カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ジクサー150分割日本一周[71]

投稿日:2020年8月23日

日本から異国を見る

 対馬の一宮、海神神社の参拝を終えると、来た道を戻り、国道382号を北へ。

 旧上県町の佐護から「異国の見える丘展望台」に行く。抜けるような青空で、朝鮮海峡の水平線上に韓国が見える。地図で確認すると、ここから一番近いのは巨済島だ。おそらく巨済島を含めて韓国の南岸が見えているのであろう。といっても、目をこらして、やっと見える程度だったが。

 日本から異国を見るのは感動だ。

国道382号で比田勝へ国道382号の改良工事が進む異国の見える丘展望台

国道382号で比田勝へ 国道382号の改良工事が進む 異国の見える丘展望台

 宗谷岬からは何度もサハリンを見た。

 スコトン岬(礼文島)からは海馬島(サハリン)を見た。

 西崎(与那国島)からは台湾を見た。

 韓国展望所(対馬)からは釜山の夜景を見た。

 対馬の「異国の見える展望台」は、ぼくにとっては日本から異国を見る第5例目だ。

「異国の見える丘」のすぐ近くの山は千俵蒔山(287m)。ここには防人(さきもり)が常駐した。

 壱岐の最高地点、岳ノ辻でふれたことだが、南朝鮮の錦江河口の「白村江の戦い」(663年)で、日本水軍は唐と新羅の連合軍と戦い、大敗を喫した。この敗戦の翌年、大和朝廷は対馬、壱岐、筑紫などに防人を送り、新羅軍の襲撃に備えた。敵の来襲をいちはやく大宰府に伝えるために烽火台を各地に置いたが、千俵蒔山の烽火台は一番、北になる。

 ここで焚かれた狼煙は大宰府からさらに大和まで伝わった。瀬戸内海沿いの烽火台から大和の高安山、生駒山、春日山の烽火台へ。最後は大和朝廷に伝えられたのだ。

 何ともすごい古代日本の情報伝達システムではないか。狼煙は昼は煙をたち昇らせ、夜は火を焚いた。防人を各地に配置させ、短時間でこれだけの防衛システムを完成させたが、新羅が日本に攻めてくることはなかった。

佐須奈の海岸

佐須奈の海岸

韓国展望所

韓国展望所

韓国展望所からの眺め

韓国展望所からの眺め

泉湾の泉漁港

泉湾の泉漁港

比田勝に到着

比田勝に到着

「異国の見える丘」をあとにすると、国道382号に戻り、旧上県町の中心、佐須奈でジクサー150を止める。江戸時代、ここは開港場だった。長崎が日本の唯一の開港場だということは誰でも知っていることだが、鎖国体制下の日本にはもう1ヵ所、開港場があったのだ。対馬藩は最初は鰐浦を開港場にしたが、寛文12年(1672年)、この佐須奈に変えた。佐須奈の開港場は明治維新までつづいた。

 国道382号で旧上対馬町に入ると、県道182号で対馬最北の鰐浦へ。「韓国展望台」に行く。自衛隊の基地のある海栗(うに)島の向こうに釜山が見えるのだが、この日はまったく見えなかった。ここは我が懐かしの地。「島めぐり日本一周」(2001年〜2002年)では釜山の夜景を見たくて、夜中にこの展望台に来た。ここから釜山までは50キロほどで、釜山の夜景がはっきりと見えた。水平線は町明かりを映して、赤く染まっていた。

「韓国展望台」をあとにすると、国道382号の起点の比田勝の町へ。釜山への船が出る国際ターミナルに行くと、韓国人旅行者であふれかえっていた。対馬は韓国人にとっては、一番近い異国だ。

比田勝港の国際ターミナル韓国の釜山行きの船比田勝漁港

比田勝港の国際ターミナル 韓国の釜山行きの船 比田勝漁港

Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • ツーリングマップル 2021

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2021年9月号
    8月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • Takashi Kasori チャンネル

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税