カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ジクサー150分割日本一周[62]

投稿日:2020年8月6日

九州一周編 10(2017年4月22日)

5時間の壱岐一周

夜明けの郷ノ浦

夜明けの郷ノ浦

郷ノ浦の「壱岐第一ホテル」の朝食

郷ノ浦の「壱岐第一ホテル」の朝食

郷ノ浦の「壱岐第一ホテル」を出発

郷ノ浦の「壱岐第一ホテル」を出発

 2017年4月22日。郷ノ浦の「壱岐第一ホテル」での目覚め。起きるとすぐに朝湯に入り、湯から上がると、『ツーリングマップル九州沖縄』を見る。壱岐は今は全島が壱岐市になっているが、2004年3月1日の合併以前は郷ノ浦町、勝本町、芦辺町、石田町の4町から成っていた。壱岐市の市役所は郷ノ浦に置かれている。

 朝食を食べ、「壱岐第一ホテル」を出発。

 ジクサー150を走らせ、まずは郷ノ浦の町をひとまわりする。

 そして郷ノ浦港へ。ここから九州郵船のフェリーが対馬の厳原港に出ている。博多港行のフェリーも出ている。さすが「麦焼酎の島・壱岐」だけあって、展示コーナーには「天の川」、「山乃守」、「壱岐」、「雪州」、「猿川」、「壱岐の華」、「壱岐の島」と、壱岐産麦焼酎の一升瓶が並んでいる。

 12時35分発のフェリーで対馬の厳原に渡るつもりなので、それまでの5時間をかけて壱岐を一周するのだ。

郷ノ浦港への道郷ノ浦港をまたぐ郷ノ浦大橋郷ノ浦港のフェリー埠頭

郷ノ浦港への道 郷ノ浦港をまたぐ郷ノ浦大橋 郷ノ浦港のフェリー埠頭

郷ノ浦港のフェリーターミナル壱岐の麦焼酎郷ノ浦港から見る海辺の集落

郷ノ浦港のフェリーターミナル 壱岐の麦焼酎 郷ノ浦港から見る海辺の集落

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.84
    9月4日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    南会津・前編


    タンデムスタイル No.221
    8月24日発売

    賀曽利隆の分割日本一周

    北海道編

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up