カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

『地平線通信』(第18回目)(2018年1月号より)

投稿日:2021年1月24日

爆走!! 70代編日本一周

●みなさ〜ん、あけましておめでとうございます。お正月はいかがお過ごしでしたか。ぼくは昨年の9月1日に「70代編日本一周」に出発しました。この日が70歳の誕生日。初めての日本一周は「30代編日本一周」でしたので、今回はそれから40年目ということになります。地平線会議も今年は「40年祭」をやるので、我ながら「ちょうどよかったな」と思っています。地平線会議の「40年祭」はおおいに盛り上げましょうね。●今回の日本一周はすでにみなさんにお伝えしたように、東日本編(9月1日〜10月15日)と西日本編(10月30日〜12月17日)の2分割でまわりました。日本列島の海岸線をメインコースにして、何ヵ所かで内陸に入っていくループのルートを織り交ぜながらまわりました。日本の全都道府県、全都道府県庁所在地に足を踏み入れました。さらに日本の全国(68国)にも足を踏み入れたのです。●スズキの250ccバイク、Vストローム250で、全行程2万5296キロを走りました。地球半周分以上のこの数字からもわかるように、日本という国の広さを実感できました。日本列島は南北に細長いし、東西にも広いのです。その広さを感じられるのが「日本一周」の魅力です。12月に入ってから沖縄に渡りましたが、朝の気温は20度、そのとき北海道では氷点下10度のところがありました。同じ時間で気温が30度も違うのです。●「日本一周」でうれしいのは、各地でいろいろな人に出会えたことです。北海道の豊富町では「田中雄二郎牧場」を訪ねました。田中雄二郎さんは地平線会議の三輪先生の教え子ですが、ますます精悍な顔つきになっていました。ぼくが初めて田中雄二郎牧場を訪ねたのは「40代編日本一周」の時です。その時、牧場は音威子府にありました。あおちゃん、雄馬くん、真生くんと3人の小さなお子さんをかかえて雄二郎さん夫妻は大奮闘していました。その後、田中家の子供たちは全部で6人になりましたが、30年たって末っ子の晴大君以外はみなさんが成人になっています。6人の子供たちを育てながらの牧場経営はさぞかし大変なことだったと思います。●山陰の江津市では曹洞宗の古刹、日笠寺を訪ねました。この寺の住職は山崎禅雄さん。民俗学者の宮本常一先生がおつくりになった日本観光文化研究所(観文研)の先輩で、ながらく『あるくみるきく』の編集長をしていました。観文研時代はよく山崎さんとレンタカーを走らせて日本各地をまわったものです。●40年前の「30代編日本一周」の時には日笠寺には泊めてもらい、山崎さんのお母さんには夕食にサトイモやゴボウ、レンコンなどの入ったオニシメ(煮しめ)をつくってもらいました。大皿に盛られたオニシメをたいらげ、お母さんを驚かせたのがなつかしい思い出です。日笠寺は当時は桜江町でしたが、今は平成の大合併で江津市になり、江川沿いに走るJR三江線もまもなく廃線です。●宮本常一先生のご郷里の周防大島は、我が「日本一周」の聖地巡礼のようなもので、「日本一周」のたびに訪ねています。「宮本常一記念館」を見学したあと、宮本先生のご子息の光さんに会いました。名産のサツマイモ「東和きんとき」の収穫で忙しかったのにもかかわらず、手を休めてくれました。それのみならず、東和きんときの焼きいものおみやげまで持たせてくれました。●「30代編日本一周」の時には宮本家で泊めてもらい、光さん夫妻と一緒になってミカン園での農作業の手伝いをしたのですが、それが今となっては何ともなつかしい思い出です。宮本先生のご郷里は「30代編日本一周」の時には東和町でしたが、今では周防大島の4町が合併して周防大島町になっています。●今回の「70代編日本一周」ではスマホを使って、ツイッターで発信しました。それを見た多くのみなさんが、日本各地でぼくのことを待ち構えていました。その数は100人以上。北海道の天塩川の河口で会ったドミンゴ高田さんは栃木県佐野市の焼肉店の店主ですが、どうしても北海道でカソリを捕獲したいと、1000キロ以上もの距離を走って来てくれました。●神奈川県茅ケ崎市の茅ケ崎さんは750キロ走って四国の宇和島でカソリを捕獲。そのあと3日間、四国を一緒に走りました。神奈川県相模原市の女性温泉家ゆーゆーさんは500キロ以上も走って紀伊長島でカソリを捕獲。みなさん、500キロ、1000キロという距離をものともせずに来てくれたのですが、このようなうれしい出会いもありました。●こうして12月17日で終わったカソリの「70代編日本一周」ですが、すぐさま、第2部を開始しました。12月21日の丹沢の「ヤビツ峠越え」に始まり、「三浦半島一周」、「江ノ島探訪」、鎌倉の「朝比奈峠越え」、三浦半島の最高峰「大楠山登頂」、「箱根スカイライン」、「伊豆スカイライン」、「大山登頂」、「大山街道」と。新年になってからは初詣、初日の出、初富士、相模の神社めぐりの「元日ツーリング」に始まり、「富士山一周」、「東京探訪」とつづき、昨日(1月5日)は「伊豆半島一周」に行ってきました。今年一年は12月31日まで、さまざまなテーマで日本中を駆けめぐろうと思っています。(賀曽利隆)

2017年9月1日、「70代編日本一周」に出発。この日はカソリの70歳の誕生日。東京・日本橋からVストローム250で気分を高揚させて走りだした

2017年9月1日、「70代編日本一周」に出発。この日はカソリの70歳の誕生日。東京・日本橋からVストローム250で気分を高揚させて走りだした

Comments

Comments are closed.

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2021年3月号
    2月5日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー


    タンデムスタイル No.227
    2月24日発売

    賀曽利隆の分割日本一周
    中部編


    アンダー400 No.86
    1月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド
    西伊豆編

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 関連サイト

  • サポーターサイト

Scroll Up