カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ジクサー150分割日本一周[123]

投稿日:2020年11月14日

東北一周編 9(2017年7月20日)

陸奥の国府をめぐる

仙台の国分寺跡にやってきた

仙台の国分寺跡にやってきた

復元された陸奥国分寺の「天平回廊」

復元された陸奥国分寺の「天平回廊」

国分寺跡を歩く

国分寺跡を歩く

陸奥国分寺の復元模型図

陸奥国分寺の復元模型図

 仙台に到着すると、「国府めぐり」を開始する。東北は陸奥と出羽の奥羽2ヵ国から成っているが、そのうちの陸奥の国府をめぐるのだ。仙台市内には国分寺跡と国分尼寺跡があるが、まずは国分寺跡に行く。

 国道4号の六丁目の交差点から県道137号で中心街に向かったところに国分寺跡がある。そこには中門と金堂をつなぐ「天平回廊」が復元されている。陸奥国分寺の復元模型図を見るとその規模の大きさに目を奪われる。南大門から中門をくぐると金堂、講堂と大伽藍がつづき、七重塔が聳えている。国分寺のまわりは築地と大溝で囲まれている。

 国分寺跡に現行の陸奥国分寺薬師堂が建っている。国分寺跡を歩き、現行の国分寺を参拝した。

 国分寺跡から来た道を戻ると、宮千代1丁目交差点の近くに国分尼寺跡がある。そこには現行の国分尼寺が建っている。国分寺は男僧用の国分僧寺と尼僧用の国分尼寺を合わせて国分寺になるが、国分僧寺の方を「国分寺」といい、国分尼寺はそのまま「国分尼寺」というケースが多い。

 国分寺は天平13年(741年)、聖武天皇が国家鎮護のために日本の全国に建立を命じた大規模な国営の仏教寺院。今では一寺も残っていないが、国分寺跡には現行の国分寺のあるところは多い。仙台のように現行の国分寺と国分尼寺の両方があるところはほとんどない。

陸奥国分寺跡の陸奥国分寺薬師堂の山門陸奥国分寺薬師堂の本堂陸奥国分寺薬師堂を参拝する

陸奥国分寺跡の陸奥国分寺薬師堂の山門 陸奥国分寺薬師堂の本堂 陸奥国分寺薬師堂を参拝する

つづいて陸奥国分尼寺跡にやってきた陸奥国分尼寺の山門陸奥国分尼寺を参拝する

つづいて陸奥国分尼寺跡にやってきた 陸奥国分尼寺の山門 陸奥国分尼寺を参拝する

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    タンデムスタイル No.224
    11月24日発売

    賀曽利隆の分割日本一周

    関東編


    アンダー400 No.85
    11月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    南会津・後編

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up