カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

『地平線通信』(第3回目)(2009年10月号より)

投稿日:2021年1月6日

カソリのチベット横断報告

●この半年あまりというもの、ほとんど家にいなかったので、地平線会議の報告会にも行けませんでした…。シール・エミコさんの2008年2月29日の報告会が大きなきっかけとなった「チベット横断」には、7月1日に出発しました。北京から西安へ。西安から中国製のバイクで蘭州→嘉峪関→敦煌とシルクロードを走り、敦煌からチベット高原に向かっていきました。●西安を出発してから9日目、青海省のゴルムドに到着。ここから青蔵公路(国道109号)でチベットのラサへ。その間では崑崙山脈を越えていきます。憧れの崑崙。標高4767メートルの崑崙峠に立ったときは、「おー、崑崙!」と、喜びを爆発させました。さらにそのあと、標高5010メートルの風火峠を越えたのです。いよいよ5000メートル級の峠越えの開始です。●風火峠を下ったダダ(トト)では長江との出会いがありました。長江最上流部のダダ(トト)川にかかる青蔵公路の橋が、長江最初の橋ということになります。この夜は最悪。ダダの町の標高は4521メートル。「長江源賓館」に泊まったのですが、高山病にやられ、息苦しくてほとんど寝られませんでした。横になれないのです。仕方なくホテルのロビーのソファーに座っていました。この格好だと、すこしは楽に息ができるのです。●ダダを出ると、青海省とチベット自治区の境、標高5231メートルのタングラ峠を越えていきます。つづいて標高5170メートルの峠越え。高山病にすっかりやられてしまったので、何とも辛い峠越えとなりました。眠れない、食べられないという重度の高山病の状態でラサに到着すると、あまりの空気の濃さに驚かされました。高山病は一発で治り、普通に歩けるようになり、普通に食べられるようになり、普通に寝られるようになったのです。といってもラサの標高は3650メートル。富士山ぐらいの高さはあるのですが、4000メートル、5000メートルの世界から下ってくると、まるで天国のような低地に感じられたのです。●ラサからシガツェ、ラツェを経由し、標高5248メートルのギャムツォ峠を越えてチョモランマのベースキャンプへ。標高5000メートルのロンボク寺に泊まったのですが、その日の夕方、チョモランマにかかっていた雲はきれいにとり払われ、その全貌を見ることができたのです。モンスーンの季節でチョモランマを見るのはほとんど無理だといわれていただけに、もう狂喜乱舞で夕日を浴びたチョモランマを見つづけるのでした。●ティンリンで泊まった日の朝は快晴。目の前の平原の向こうには標高8201メートルのチョーユーが聳えたっていました。神々しいほどの山の姿。その左手には標高7952メートルのギャチュンカン。チョモランマも見えていますが、堂々としたチョーユー山群に圧倒され、ここでは脇役でしかありませんでした。●ティンリンからは標高8012メートルのシシャパンマへ。ヒマラヤ8000メートル峰の奇跡はさらにつづき、チベッタンブルーの抜けるような青空を背にしたシシャパンマの主峰を見ることができたのです。シシャパンマの大山塊を左手に見ながら走りつづけます。雪山の白さ、間近に見える氷河の白さはまぶしいほどでした。そして「チベット横断路」の新蔵公路(国道219号)のサガの町に出ました。●新疆ウイグル自治区とチベット(西蔵)を結ぶ新蔵公路は劇的に変りました。すっかり道がよくなっているのです。何本もの川には橋がかかり、川渡りをすることは一度もありませんでした。ヤルツァンポ川と別れ、標高5216メートルのマユム峠を越えると、聖山のカイラスが見え、聖湖のマナサロワールも見下せます。チベット西部のアリ地区に入ると、何と舗装路が延々とアリ(獅河泉)までつづいていました。●アリからは最後の5000メートル級の峠越え。崑崙山脈の標高5248メートルの界山峠を越え、チベットから新疆に入っていきました。K2の登山口のマザーを通り、4000メートル級、3000メートル級の2つの峠を越え、タクラマカン砂漠のオアシス、カルグリックへ。そこはチベット高原とはあまりにも違う世界。熱風の吹きすさぶ一望千里の大砂漠を走り抜けていくのでした。こうして西安を出発してから31日目の8月11日、中国最西端の町、カシュガルに到着。全行程7000キロの「チベット横断」、というよりも「中国横断」の旅でした。シール・エミコさん、おかげで「チベット横断」ルートを走り切ることができましたよ。●「チベット横断」から帰国するとすぐに「奥の細道紀行」に出発。東京から大垣まで約1ヵ月をかけ、250ccバイクのスズキST250で8600キロを走り、芭蕉の「奥の細道」の足跡をたどったのです。芭蕉の世界にひたる毎日にはたまらないものがありました。10月1日には「北海道遺産」をめぐる「北海道一周」に出発します。そのあとは「八重山諸島」、さらには今年2度目の中国の「上海→広州」へとつづきます。さー、行くぞー!(賀曽利隆)

前方にはヒマラヤ山脈の8000メートル峰のシシャパンマが見えている

▲前方にはヒマラヤ山脈の8000メートル峰のシシャパンマが見えている

Comments

Comments are closed.

  • ツーリングマップル 2021

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 短期集中連載「東日本大震災」

    まもなく10年目の3・11を迎えます。2011年3月11日に発生した「東日本大震災」の直後から、ぼくはいたたまれないような気持ちで、「地平線通信」に毎月のように書きました。それら一連の「東日本大震災」の関連原稿をお読みください。それを通して当時の状況が伝われば幸いです。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
  • 新刊紹介


    タンデムスタイル No.228
    3月24日発売

    賀曽利隆の分割日本一周


    モトチャンプ 2021年5月号
    4月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー


    アンダー400 No.87
    3月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド
    房総編

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up