスタートさせました。12月20日の浜松往復を皮切りに、峠越え(ヤビツ峠)、伊勢原探訪、三浦半島一周、江ノ島探訪、峠越え(朝比奈峠)、大楠山登頂(三浦半島最高峰)、箱根スカイライン、伊豆スカイライン、大山登頂、大山街道(田村道)と一日の休みもなくバイクを走らせました。●2018年に入っても1月1日の元日ツーリング(初詣、初日の出、初富士、相模の神社めぐり)を皮切りに富士山一周、伊豆半島一周、東京探訪(江戸城)、峠越え(正丸峠)、高麗山登頂、小田原探訪、峠越え(箱根峠)、峠越え(足柄峠)、大山街道(矢倉沢街道)、安房国探訪、弘法山登頂、峠越え(山伏峠・道志村)、峠越え(雛鶴峠)、真鶴探訪、街道を行く(東海道・平塚宿→日本橋)、東京探訪(品川宿)、街道を行く(東海道・沼津宿→府中宿)、大山街道(二宮道)、相模川探訪(河口→昭和橋)、相模川探訪(昭和橋→小倉橋)、峠越え(篠窪峠)、国道走破行(東京〜横浜間の超短国道)、相模川探訪(小倉橋→日連大橋)、相模川探訪(日連大橋→山中湖)、新東名厚木南IC(15時に開通)、峠越え(鶴峠)、峠越え(小仏峠)、峠越え(高麗峠)と、やはり1月も1日も休むことなくバイクを走らせました。●このようにして2月以降も、「峠越え」や「温泉めぐり」、「岬めぐり」、「街道を行く!」、「林道走破行」、「島めぐり」など様々なテーマで日本を駆けめぐりました。中でも特筆すべきなのは「鵜ノ子岬→尻屋崎」です。東日本大震災の発生した3月11日に、我がライフワークにもなっている「鵜ノ子岬→尻屋崎」に出発しました。鵜ノ子岬は東北太平洋岸最南の岬、尻屋崎は東北太平洋岸最北の岬。「鵜ノ子岬→尻屋崎」を走ることによって、東日本大震災の大津波で大きな被害を受けた東北太平洋岸の全域を見てまわれるのです。ということで始めた「鵜ノ子岬→尻屋崎」も今回が第20回目。東北太平洋岸の変わりゆく姿を見ています。●「12345678910ツーリング」も忘れられません。日本の幹線国道の国道1号から国道10号までの国道走破行です。国道1号→国道2号→国道3号で「東京→鹿児島」を走り、国道10号→国道9号→国道8号、さらには国道17号で「鹿児島→東京」を走りました。つづいて国道4号→国道5号で「東京→札幌」を走り、青森に戻ると、国道45号経由で「仙台→東京」の国道6号を走りました。最後の国道7号は東京から国道4号で青森まで行き、「青森→新潟」の国道7号を走り、国道17号で東京に戻ってきたのです。毎年、恒例の「東京→青森・林道走破行」もやりました。全部で20本の林道を走り、ダート距離の合計は160・1キロになりました。●我が旅人生は1968年4月12日に旅立った「アフリカ一周」に始まります。カソリ、20歳の旅立ちでした。日本に帰ってきたときは22歳になっていましたが、「こんなにおもしろいことはない。これからはバイクで世界を駆けまわるぞ!」と、22歳の誓いをたてたのです。その「22歳の誓い」どおりにというか、「アフリカ一周」にひきつづいて、「世界一周」、「六大陸周遊」で世界を駆けめぐったのです。20代の世界旅は超貧乏旅行の連続で、基本は宿泊費ゼロ。1000夜以上の野宿をしました。●ぼくが日本に目を向けたのは20代も後半になってからのことです。そのときに、日本をテーマで見ていこうと思いたち、「峠越え」や「温泉めぐり」、「岬めぐり」などをテーマにして日本を走り始めたのです。「日本一周」も日本を見るためのテーマのひとつでした。30代は日本に夢中になりました。40代、50代は日本と世界をキャッチボールするような感じで、日本を見た目で世界を見る、世界を見た目で日本を見る、それをくりかえしました。60代以降は日本に重点をおいた旅をつづけています。●下記のカソリの「日本一周一覧」を見ていただきたいのですが、ぼくにとっての最初の「日本一周」は30代編でした。今となっては20代編をやっておけばよかったと悔やむ気持ちもあります。30代編日本一周にひきつづいて40代編、50代編、60代編、70代編と「年代編」の「日本一周」をつづけました。その間には「島めぐり日本一周」、「温泉めぐり日本一周」、「林道日本一周」の「テーマ編日本一周」があります。●10年ごとの「年代編日本一周」はまさに我が人生の節目を見るかのようです。「30代編日本一周」は妻と生後10ヵ月の赤ん坊を連れての「シベリア横断→サハラ縦断」から帰ったあとのことでした。2人目の子供が誕生したのを見届けると、家にあった10万円を旅の資金にし、妻には「わるいな、それでは行ってくるからな」と言い残して旅立ちました。全費用10万円の日本一周なので、全泊野宿でした。「40代編日本一周」は出発直前に胸の腫瘍がみつかり、「あー、我が人生もこれで終わりか…」と、暗い気分で旅立ちました。●それからの10年間は「死の恐怖」に怯える毎日。40代の後半になって胸の腫瘍を除去してもらったときは、「これでまだ大丈夫!」と生き返るような思いでした。「50代編日本一周」の出発は1年、送らせました。何と50代に突入してまもなく心臓発作に見舞われ、家の階段も登れなくなってしまったのです。なんとかバイクに乗れるくらいまで回復したあとは、重度の不整脈に見舞われました。医師にはまるで人ごとのように、「よくこれで普通の生活が送れますね」といわれたほど。●そんな不整脈を抱えての旅立ちでしたが、日本橋を旅立ってから13日目、四国の四万十川沿いの道を走っているときに、不整脈はピタッと止まったのです。病院では治せなかった不整脈がバイクで治ったのです。それから20年間、不整脈は一度も出ていませんし、心臓発作の再発もありません。●「60代編日本一周」は「還暦」との戦い。還暦が重い重圧となって、のしかかってきました。それを乗り越えたとき、新たな地平が目の前に開けていました。「そうだ、還暦だから元に戻れるのだ、自分の原点は20歳。20歳に戻ろう!」と思ったときの気持ちの軽さは今でも忘れられません。そして「70代編日本一周」ですが、まさに「老いとの戦い」。日々、迫りくる老いとの戦いの連続を乗り越えたとき、「よーし、これでまだできる、今度は80代編日本一周を目指そう!」という気持ちになるのでした。みなさん、ぜひとも1月29日の地平線会議の報告会にはおいでください。カソリの「日本一周」を語り尽くしたいと思っています。(賀曽利隆)

