カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ジクサー150分割日本一周[56]

投稿日:2020年7月30日

九州一周編 4(2017年4月21日)

筑後の一宮「高良大社」

博多を出発。国道3号を行く

博多を出発。国道3号を行く

「博多ラーメン」を食べる

「博多ラーメン」を食べる

佐賀県の鳥栖を通過

佐賀県の鳥栖を通過

筑後川の流れ

筑後川の流れ

久留米に到着

久留米に到着

筑後の一宮、高良大社へ

筑後の一宮、高良大社へ

 筑前の一宮、住吉神社の参拝を終え、博多を出発。国道3号で久留米に向かう。国道沿いの店で「博多ラーメン」を食べたが、何と1杯290円。安い。本格派のとんこつスープがじつにうまい。細麺もうまい。さすが博多ラーメン!

 国道3号で菅原道真を祀る大宰府天満宮のすぐ近くを通っていく。筑前の国府は大宰府に置かれた。ここには政庁跡や国分寺跡が残されている。

 築紫野市を過ぎたところで、福岡・佐賀県境(筑前・肥前国境)を越える。

 佐賀県の基山町に入り、鳥栖市の東側をかすめ、佐賀・福岡県境(肥前・筑後国境)を越えて久留米市に入る。このあたりの筑前・筑後・肥後の国境線はわかりにくい。

 九州最大の大河、筑後川を渡って久留米の町に入っていく。

 久留米では筑後の一宮、高良(こうら)大社を参拝。高良山(312m)を登ったところにある。そこからは久留米の町を一望。筑後川の蛇行した流れも一望する。

 高良大社の祭神は高良玉垂(こうらたまだれ)命。高良大社は九州北部の総鎮守だ。

 高良山は筑前、筑後、肥後にまたがる築紫平野の中央に位置する山。古くから九州の要として重要視されてきた。耳納山地の西端で、神山として古代信仰の祭祀を今に伝えてきている。かつては神仏混淆の山で、山内には26ヵ寺、360坊があり、1000名を超える僧徒がいた。それが明治の廃仏毀釈で神のみが残った。

「高良山を支配する者は、筑後を支配する」といわれてきた。

 高良山には「神篭石」がある。1500メートル以上もの長さでつづく列石。「神篭石」には諸説があるようだが、朝鮮半島に睨みをきかす山城だったのではないかという説が強い。筑後の国府はこの高良山の山下に置かれた。国府跡や国分寺跡が残っている。高良大社は筑後の総社をも兼ねていたようだ。久留米は昔も今も筑後の中心だ。

 高良大社の参拝を終えると、高良山茶屋の「望郷亭」で「だんご汁」を食べた。だんご汁といえば熊本だが、まあいいか。だんご汁を食べ終わると、絶景ルートの耳納山スカイラインで、耳納山(367m)まで行った。

高良大社の鳥居高良大社の石段高良大社を参拝

高良大社の鳥居 高良大社の石段 高良大社を参拝

高良山茶屋の「望郷亭」高良山茶屋「望郷亭」からの眺め高良山茶屋「望郷亭」の「だんご汁」

高良山茶屋の「望郷亭」 高良山茶屋「望郷亭」からの眺め 高良山茶屋「望郷亭」の「だんご汁」

Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.83
    7月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    茨城・福島県境編

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • サポーターサイト

  • 関連サイト

Scroll Up