カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ジクサー150分割日本一周[40]

投稿日:2020年7月12日

中国一周編 40(2017年3月6日)

船引運河を渡り、東部に入る

浦郷を出発。ここは浦郷漁港

浦郷を出発。ここは浦郷漁港

西ノ島を東西に分ける船引運河

西ノ島を東西に分ける船引運河

 西ノ島の西側をまわり終えて浦郷に戻ってきた。浦郷を拠点にしての西ノ島の西部編といったところだが、これが最後の浦郷出発。西ノ島の東部へと舞台を移す。西ノ島の東部編の開始だ。

 西ノ島は浦郷港のある西部の島と別府港のある東部の島に分かれている。西ノ島を西と東に分けているのは船引運河だ。浦郷を出発すると、まずは船引運河を見にいく。

 船引運河は大正4年(1915年)の開通。長さ340メートル、幅5・5mの運河だが、昭和39年(1964年)に拡幅されて、幅が12メートルになった。運河にかかる橋の上から船引運河を見下ろした。

 船引運河を渡り、西ノ島の東部に入る。国道485号を横切り、美田から波止(はし)へ。波止漁港でジクサー150を止め、波のない海を見た。

 波止から西ノ島の最高峰、焼火山(452m)へ。焼火の読みは「たくひ」。焼火山をぐるりとまわるダート5キロの焼火林道を走り、駐車場にジクサー150を止め、焼火神社を目指して山道を登っていく。

 山頂直下の焼火神社に参拝。巨大な岩窟の中に半分、隠れるようにして建つ本殿、城壁を思わせるような石垣の上に建つ社務所と、焼火神社は異様な雰囲気を漂わせていた。

波止漁港でジクサー150を止める焼火林道を走るここが焼火神社への登山道入口

波止漁港でジクサー150を止める 焼火林道を走る ここが焼火神社への登山道入口

焼火神社への山道焼火神社の拝殿と本殿焼火神社の社務所

焼火神社への山道 焼火神社の拝殿と本殿 焼火神社の社務所

Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.83
    7月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    茨城・福島県境編

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • サポーターサイト

  • 関連サイト

Scroll Up