2018年12月31日、東京・日本橋に到着。これにて「70代編日本一周」、終了。2年間で93391キロを走った

2018年12月31日、東京・日本橋に到着。これにて「70代編日本一周」、終了。2年間で93391キロを走った

■賀曽利隆の「日本一周」一覧■
[01]30代編日本一周
   1978年8月28日〜1978年11月16日(64日)
   「東日本編」「西日本編」の2分割
   スズキ・ハスラーTS50(空冷) 18981キロ
[02]40代編日本一周
   1989年8月17日〜1989年11月16日(92日)
   スズキ・ハスラーTS50(水冷) 18984キロ
[03]50代編日本一周
   1999年4月1日〜1999年10月29日(122日)
   「西日本編」「東日本編」の2分割
   スズキDJEBEL250GPS 38571キロ
[04]島めぐり日本一周
   2001年3月22日〜2002年4月22日(154日)
   「伊豆諸島・小笠原諸島編」「本州東部編」「北海道編」
   「本州西部編」「四国編」「九州編」「沖縄編」の8分割
   スズキSMX50、スズキ・バーディー90 23692キロ
[05]温泉めぐり日本一周
   2006年11月1日〜2007年10月31日(296日)
   「関東編」「甲信編」「本州西部編」「四国編」
   「九州編」「本州東部編」「北海道編」「伊豆諸島編」の8分割
   関東編   スズキGSR400
   甲信編   スズキST250
   本州西部編 スズキDJEBEL250XC
   四国編   スズキスカイウェイブ400
   九州編   スズキ・バンディット1250S
   本州東部編 スズキDR−Z400S
   北海道編  スズキDR−Z400SM
   伊豆諸島編 スズキ・アドレスG125V
   60719キロ
[06]60代編日本一周(第1部)
   2008年10月1日〜2008年12月27日(80日)
   「西日本編」「東日本編」の2分割
   スズキ・アドレスV125G 19961キロ
[07]60代編日本一周(第2部)
   2009年4月1日〜2009年10月28日(151日)
   「四国八十八ヵ所めぐり」 スズキ・アドレスV125G
   「日本百観音霊場めぐり」 スズキ・アドレスV125G
   「奥の細道紀行」     スズキST250
   「東北四端紀行」     スズキDR−Z400S
   「奥州街道を行く!」   スズキDR−Z400S
   「北海道遺産めぐり」   スズキDR−Z400S
   41609キロ
[08]林道日本一周
   2010年5月12日〜2010年9月10日(78日)
   「西日本編」「東日本編」の2分割
   スズキDR−Z400S、スズキ・ビッグボーイ 28208キロ
[09]70代編日本一周(第1部)
   2017年9月1日〜2017年12月17日(93日)
   「東日本編」「西日本編」の2分割
   スズキVストローム250 25296キロ
   「日本一周プレラン」
   2017年8月1日〜2017年8月31日
   スズキVストローム250 4174キロ
[10]70代編日本一周(第2部)
   2017年12月20日〜2018年12月31日
   テーマ編の日本一周
   スズキVストローム250 63648キロ

Comments

Comments are closed.

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2021年3月号
    2月5日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー


    タンデムスタイル No.227
    2月24日発売

    賀曽利隆の分割日本一周
    中部編


    アンダー400 No.86
    1月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド
    西伊豆編

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 関連サイト

  • サポーターサイト

Scroll Up