カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ジクサー150分割日本一周[45]

投稿日:2020年7月18日

中国一周編 35(2017年3月6日)

小野篁が詠んだ歌

 隠岐の一宮、水若酢命神社の参拝を終えると、ジクサー150を走らせ、国道485号をさらに北へ。島後最北端の白島崎に向かう。島後の最北端は、隠岐の最北端になる。

 国道485号から白島崎への狭路に入り、行止り地点の駐車場にジクサー150を止める。西郷港から34キロ走っての到着だ。

 白島崎には「竹島161km」の標柱が立っている。「竹島まで161キロか!」と思ってしまう。近くて遠い日本領。そこには「国後島1366km」、「尖閣諸島1503km」の表示もある。こうして領土紛争最前線の現場にやってくると、「領土問題が一日も早く解決して欲しい」と心底、思う。しかし相手が韓国、ロシア、中国では問題の解決はほど遠い。

 白島崎の展望台に立ち、白っぽい岩肌の白島海岸を見渡す。境港から乗ったフェリー「しらしま」はこの白島海岸にちなんだ船名。白島、松島、沖ノ島の3島の小島がちょうどいい風景のアクセントになっている。小白島や黒島もある。

隠岐最北端の白島崎への道白島崎の案内図竹島までは161キロ!

隠岐最北端の白島崎への道 白島崎の案内図 竹島までは161キロ!

白島崎の展望台からの眺め白島崎から見る白島海岸国道485号で布施へ

白島崎の展望台からの眺め 白島崎から見る白島海岸 国道485号で布施へ

 ここには「白島伝説」の案内板が立っている。白島伝説というのは次のようなものだ。

 島が白いから「白島」と呼びます。この白島から布施の浄土ヶ浦まで、たくさんの小島、岩場があり、九十九あります。百に一足りないところから、「白島」の名がついたともいわれています。

 昔、隠岐の国に流された小野篁(おののたかむら)は、海原に点在するたくさんの岩や島に心を奪われ、この美しくも遥かな景色に都がしのばれて、

  わたのはら
  やそしまかけて
  こぎいでぬと
  人にはつげよ
  あまのつり舟

 と詠みました。この歌は古今和歌集に残っていますが、実は、ここ白島見物の時に作られたものだといい伝えられています。

 白島崎を出発。国道485号に戻ると布施へ。白島海岸の海岸美を眺めながら走る。国道485号もこのあたりまで来ると、ほとんど交通量はない。「我が道を行く!」という気分で、ジクサー150を走らせた。

 布施の集落に到着。T字路にぶつかったところが国道485号の起点になる。このT字路を左へ。キャンプ場のある浄土ヶ浦に行き、断崖が海に落ちる都恋崎を見た。海の青さが強烈だ。

白島海岸を見ながら走る布施の集落に入っていくここが国道485号の起点

白島海岸を見ながら走る 布施の集落に入っていく ここが国道485号の起点

Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • ツーリングマップル 2021

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 新刊紹介


    モトチャンプ 2021年9月号
    8月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー

  • Takashi Kasori チャンネル

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税