カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ジクサー150分割日本一周[44]

投稿日:2020年7月17日

中国一周編 34(2017年3月6日)

隠岐の一宮「水若酢神社」

国道485号を北へ

国道485号を北へ

五箇地区(旧五箇村)の案内図を見る

五箇地区(旧五箇村)の案内図を見る

水若酢神社に到着

水若酢神社に到着

 隠岐・島後の中心地、西郷から国道485号を北へ。快走路の国道485号をジクサー150で走り抜けていく。隠岐の田園風景が目にしみる。

 五箇トンネルを抜けると、旧五箇村に入る。そこには隠岐の一宮、水若酢(みずわかす)神社がある。国道485号のすぐ脇にある神社。隠岐の一宮というと、島前の西ノ島の由良比女神社と島後の水若酢神社の2社あるのだ。

 水若酢神社の祭神は水若酢命だが、海中より伊後の磯島に上がり、山を越えて五箇の里に入った。国土開発、北方防備の任に就かれた神だという。伊後は島後の北端で、島後最北端の白島崎の近くには伊後漁港がある。ここは日本領の竹島に一番、近い。

 一説には総社の玉若酢命神社の祭神、玉若酢命とともに、隠岐の開拓に神功のあった意岐別(おきわけ)の祖神ともいわれている。

 玉若酢命は景行天皇の皇子大酢(おおす)命の子で、その子孫(億岐家)が代々玉若酢命神社の神主になっている。水若酢命は美豆別主(みずわけぬし)命ともいわれ、大伴氏族の神ともいわれ、水若酢神社の神主は代々忌部氏がついでいる。

 水若酢神社の本殿は隠岐独特の隠岐造りで、屋根は大社造りに、向拝は春日造りに、平面の形は神明造りに似ている。その案内板には次のように書かれている。

 この神社の本殿は、隠岐地方の特色である「隠岐造り」の代表的な建築である。隠岐造りは、本殿が横に長い平面形をもつが、切妻屋根で妻入り、正面に向拝と呼ばれるひさしをつける。また、隠岐造りはひじょうに装飾性が高く、この本殿もその特徴がよくあらわれている。島後では西郷町(現隠岐の島町)の玉若酢命神社本殿とならび、大規模かつ優れた建築を今に伝えている。現在の本殿は寛政7年(1795年)の再興で、五箇村(現隠岐の島町)北方の大工棟梁森寄与八が造営工事を担当した。

 本殿は正面3間、側面2間の身舎(本体部分)の前に向拝をつけ、背面を除く三方に刎高欄付きの縁をめぐらし、正面中央に階段をつける。身舎の円柱は、床下部分のみ八角形につくり、礎石の上に立つ。柱上には井桁に組んだ敷桁・梁をまわし、さらにその上に軒桁・妻梁を外側に持ち出して井桁に組む手の込んだものである。軒は一段で、垂木の間隔が狭い繁垂木である。妻飾は、身舎正面は二重紅梁大瓶束、背面は四重虹梁大瓶束で、虹梁の間に平三斗(ひらみつと)をすえ、装飾性が豊かである。また、屋根は茅葺である点も特徴のひとつである。

 水若酢神社に隣接して「隠岐郷土館」がある。明治18年(1885年)に郡役所として建てられた洋館で、明治初期の日本の洋風建築の様式を今に伝える建物だ。

水若酢神社は隠岐の一宮水若酢神社の鳥居水若酢神社の随神門

水若酢神社は隠岐の一宮 水若酢神社の鳥居 水若酢神社の随神門

水若酢神社の拝殿水若酢神社の本殿横から見た水若酢神社の本殿

水若酢神社の拝殿 水若酢神社の本殿 横から見た水若酢神社の本殿

Comments

Comments are closed.

  • おすすめの一冊

  • 新刊紹介


    モトチャンプ
    2022年12月号
    11月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャーニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。