カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ジクサー150分割日本一周[18]

投稿日:2020年6月8日

中国一周編 18(2017年3月3日)

備後の一宮「素盞嗚神社」

 ジクサー150を走らせ、旧山陽道で岡山県から広島県に入った。県境が備中と備後の国境。吉備国が備前、備中、備後、美作の4国に分かれたが、備前、備中、美作は岡山県で、備後だけが広島県。この国境越えの区間は、国道313号と国道486号の重複区間になっている。

 備後の国分寺跡を通り、広島県内最初の山陽道の宿場、神辺宿に入っていく。ここには「神辺本陣」が残っている。菅波家の建物だ。神辺は井原鉄道の終点で、JR福塩線の神辺駅に接続している。旧山陽道はここから南へ。今津宿(福山市)を通って、尾道から三原へと通じている。

 神辺宿でいったん旧山陽道と別れ、国道486号で府中に向っていく。備後の府中だ。

 旧新市町(現福山市)に入ったところに、備後の一宮の素盞嗚(すさのお)神社がある。ここはちょっとわかりにくい。JR福塩線の上戸手駅の近くにあるが、国道486号の北側になる。町の南側を芦田川が流れている。

 素盞嗚神社の社地は「早苗の森」。そこに牛頭天王が祀られていた。牛頭天王というのは素盞嗚(すさのお)尊のことで、素盞嗚神社の祭神は素盞嗚尊になる。

 備前の一宮の石上布都魂神社のところでもふれたことだが、素戔嗚尊は『日本書紀』に登場する八岐大蛇(やまたのおろち)を退治した神。濁酒を醸造して、8つの頭を持った八岐大蛇に飲ませ、酔っぱらわせて眠らせてから剣で頭や腹を断ち切った。最後に尾を切ると、中から剣が出てきた。それが「草薙の剣」だ。草薙の剣は「三種の神器」になり、日本武尊が東征の時に持って出る。日本武尊の死後、草薙の剣は熱田神宮(名古屋)のご神体になっている。

 こうして各国の一宮をめぐりながら、それぞれの神社の祭神を見ていくのは、じつにおもしろいことだ。

旧山陽道で岡山県から広島県に入る。ここは備中と備後の国境備後の一宮の素盞嗚神社に到着素盞嗚神社前の道。水路が流れている

旧山陽道で岡山県から広島県に入る。ここは備中と備後の国境 備後の一宮の素盞嗚神社に到着 素盞嗚神社前の道。水路が流れている

素盞嗚神社入口に置かれた百度石素盞嗚神社の鳥居素盞嗚神社の神門

素盞嗚神社入口に置かれた百度石 素盞嗚神社の鳥居 素盞嗚神社の神門

素盞嗚神社の舞殿素盞嗚神社の拝殿素盞嗚神社の本殿

素盞嗚神社の舞殿 素盞嗚神社の拝殿 素盞嗚神社の本殿

Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.83
    7月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    茨城・福島県境編

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • サポーターサイト

  • 関連サイト

Scroll Up