カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ジクサー150分割日本一周[74]

投稿日:2020年8月26日

九州一周編 22(2017年4月23日)

宋氏が築いた城下町「厳原」

厳原の町に戻ってきた

厳原の町に戻ってきた

厳原の国道328号と県道24号の交差点

厳原の国道328号と県道24号の交差点

厳原の八幡宮神社

厳原の八幡宮神社

厳原の対馬市交流センター

厳原の対馬市交流センター

厳原にはハングルがあふれている

厳原にはハングルがあふれている

厳原の中心街

厳原の中心街

昨夜泊まった厳原の「東横イン」

昨夜泊まった厳原の「東横イン」

「対馬南部一周」を終えて厳原に戻ってきた。厳原は城下町。武家屋敷通りを走り、金石城跡や長屋門、藩校の「日新館」を見る。

「城下町厳原」の案内板には次のように書かれている。

 鎌倉時代、宋氏が旧峰町佐賀から応仁2年(1468年)頃に移館して以来、明治維新まで約380年間の城下町。府中、府内と呼ばれ、維新後、厳原に改称された。移館して以来の行政、文化の中心地。ここには古代にも対馬国の国府が置かれた。

 国境対馬の藩主宋氏の格式は10万石で、その高さが菩提寺万松院の墓地にしのばれる。藩政時代、朝鮮通信使は厳原を経て、藩主の先導で江戸に向かった。文化8年(1811年)の通信使はここ厳原で迎えられた。鎖国時代の日本における海外への窓口は長崎・薩摩・松前のほかに、この対馬も大陸(李氏朝鮮)との文化、貿易の窓口として栄え、釜山には対馬藩士の滞在する倭館が置かれていた。

 厳原の背後の山や丘にある寺社、古城址、町中の橋名、港の波止場等に国境の城下町の歴史が秘められ、史跡が多く、小京都といわれる落ち着いた町である。昔から南北に大通り(馬場筋)が貫通し、その両側には石垣をめぐらせた上級武士の屋敷が建っていた。横丁には一般の武家屋敷が石塀で囲まれ、わずかに昔の城下町がしのばれる。小路は行止りのように見えるが、右や左へかぎ型に曲がっている。外敵を防ぐためだといわれている。

 宋氏発祥の地は旧峰町の佐賀。「対馬北部一周」で、比田勝から東海岸沿いの県道34号で通ったところだ。宋氏は対馬を支配していた阿比留氏を滅ぼし、新たな対馬の支配者になった。

 宋氏は元寇のときには蒙古軍と戦った。文永11年(1274年)10月5日、元軍の多数の艦船が西海岸の佐須浦にやってきた。佐須浦は「対馬南部一周」で通った小茂田の海岸。蒙古軍襲来の急報は、すぐに東海岸の府中(厳原)の宋氏のもとに届けられた。宋氏2代目の宋助国はわずか80余騎の軍勢を引き連れ、佐須浦の浜で1000人ほどの蒙古軍と戦った。助国親子や主だった家臣たちは、ことごとく戦死した。そのような歴史があっても、対馬では江戸時代を通して、宋氏の時代がつづいた。

 厳原のメインストリートに建つ「対馬交流センター」に行ってみる。ここは朝から韓国人旅行者でにぎわっていた。韓国語が飛び交い、看板や横断幕にはハングルがあふれていた。国境の島、対馬は、「ウエルカム・コリアン(韓国人)」一色だ。

Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • ツーリングマップル 2021

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2021年9月号
    8月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • Takashi Kasori チャンネル

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税