カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ジクサー150分割日本一周[99]

投稿日:2020年10月1日

九州一周編 47(2017年4月26日)

桜島一周

国道220号から見る桜島

国道220号から見る桜島

 大隅の一宮、鹿児島神宮の参拝を終えると、国道10号に戻り、霧島市の国分から国道220号で大隅半島に入っていく。亀割峠を越えて鹿児島湾沿いに走り、海越しに桜島を見る。

 国道220号の桜島口から、国道224号で桜島に入っていく。今でこそ地つづきになった桜島だが、もともとは独立した島だった。それが大正3年(1914)の大爆発で大量の溶岩が流れ出し、大隅半島とつながった。その接合部が桜島口なのだ。

 国道224号沿いの「有村溶岩展望所」から、流れ出した溶岩原越しに、噴煙を上げる桜島を見る。

 有村溶岩展望所の案内板には、桜島の歴史がわかりやすく次のように書かれている。

 桜島が誕生する前、鹿児島湾には巨大な穴があいていました。この穴は姶良カルデラと呼ばれ、約29000年前の超巨大噴火によってできたものです。このとき、地下にあった大量のマグマが噴出し、火砕流となって南九州の全域を埋めつくし、その厚さは数十mにもなりました。こうしてできたのがシラス台地です。
 シラス台地をつくった姶良カルデラの超巨大噴火の後、今から26000年前にカルデラの南部で新たな噴火がはじまりました。これが桜島誕生の瞬間です。このように桜島というのは、姶良カルデラの一部から生まれたカルデラの子供のような火山なのです。

 桜島は約26000年前に誕生し、現在までに大規模な噴火を17回も繰り返しています。その中で最大の噴火は、今から13000年前の大噴火です。このときの噴火では、鹿児島市内で1m以上の火山灰が積もりました。
 桜島の活動は、大きく2つの時期に分かれています。誕生から約5000年前までが北岳の活動、4500年前から現在までが南岳の活動です。北岳、南岳という2つの火山が南北に連なっているので、桜島は横長に見えるのです。

 史料として残っている桜島の大噴火には、奈良時代の天平宝字噴火(764年)、戦国時代の文明噴火(1471年)、江戸時代の安永噴火(1779年)、大正時代の大正噴火(1914年)があります。このほかにも昭和噴火(1946年)がありますが、溶岩が流れるだけで、爆発的な噴火がなかったので、大噴火には含まれていません。
 これらの大噴火には、おもしろい特徴があります。山の頂上ではなく、中腹で噴火していることです。また、その火口は山頂を挟んで対称に2ヶ所で噴火しています。これは、地下のマグマが割れ目をつくりながら板状に上昇したためだと考えられています。

桜島口から国道224号で桜島に入っていく桜島の「有村溶岩展望所」の入口「有村溶岩展望所」の案内板

桜島口から国道224号で桜島に入っていく 桜島の「有村溶岩展望所」の入口 「有村溶岩展望所」の案内板

「有村溶岩展望所」の遊歩道「有村溶岩展望所」から見る桜島「有村溶岩展望所」の退避壕

「有村溶岩展望所」の遊歩道 「有村溶岩展望所」から見る桜島 「有村溶岩展望所」の退避壕

国道224号の道の駅「桜島」

国道224号の道の駅「桜島」

道の駅「桜島」の「かんぱち丼」

道の駅「桜島」の「かんぱち丼」

 有村溶岩展望所で噴煙を上げる桜島を見たあと、次に大正の大噴火で埋まってしまった烏島の埋没地を見る。ここは周囲500メートルほどの小島だった。それが埋まってしまうほどの大噴火。ここでも桜島の持つ膨大なエネルギーを見せつけられた。

 国道224号の道の駅「桜島」で「かんぱち丼」を食べ、桜島フェリーの乗り場からは県道26号を行く。海岸には桜島が爆発したときに退避するための退避港が何ヵ所かにもできている。黒神では黒神川越しに桜島を見たあと、大正の大噴火で高さ3メートルの鳥居が埋まった「黒神埋没鳥居」を見る。

「黒神埋没鳥居」の案内板には、次のように書かれている。

 ここは大正噴火(1914年)のとき、軽石や火山灰がたった1日で2mも積もった場所です。黒神集落の家々は、屋根だけを残して地面の下に埋まってしまいました。高さ3mあった腹五社神社の鳥居も、あっというまに埋まってしまいました。神域への入口である鳥居は、とても大切な場所です。噴火のあと、住民は掘り起こそうとしました。しかし、噴火の記憶を後世に残そうと、当時の姿のまま今に伝えられています。

 この火山灰に埋もれた鳥居を見れば、説明がなくても桜島の大噴火のすさまじさを実感できるというものだ。桜島の噴火と闘いつづける桜島の島民へのエールを送りたくなるような「黒神埋没鳥居」。ここを最後に桜島口に戻ったが、国道224号→県道26号での「桜島一周」は40キロだった。

桜島フェリーの乗り場桜島の退避港桜島一周の県道26号を行く

桜島フェリーの乗り場 桜島の退避港 桜島一周の県道26号を行く

黒神川越しに見る桜島ここは「黒神埋没鳥居」「黒神埋没鳥居」の案内板

黒神川越しに見る桜島 ここは「黒神埋没鳥居」 「黒神埋没鳥居」の案内板

「黒神埋没鳥居」の入口火山灰にすっぽりと埋もれた「黒神埋没鳥居」国道220号から見る桜島

「黒神埋没鳥居」の入口 火山灰にすっぽりと埋もれた「黒神埋没鳥居」 国道220号から見る桜島

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    タンデムスタイル No.223
    10月24日発売

    賀曽利隆の分割日本一周

    北海道編


    アンダー400 No.84
    9月4日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    南会津・前編

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up