カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ジクサー150分割日本一周[23]

投稿日:2020年6月17日

中国一周編 13(2017年3月4日)

なつかしの町、柳井

国道188号を行く

国道188号を行く

柳井の町に入る

柳井の町に入る

柳井の白壁の町並み

柳井の白壁の町並み

石畳の道もある

石畳の道もある

金魚ちょうちんがぶらさがっている

金魚ちょうちんがぶらさがっている

国道188号の梶取岬

国道188号の梶取岬

 JR山陽本線の大畠駅前を出発し、国道188号で柳井へ。柳井からは松山行きのフェリーが出ている。柳井の町中に入り、白壁の町並みを見る。白壁の家々の軒下には「金魚ちょうちん」がぶら下がっている。

 柳井はなつかしの町。ここからフェリーで松山に渡ったことがあるし、「島めぐり日本一周」(2001年〜2002年)では、ここを拠点にして周辺の島々をめぐった。

 そのときはまずフェリーで平郡島に渡り、平郡島に泊った。

 平郡島から柳井に戻ると、次に柳井から南に延びる室津半島に入っていった。

 中世には海外貿易の基地として、近世には瀬戸内海航路の風待港として栄えた室津半島突端の室津から、狭い上関海峡にかかる上関大橋で長島に渡った。長島の上関の町をひとまわりしたが、ここは下関、中関(防府市)に対しての上関になる。旧藩時代の港で、毛利氏の本陣がこの地に置かれた。

 上関から長島突端の四代まで12キロ。そこからさらに道は2キロほどつづき、断崖で行き止まりになる。断崖上からは祝島がよく見えた。

「いつの日か、祝島には渡ってみたい!」と思わせるような島だったが、残念ながらいまだに祝島には渡っていない。

「上関〜四代」間を往復し、上関大橋を渡って室津に戻ると、今度は室津半島西岸の道を北上した。沖合の佐合島、牛島、馬島といった島々がよく見えた。長島もよく見えた。長島は島名通りで、長々と横たわっている。その向こうには何とも目立つ姿で祝島が浮かんでいた。

 柳井の町とともに、「島めぐり日本一周」でまわった柳井周辺の島々が、なつかしく思い出されてくる。

 柳井を出発し、国道188号で光へ。柳井と光の市境の梶取岬でジクサー150を止める。牛島が正面に見える。その後ろには長島が見える。梶取岬から光に向かっていくと、いつかは渡ろうと思っている祝島が見えてくる。

 光に到着すると、ここで給油。津山を出てから最初の給油で、9・16リッター入った。「津山→光」間は430キロなので、ジクサーの一般道走行での燃費は、1リッター当たり46・9キロになった。計算上ではタンクが空になるまで走れば563キロ走れることになる。500キロをはるかに超える数字だ。エコランに徹すれば満タンで600キロ以上は十分に走れる。すごいぞ、ジクサー150!

梶取岬からの眺め瀬戸内海の祝島を見る光に到着

梶取岬からの眺め 瀬戸内海の祝島を見る 光に到着

Comments

Comments are closed.

  • おすすめの一冊

  • 新刊紹介


    モトチャンプ
    2022年12月号
    11月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャーニー

  • ツーリングマップル 2022

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。