カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ジクサー150分割日本一周[52]

投稿日:2020年7月26日

中国一周編 52(2017年3月8日)

雪と大格闘

湯村温泉は一面の雪景色

湯村温泉は一面の雪景色

湯村温泉「井づつや」の雪の庭

湯村温泉「井づつや」の雪の庭

湯村温泉「井づつや」の朝食

湯村温泉「井づつや」の朝食

「井づつや」を出発

湯村温泉「井づつや」を出発

雪の国道9号を行く

雪の国道9号を行く

国道9号で京都府に入る

国道9号で京都府に入る

国道9号の道の駅「丹波マーケス」

国道9号の道の駅「丹波マーケス」

 国道9号の蒲生峠を越えて兵庫県に入ると天気が激変。湯村温泉に近づくと、雪がチラチラ降り始めた。これが峠越え。峠を境にして世界が変わる。

 湯村温泉の登り坂では雪でツルツル滑り、たまらずに国道9号沿いの温泉ホテル「井づつや」に飛び込んだ。ありがたいことに泊めてもらえた。助かった!

 大浴場の湯から上がると、生ビールを飲みながら「特製ラーメン」を食べた。生き返るような思いがした。

 2017年3月8日。「中国一周」の最終日。

 夜が明けるともうビックリだ。夜中にボソボソと雪が降ったようで、湯村温泉は一面の雪景色。国道9号をチェーンを巻いた大型トラックが走っている。

「井づつや」の朝湯に入り、朝食を食べ、湯村温泉を出発。国道9号の雪道を走り始める。春来峠の登りが最大の難関。ツルツル滑りながら路肩を登った。峠のトンネル入口まで来たときは心底、ホッとした。春来峠のトンネルを抜け、下り坂はゆっくりと、とにかく転倒しないようにして下った。

 雪と大格闘しながら国道9号を走りつづける。八井谷峠の但馬トンネルを抜け出ると雪は消え、ジクサー150に乗りながら、思わず万歳ポーズだ。

 八鹿(養父市)、和田山(朝来市)を通り、夜久野峠を越えて京都府に入った。

 11時30分、福知山に到着。

 福知山からさらに国道9号を走り、道の駅「丹波マーケス」で昼食。「丹波牛すじスタミナ丼」を食べた。

 中央分水嶺の観音峠を越え、亀岡から老ノ坂峠を越え、14時15分、京都に到着。国道1号との合流点でジクサー150を止めた。

 京都から国道1号を走り、京都東ICで高速道に入る。名神→東名と高速道を走りつづけ、19時45分、秦野中井ICに到着。20時には伊勢原の我が家に帰り着いた。

 ジクサー150よ、ご苦労さん。

 全行程2968キロの「中国一周」だった。

昼食の「丹波牛すじスタミナ丼」京都に到着東名の秦野中井ICに到着!

昼食の「丹波牛すじスタミナ丼」 京都に到着 東名の秦野中井ICに到着!

Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.83
    7月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    茨城・福島県境編

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • サポーターサイト

  • 関連サイト

Scroll Up