カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ジクサー150分割日本一周[112]

投稿日:2020年10月21日

九州一周編 60(2017年4月28日)

国東半島を一周した

大分を出発し、国東半島へ

大分を出発し、国東半島へ

国東半島北端の伊美港に到着

国東半島北端の伊美港に到着

伊美港の姫島行きフェリー乗り場

伊美港の姫島行きフェリー乗り場

伊美港越しに姫島を見る

伊美港越しに姫島を見る

「昭和の町」で人気の豊後高田を行く

「昭和の町」で人気の豊後高田を行く

 大分を出発。国道10号で別府、日出を通り、国道213号で国東半島へ。国道213号で国東半島を一周する。杵築市から国東市に入ったところに大分空港がある。

「平成の大合併」以前、国東半島には杵築市と豊後高田市のほかに安岐町、武蔵町、国東町、国見町、香々地町、真玉町、山香町、太田村と2市7町1村があった。そのうち安岐町、武蔵町、国東町、国見町の4町が合併して国東市になった。香々地町と真玉町は豊後高田市と合併、山香町と太田村は杵築市と合併し、今では杵築、国東、豊後高田の3市になっている。それを頭に入れて国東半島を一周した。

 国東半島北端の伊美港ではジクサーを止め、沖合の姫島を眺めた。胸がジーンとしてしまう。ここは「島めぐり日本一周」(2001年〜2002年)の時に伊美港から渡った島。島の横断は6キロほどでしかなかったが、行き止り地点の観音崎まで行った。姫島は「一島一村」で、姫島村のままだ。

 忘れられないのは姫島から伊美港に戻ってから後のことだ。

 国道213号で豊後高田に向かったのだが、信じられないないようなことが起きた。

 先行するトラックが交差点の赤信号で止まった。すると突然、そのトラックはバックしてきた。あわててクラクションを鳴らしても、「おーい!」と大声で叫んでも、運転手には聞こえない。

 バイクのギアをローからニュートラルにして、地面を足で蹴ってバックした。ぼくが左の路肩に逃げたのと、トラックがバックしてぼくの脇まで来たのはほぼ同時。間一髪で助かった。あやうくぼくもバイクもトラックの下敷きになり、ペシャンコになるところだった。トラックの荷台をバンバンたたいて停車させたが、運転手は「いやー、すいません、すいまん」を繰り返すばかり。何でトラックがバックしてきたのか、まったくわからないままだった。

 伊美港を過ぎると、すぐに竹田津港を通るが、ここからは徳山(周南市)行きのフェリーが出ている。

 国道213号で国東市から豊後高田市に入り、「昭和の町」で人気の豊後高田を見てまわる。昭和レトロの店が建ち並び、「昭和ロマン蔵」では昭和を体験できる。なつかしのボンネットバスが走っている。

Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • ツーリングマップル 2021

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2021年7月号
    6月5日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー


    アンダー400 No.88
    5月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド
    静岡県・田貫湖編

  • Takashi Kasori チャンネル

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up