カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ジクサー150分割日本一周[128]

投稿日:2020年11月22日

東北一周編 14(2017年7月20日)

陸奥の一宮「鹽竈神社」

塩釜の町に入っていく

塩釜の町に入っていく

鹽竈神社の案内図

鹽竈神社の案内図

鹽竈神社の鳥居

鹽竈神社の鳥居

鹽竈神社の表参道

鹽竈神社の表参道

 七ヶ浜半島を後にすると塩釜の町に入っていく。塩釜はライター泣かせの地名。市名は「塩竃」、JR東北本線の駅名は「塩釜」、JR仙石線の駅名は「西塩釜」、「本塩釜」、「東塩釜」、陸奥一宮の神社名は「鹽竈」だ。

 仙台の国分寺跡、多賀城の国府跡と総社をめぐった陸奥の「国府めぐり」の最後に、塩釜の陸奥一宮の鹽竈神社を参拝する。塩釜は鹽竈神社の門前町、陸奥国府の港町として発展した。

 豪壮な造りの楼門をくぐり抜けて鹽竈神社を参拝。拝殿の右側が左宮、右側が右宮になっている。さらに別宮がある。左宮には武甕槌(たけみかづち)神、右宮には経津主(ふつぬし)神、別宮には塩土老翁(しおづちのおじ)神が祀られている。塩土老翁神は塩の神で、全国に製塩を伝えたという。鹽竈神社の末社の御釜社には塩土老翁神が塩を焼いたという円形の平たい釜がある。これぞ「塩釜」だ。

 鹽竈神社につづいて志波彦神社を参拝し、境内の茶店で名物の「三色団子」を食べるのだった。

鹽竈神社の楼門鹽竈神社の拝殿鹽竈神社の本殿

鹽竈神社の楼門 鹽竈神社の拝殿 鹽竈神社の本殿

鹽竈神社の別宮鹽竈神社の隣の志波彦神社鹽竈神社の茶店の三色団子

鹽竈神社の別宮 鹽竈神社の隣の志波彦神社 鹽竈神社の茶店の三色団子

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    タンデムスタイル No.224
    11月24日発売

    賀曽利隆の分割日本一周

    関東編


    アンダー400 No.85
    11月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    南会津・後編

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up