カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ジクサー150分割日本一周[21]

投稿日:2020年6月12日

中国一周編 21(2017年3月4日)

安芸の一宮「厳島神社」

宮島では鹿のお出迎え!

宮島では鹿のお出迎え!

宮島の砂浜を歩く

宮島の砂浜を歩く

 宮島口から松大汽船の船で宮島に渡ると、海沿いの道を歩いて厳島神社へ。

 安芸の一宮の厳島神社を参拝する。入口では拝観料(300円)を払う。一宮は日本全国に105社、新一宮が5社、全部で110社あるが。拝観料を取るのは厳島神社だけ。さすが世界遺産だけのことはある。

 朱塗りの回廊を歩いていく。全長300メートルのこの回廊が厳島神社を強く感じさせる。回廊から見える海に浮かぶ鳥居は楠の自然木。高さ16メートルのこの鳥居は海に浮かんでいるように見える。今のこの鳥居は明治8年(1875年)に建てられたものだという。

 回廊を歩き、拝殿前で参拝。厳島神社の御神体は宮島そのものだが、祭神は市杵島姫(いちきしまひめ)命、田心姫(たごりひめ)命、瑞津姫(たぎつひめ)命の宗像三女神。宗像三女神は築紫の辺津宮(宗像)、中津宮(筑前大島)、奥津宮(沖島)に祀られている古代からの海上交通の守護神で、朝鮮半島などとの海上交通を担っていた氏族の祖先神だといわれている。平清盛による厳島神社社殿の建造以来、宮島の全島が神域として護られてきた。そのため島の最高峰の弥山(535m)まで登ればよくわかるが、宮島は自然の宝庫でもある。

 厳島神社の参拝を終えると、門前の店で名物の「紅葉饅頭」を食べ、松大汽船の船で宮島口に戻るのだった。

安芸の一宮、厳島神社の鳥居団体のみなさんの記念撮影厳島神社の全貌を見る

安芸の一宮、厳島神社の鳥居 団体のみなさんの記念撮影 厳島神社の全貌を見る

海に浮かぶ厳島神社の鳥居厳島神社の回廊厳島神社の祭神は宗像三女神

海に浮かぶ厳島神社の鳥居 厳島神社の回廊 厳島神社の祭神は宗像三女神

厳島神社の御本社厳島神社の舞殿厳島神社の門前を歩く

厳島神社の御本社 厳島神社の舞殿 厳島神社の門前を歩く

奉納された大杓子宮島名物の「紅葉饅頭」宮島桟橋に戻ってきた!

奉納された大杓子 宮島名物の「紅葉饅頭」 宮島桟橋に戻ってきた!

Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.83
    7月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    茨城・福島県境編

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • サポーターサイト

  • 関連サイト

Scroll Up