カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ジクサー150分割日本一周[118]

投稿日:2020年11月3日

東北一周編 4(2017年7月20日)

楢葉は「鮭の町」なのだ

殿上崎の久之浜漁港を出発

殿上崎の久之浜漁港を出発

国道6号の道の駅「ならは」

国道6号の道の駅「ならは」

天神岬にやってきた

天神岬にやってきた

天神岬の展望台からの眺め

天神岬の展望台からの眺め

天神岬の「東日本大震災復興記念碑」

天神岬の「東日本大震災復興記念碑」

天神岬の天神原遺跡の記念碑

天神岬の天神原遺跡の記念碑

 殿上崎の久之浜漁港をを出発。国道6号の久之浜バイパスに合流すると北へ。広野町を通り、楢葉町に入る。町の入口の道の駅「ならは」に寄っていく。ここの日帰り温泉は再開している。楢葉産の野菜類などを販売する物産販売所が建設中。道の駅「ならは」の再開は、楢葉の復興に大きく寄与している。

 道の駅「ならは」でひと息入れたあと、木戸川河口の天神岬へ。岬の展望台に立つと、東京電力の広野火力発電所がよく見える。現在、6機あるうちの3機が稼働中で、新しく石炭火力の7号機が建設中。広野火力発電所は東京電力でも最大級の火力発電所だ。

 展望台から見下ろす海岸線の防潮堤はすでに完成している。木戸川にかかる県道391号の橋も完成している。

 東日本大震災の後、天神岬に来たときは、橋の橋脚だけが残っていた。てっきり大津波で橋が流されたとばかり思っていたが、そうではなく、震災の前に新しい橋の工事は中断されていたのだ。

 この県道391号は広野町で国道6号と分岐し、南相馬市までつづく太平洋岸の長距離県道で、東京電力の福島第1、福島第2の原子力発電所の近くを通っている。

 天神岬には「東日本大震災復興記念碑」が建っている。弥生遺跡の「天神原遺跡」の碑も建っている。キャンプ場やオートキャンプ場がある。宿泊施設のサイクリングターミナル「天神」がある。ここのレストランではランチが食べられるが、カソリのおすすめメニューは「マミーすいとん定食」だ。隣り合った天神岬温泉「しおかぜ荘」の湯に入っていく。大浴場と露天風呂。露天風呂の湯につかりながら太平洋を眺めた。絶景湯だ。

「しおかぜ荘」の湯から上がると、木戸川の河畔に行く。河口の近くにはサケのヤナ場がある。木戸川は東日本でも有数のサケの遡上する川。一括採捕し、大規模なサケのふ化場でふ化し、木戸川に放流している。楢葉は「鮭の町」なのだ。

 最後にJR常磐線の竜田駅の近くにある真言宗の古刹、大楽院を参拝する。ここではご住職の酒主さんにお会いした。酒主さんはライダー。お寺の境内に焚き火用の火床を造り、「焚火会」を開いているような人。お寺には図書館もある。楢葉の復興に全力を尽くす酒主さんと熱く語り合うのだった。

天神岬のキャンプ場天神岬のサイクリングターミナル「天神」天神岬温泉「しおかぜ荘」

天神岬のキャンプ場 天神岬のサイクリングターミナル「天神」 天神岬温泉「しおかぜ荘」

木戸川河口のサケのヤナ場「鮭の町」楢葉の「木戸川漁業組合」楢葉の古刹、大楽院のご住職の酒主さん

木戸川河口のサケのヤナ場 「鮭の町」楢葉の「木戸川漁業組合」 楢葉の古刹、大楽院のご住職の酒主さん

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    タンデムスタイル No.224
    11月24日発売

    賀曽利隆の分割日本一周

    関東編


    アンダー400 No.85
    11月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    南会津・後編

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up