カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

『地平線通信』

投稿日:2020年12月27日

『地平線通信』の500号達成、おめでとう!

地平線会議」の『地平線通信』が500号を達成しました。凄いことです。これを機に、あらためて『地平線通信』の第1号を見ています。

『地平線通信』はハガキ通信から始まりました。

「みなさん、お元気ですか。地平線通信というハガキ通信をスタートさせました。これから毎月、地平線通信をお送りします」という書き出しのハガキ通信でした。地平線会議の報告会の担当はカソリでしたので、ハガキ通信の担当もカソリがすることになりました。『地平線通信』の第1号がなつかしく思い出されます。ガリ版刷りのハガキ通信でした。150枚のハガキにコピーした宛名をのりで貼り付けて、深夜に投函し終えたときは感動しました。ハガキ代は当時は1枚20円。昭和54年10月16日のことでした。

『地平線通信』第1号の「10月の地平線会議 報告会のお知らせ」は次のようなものでした。

10月26日(金)PM6:30 アジア会館(青山一丁目) 
恵谷治さん(31才フリージャーナリスト早大探検部OB)
の「砂漠からサバンナへ。独立の戦火を追って」
ーアフリカの解放区は政治的ジャングルであったー
エリトリア解放戦線(ELF)、エリトリア人民解放戦線(EPLF)、サハラ人民解放戦線(ポリサリオ戦線)に通算4年をかけて潜入し、共に暮らした男の体験報告
会費500円

 今は亡き恵谷さんは、熱気に溢れた報告をしてくれました。恵谷さんの報告会は第2回目で、参加者は62人。31000円の収入になりました。これを機に地平線会議のゴム印(4300円)を作りました。ハガキ通信のハガキ代(150枚)が3000円、宛名コピー代が600円、会場費が5300円、マイク使用料が2000円、参加者のみなさんへの飲み物代が12000円で支出の合計は27200円。差し引き3800円を次回の報告会用に繰りこすことができました。恵谷さんへの謝礼は0円。それでも報告会を快く引き受けてくれた恵谷さんには感謝感謝感謝でした。

 じつは地平線会議の報告会の第1回目は、そのひと月前の9月28日でした。

 第1回目の報告会では三輪主彦さんに「アナトリア高原から」というテーマで話してもらい、恵谷さんのときと同じようにハガキ通信を出したのです。それは試験的なハガキ通信でした。まあ、それはおいて、あの「地平線通信第1号」がよくぞここまで続いたものだと感心しています。

これが『地平線通信』の第1号。何とも懐かしく思い出される

これが『地平線通信』の第1号。何とも懐かしく思い出される

Comments

Comments are closed.

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2021年3月号
    2月5日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー


    タンデムスタイル No.227
    2月24日発売

    賀曽利隆の分割日本一周
    中部編


    アンダー400 No.86
    1月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド
    西伊豆編

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 関連サイト

  • サポーターサイト

Scroll Up