カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ジクサー150分割日本一周[02]

投稿日:2020年5月11日

中国一周編 2[鉄道旅東北一周](2017年2月18・19日)

IWATEモーターサイクルフェスタ

「東横イン」の朝食を食べて出発

「東横イン」の朝食を食べて出発

仙台駅から8時02分発の東北新幹線盛岡行きの「やまびこ41号」に乗る

仙台駅から8時02分発の東北新幹線盛岡行きの「やまびこ41号」に乗る

岩手県に入ると雪景色

岩手県に入ると雪景色

9時07分、新花巻駅に到着

9時07分、新花巻駅に到着

「IWATEモーターサイクルフェスタ」の会場にやってきた!

「IWATEモーターサイクルフェスタ」の会場にやってきた!

日本初公開のジクサー150との運命的な出会い!

日本初公開のジクサー150との運命的な出会い!

 2017年2月18日、仙台駅東口の「東横イン」の朝食を食べ、7時30分に出発。仙台から花巻までは東北新幹線で行く。

 仙台発8時02分の盛岡行きの「やまびこ41号」に乗る。岩手県に入ると、雪景色になった。

 9時07分、新花巻駅に到着。駅には小原信好さんが迎えに来てくれた。小原さんの車で花巻市交流会館の「IWATEモーターサイクルフェスタ」の会場へ。ここで日本初公開のスズキ・ジクサー150と出会うことになる。150ccバイクとは思えないほどの車格で20ccバイク、もしくは25ccバイクのようにも見える。125ccバイクと違って、150ccバイクならば高速道路も走れる。ジクサー150は本格派のバイクなのだ。「満タンにすれば500キロ以上は走れますよ」

 というスズキの担当の方の一言に、ぼくの心は強烈にひきつけられた。

「よーし、やってやろう。ジクサー150で日本中をまわってやろう!」
 と、その瞬間に決心したのだ。電光石火の決心だ。

「IWATEモーターサイクルフェスタ」でのジクサー150との出会は、それほどインパクトのあるものだった。

「ジクサー150での分割日本一周」に旅立つのは3月2日。「IWATEモーターサイクルフェスタ」からわずか15日後のことなのである。

「IWATEモーターサイクルフェスタ」の開幕は10時。オープニングのセレモニーのあと、同時開催のカメラマン小原信好さんの写真展、漫画家そのだつくしさんの作品展、イラストレーター白虎さんのバイクイラスト展も始まった。

 小原さんの案内で各ブースを見てまわったが、みなさんから声をかけられ、うれしいやら恥ずかしいやらで有名人になったかのような気分を味わうカソリだった。

 昼食のあと、14時から小原さんとのトークショーが始まった。

『ツーリングマップル東北』の初期の頃は小原さんが表紙の写真撮影をしてくれていた。そんな思い出話から始まり、「温泉めぐり日本一周」(2006年〜2007年)で何度も同行してくれた話、あちこちで二人で飲んだくれた話…と、二人のトークショーはとどまることを知らない。あっというまに1時間あまりのトークショーが終わると、盛大な拍手をいただいた。そのあとのサイン会には長い列ができた。

「あ〜、花巻まで来てよかった!」
 と思うカソリだった。

カソリ&オバラッチ

「IWATEモーターサイクルフェスタ」の第1日目が終了。小原さんの車で花巻南温泉郷の大沢温泉へ

▲「IWATEモーターサイクルフェスタ」の第1日目が終了。小原さんの車で花巻南温泉郷の大沢温泉へ

大沢温泉「山水閣」に到着

▲大沢温泉「山水閣」に到着

「IWATEモーターサイクルフェスタ」の関係者や参加者のみなさんと一緒に大沢温泉「山水閣」の露天風呂に入る。このあと大宴会の開始!

▲「IWATEモーターサイクルフェスタ」の関係者や参加者のみなさんと一緒に大沢温泉「山水閣」の露天風呂に入る。このあと大宴会の開始!

