カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ジクサー150分割日本一周[35]

投稿日:2020年7月4日

中国一周編 25(2017年3月5日)

境港からの「目指せ、イスタンブール!」

2016年7月23日、境港を出発

2016年7月23日、境港を出発

 境港は我がなつかしの港だ。

「ジクサー150での分割日本一周」の前年、2016年7月23日には、パナマ船籍のフェリー「イースタンドリーム号」に乗ってロシアのウラジオストックに渡った。

 道祖神のバイクツアー、「賀曽利隆と走る!」の第19弾目、「目指せ、イスタンブール!」の出発点が境港だった。境港の国際旅客ターミナルに参加者の13人が集合したのだ。

 境港を出港した翌々日にはウラジオストックに到着。各人のバイクを走らせ、まずは「シベリア横断」を開始。カソリの相棒は「ユーラシア大陸横断」(2002年)、「サハラ砂漠縦断」(2004年〜2005年)、「韓国往復縦断」(2005年)、「シルクロード横断」(2006年)、「環日本海ツーリング」(2011年)、「アフリカ大陸縦断」(2013年)を走っているDR−Z400Sだ。

 ウラジオストックを出発すると、ハバロフスク、チタ、イルクーツクを通り、シベリア最大の都市ノボシビルスクへ。

 ノボシビルスクから南下し、中央アジアに入っていく。

 カザフスタンのアルマトイからは「シルクロード横断」で、ウズベキスタン、トルクメニスタンを通り、イランからトルコに入った。

 欧亜を分けるボスポラス海峡をフェリーで渡り、境港を出発してから46日目の9月6日、イスタンブールに到着した。境港→イスタンブールは1万4798キロだった。

境水道大橋に向かう「イースタンドリーム号」ロシアのウラジオストックに到着シベリア鉄道のウラジオストック駅

境水道大橋に向かう「イースタンドリーム号」 ロシアのウラジオストックに到着 シベリア鉄道のウラジオストック駅

ウラジオストックを出発し、ハバロフスクに向かうヨーロッパからやってきた大型トラック海のように広いバイカル湖

ウラジオストックを出発し、ハバロフスクに向かう ヨーロッパからやってきた大型トラック 海のように広いバイカル湖

シベリア横断ルートを快走!シベリア最大の都市ノボシビルスクノボシビルスクを流れるオビ川

シベリア横断ルートを快走! シベリア最大の都市ノボシビルスク ノボシビルスクを流れるオビ川

カザフスタンの大平原を走るウズベキスタンのブハラの町。ここはシルクロード要衝の地イランではカスピ海に昇る朝日を見た

カザフスタンの大平原を走る ウズベキスタンのブハラの町。ここはシルクロード要衝の地 イランではカスピ海に昇る朝日を見た

イラン西部の中心都市タブリーズトルコの高原地帯を行くボスポラス海峡を渡ってイスタンブールに到着!

イラン西部の中心都市タブリーズ トルコの高原地帯を行く ボスポラス海峡を渡ってイスタンブールに到着!

「環日本海ツーリング」でも境港

 2011年の「環日本海ツーリング」でも、境港はきわめて重要なポイントだった。

 東京を出発すると新潟へ。新潟から日本海を北上した。

 青森からフェリーで北海道に渡ると、日本海を北上し、稚内に到着。稚内からフェリーでサハリンのコルサコフに渡った。

 サハリンの日本海側の港、ホルムスクからフェリーでロシア本土のワニノに渡り、ワニノからハバロフスク経由でウラジオストックまで走った。

 ウラジオストックからフェリーで境港へ。

 境港から日本海を北上。日本海をぐるりと回り、直江津(上越市)から東京に戻った。

 この全行程4922キロの「環日本海ツーリング」は、「カソリング」で連載をしていますので、どうぞご覧になってください。

Comments

Comments are closed.

  • おすすめの一冊

  • 新刊紹介


    モトチャンプ
    2022年12月号
    11月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャーニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。