カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ジクサー150分割日本一周[122]

投稿日:2020年11月13日

東北一周編 8(2017年7月20日)

仙台市に入った

 亘理町の荒浜を出発し、県道10号を行く。

 亘理大橋で阿武隈川を渡って岩沼市に入り、仙台空港の滑走路の下を貫くトンネルを抜けて名取市に入った。

 県道10号を右折して名取川河口の閖上へ。ここも荒浜同様、東日本大震災の大津波で大きな被害を受けたところだ、閖上の復興は遅々として進まなかったが、ここへきて一気に復興の速度を上げている。日和山に登ると、そこからは完成した水産加工場や盛り土した造成地に建ち始めた災害公営住宅が見える。伊達政宗が掘らせたという運河の貞山堀の護岸工事も進んでいた。

閖上の日和山日和山から見る閖上の水産加工場閖上を流れる貞山堀

閖上の日和山 日和山から見る閖上の水産加工場 閖上を流れる貞山堀

荒浜の旧荒浜小学校

荒浜の旧荒浜小学校

荒浜を流れる貞山堀

荒浜を流れる貞山堀

 県道10号の閖上大橋で名取川を渡り、仙台市に入った。仙台市内の県道10号のかさ上げ工事はすでに始まっている。仙台市内の約10キロ間、現在の県道10号の海側に、新たに高さ6メートルのかさ上げ道路をつくり、震災時、仙台東部道路が果たしたのと同じような堤防の役目を果たす計画。盛り土には震災瓦礫を使用するという(このかさ上げされた県道10号の新道はほぼ完成している)。

 その途中で県道10号を右折して、仙台市若林区の荒浜に行く。旧荒浜小学校は震災遺構として、そのままの姿で残されている。荒浜には一軒の家も残っていないが、海沿いの道を北に行くと、以前は水中に没していた地点が海岸公園になっていた(荒浜の被災地跡も震災遺構になって残されることになった)。

 荒浜から県道10号に戻ると、七北田川を渡り、国道45号に合流した。

荒浜の東日本大震災の慰霊塔と観音像大津波で壊滅した荒浜の被災地荒浜に建つ「荒浜の歴史」碑

荒浜の東日本大震災の慰霊塔と観音像 大津波で壊滅した荒浜の被災地 荒浜に建つ「荒浜の歴史」碑

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    タンデムスタイル No.224
    11月24日発売

    賀曽利隆の分割日本一周

    関東編


    アンダー400 No.85
    11月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    南会津・後編

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up