カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ジクサー150分割日本一周[126]

投稿日:2020年11月20日

東北一周編 12(2017年7月20日)

陸奥国総社「陸奥総社宮」

陸奥の総社、陸奥総社宮にやってきた

陸奥の総社、陸奥総社宮にやってきた

陸奥総社宮の拝殿

陸奥総社宮の拝殿

 陸奥国府の多賀城跡から、同じ多賀城市内の陸奥国総社の陸奥総社宮へ。多賀城跡の近くにある。「総社」というと、どういう神社なのか、ちょっとわかりにくが、『広辞苑』には次のように出ている。

そうじゃ【総社・惣社】
参拝の便宜のため、数社の祭神を一ヵ所に総合して勧請(かんじょう)した神社。一国の総社のほか、寺院・荘園などがある。鎮守または一宮が総社を兼ねることもある。

「国府めぐり」で大事なのは、このうちの一国の総社だ。国府、国分寺、総社が「国府めぐり」の3点セットになっている。

 岡山県の総社市のように総社が市名になっているところもあるし、総社や惣社が地名となって残っているところは多い。総社神社や惣社神社のほかに、六所神社はまず間違いなく総社だ。ほぼ全国に総社、総社跡は残っているが、今となってはどこに総社があったのか、わからなくなっている国もある。

 多賀城の陸奥国総社の陸奥総社宮は立派な造りの神社で、今でもしっかりと陸奥の総社としての機能を果たしている。

陸奥総社宮を参拝する陸奥総社宮の本殿陸奥総社宮の案内板には奥州の全式内社、100社がのっている

陸奥総社宮を参拝する 陸奥総社宮の本殿 陸奥総社宮の案内板には奥州の全式内社、100社がのっている

 陸奥総社宮入口の案内には、次のように書かれている。

 醍醐天皇の延喜年中勅して全国より由緒正しき社、三千一百三十二座を神名帳に載せられる。内百八十八座を大社とし、他を小社とす。之を延喜式内社と称し国司に命じて幣帛を供進せしめしが、後に参進の便を図り、之を各国府の地に合祀して総社という。当社は即ち陸奥国一百社を合祀する陸奥総社なり。奥州留守職井沢氏三千刈田の斎田を寄せ、後村上天皇の未だ陸奥の太守として多賀の国府に在せし時、神護祈念を当社に懸け給う。伊達氏また政宗公以来、歴世祈願の事あれば、藩主自ら社参するを例とせり。当社は此の如く多賀国府と不可分の史跡にして東奥鎮護の大社なり。

 このように総社というのは便利な神社で、ここを参拝することによって、東北各地にある延喜式内社(式内社)100社を参拝したことになる。

 総社宮入口の案内板には、それにつづいて、陸奥国の郡ごとの式内社が書かれている。

「延喜式神名帳陸奥國一百座」(大十五座 小八十五座)として、まずは白河郡(七座 大社一座 小社六座)の都都古和気神社(明神大社)、伊波止和気神社、白河神社、八溝嶺神社、飯豊比売神社、永倉神社、石都都古和気神社がのっている。

 白河郡につづいて、刈田郡、名取郡、宮城郡、黒川郡、賀美郡、色麻郡、玉造郡、亘理郡、信夫郡、志田郡、磐城郡、標葉郡、牡鹿郡、桃生郡、行方郡、栗原郡、胆沢郡、新田郡、磐瀬郡、会津郡、田口郡、耶麻郡、斯波郡、気仙郡、安積郡、柴田郡、宇多郡、伊具郡、磐井郡、江刺郡の奥州各郡の式内社がのっている。

 全部で100社。

 ぼくはこれら東北の式内社、全社をまわろうと思っている。

Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • ツーリングマップル 2021

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2021年9月号
    8月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • Takashi Kasori チャンネル

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税