 16時に第1日目の「IWATEモーターサイクルフェスタ」が終了すると、小原さんの車で花巻南温泉郷の大沢温泉「山水閣」へ。大会の関係者、参加者のみなさんたちと一緒に川沿いの露天風呂の湯につかる。湯から上がると大宴会の開始。「カソリ&オバラッチ」は正体をなくすほどに飲んだ。「オバラッチ」というのは小原さんのこと。我々はいつもこうなのだ。

 翌2月19日、大沢温泉「山水閣」の朝湯に入り、朝食を食べ、小原さんの車で「IWATEモーターサイクルフェスタ」の会場へ。第2日目の小原さんとのトークショーは午前中で11時から。2日連続で聞きにきてくれた人たちもかなりいたので、すばやくトークの内容を替えて話す「カソリ&オバラッチ」だった。

 トークショーを終え、サイン会を終え、用意していただいた昼食を食べると、小原さんに新花巻駅まで送ってもらった。忘れることのできない「IWATEモーターサイクルフェスタ」になった。

大沢温泉「山水閣」の朝食小原さんの車で「IWATEモーターサイクルフェスタ」の会場へ。大会の第2日目が始まる「IWATEモーターサイクルフェスタ」第2日目のトークショーを終えると小原さんに新花巻駅まで送ってもらう。胸にしみる新花巻駅からの眺め、東北の眺め!

大沢温泉「山水閣」の朝食 小原さんの車で「IWATEモーターサイクルフェスタ」の会場へ。大会の第2日目が始まる 「IWATEモーターサイクルフェスタ」第2日目のトークショーを終えると小原さんに新花巻駅まで送ってもらう。胸にしみる新花巻駅からの眺め、東北の眺め!

「やまびこ47号」に乗る

新花巻駅13時42分発の東北新幹線盛岡行きの「やまびこ47号」に乗る

新花巻駅13時42分発の東北新幹線盛岡行きの「やまびこ47号」に乗る

 さー、北へ!

 新花巻駅13時42分発の盛岡行きの東北新幹線「やまびこ47号」に乗る。

 盛岡駅で14時37分発の新函館北斗行きの東北・北海道新幹線「はやぶさ19号」に乗り換える。新青森駅到着は15時31分。

 新青森駅で奥羽本線に乗り換え、青森駅に到着したのは15時48分。青森はボソボソ雪が降っていた。

 青森駅前の「新鮮市場」を歩き、市場内の食堂で「いくら丼」を食べた。

 今晩の宿は青森駅前の「東横イン」。部屋で青森到着を祝ってカンビールで乾杯。腹にしみるうまさ。青森からは太平洋岸を南下していくのだ。

盛岡駅からは14時37分発の東北・北海道新幹線の函館北斗行き「はやぶさ19号」に乗り換える15時31分、新青森駅に到着新青森駅からは奥羽本線で青森駅へ。青森は一面の雪景色

盛岡駅からは14時37分発の東北・北海道新幹線の函館北斗行き「はやぶさ19号」に乗り換える 15時31分、新青森駅に到着 新青森駅からは奥羽本線で青森駅へ。青森は一面の雪景色

15時48分、青森駅に到着青森駅は雪の中雪景色の青森駅

15時48分、青森駅に到着 青森駅は雪の中 雪景色の青森駅

青森駅前の「新鮮市場」を歩く「新鮮市場」の食堂で「いくら丼」を食べる今晩の宿は青森駅前の「東横イン」。青森到着を祝って部屋で乾杯!

青森駅前の「新鮮市場」を歩く 「新鮮市場」の食堂で「いくら丼」を食べる 今晩の宿は青森駅前の「東横イン」。青森到着を祝って部屋で乾杯!

Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.82
    5月7日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    山梨県/静岡県・天子山地編

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • サポーターサイト

  • 関連サイト

Scroll Up