カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[294日目]

投稿日:2020年5月2日

富士山が見える

伊豆諸島編 2日目(2007年10月29日)

 東海汽船の「かめりあ丸」は6時、伊豆大島の岡田港に到着。桟橋でコンテナに入れられたスズキ・アドレスV125Gを引き取る。同じアドレス(100㏄)の「Tさん」もこの船に乗っていて、「カソリさんと一緒に伊豆大島の温泉をめぐりたい!」という。

 第1湯目は平成の湯温泉「くるみや旅館」の湯。ここの湯は加温、加水、循環、ろ過、消毒、入浴剤、すべてナシ。泊まり客もいないので、この「ナシナシの湯」を独占し、存分に楽しんだ。

 元町の町の入口近くにある「フレンドハウス」で朝食。「めじなの塩焼き定食」を食べた。釣り上げたばかりだという地魚のメジナは鮮度満点。それにアシタバの葉が添えられている。味噌汁は「あら汁」。メジナなど3種の魚のアラが入っていた。

 第2湯目は御神火温泉の日帰り湯「御神火温泉」の湯。ここは大規模な温泉施設だ。

 第3湯目は椿園温泉「ホテル椿園」の湯。大浴場と露天風呂の湯につかる。

 第4湯目は和泉温泉「いち・まる・いち」の湯。かなり塩分の濃い無色透明のやわらかな湯。ここから眺める伊豆半島の天城連山はびっくりするほど大きく見える。その右手には富士山が見える。

 第5湯目は為朝の湯温泉「ホテル赤門」。大浴場と露天風呂に入る。ともに無色透明の湯。

 元町周辺のこれら5湯の温泉に入ったあとは、御神火スカイラインで三原山を登っていく。足下には元町の街並みが広がっている。急カーブの連続する御神火スカイラインを登りつめ、三原山の頂上近くへ。

 第6湯目の三原山温泉「大島温泉ホテル」の湯。ここは「絶景湯」。大浴場と露天風呂の湯につかりながら、うっすらと噴煙を上げる三原山を眺めた。

 三原山温泉からは、来た道を引き返し元町に戻った。

 第7湯目は浜の湯温泉「浜の湯」の大露天風呂。混浴なのだが、水着着用なので何とも味気ない。ここを最後に岡田港に戻り、東京行きの「かめりあ丸」に乗船。Tさんも同じ便で竹芝桟橋に戻るという。

 出港まぎわに「uzakiyoさん」が黄色いスクーターに乗ってやってきた。

「さんざん、探しまわったんですよ」

 元町でスクーターを借りた「uzakiyoさん」は最後は青木温泉でじっと待ったということだが、その青木温泉には行かなかったのだ。

「かめりあ丸」は14時30分、出港。岡田港の桟橋を離れていく。

「uzakiyoさん」の姿はあっというまに豆粒のように小さくなっていく。

 船内の軽食堂で「スタミナ丼」を食べると、2等船室でひたすら眠った。

 目をさましたときには「かめりあ丸」はすでに東京湾に入っていた。

 19時10分、「かめりあ丸」は東京港・竹芝桟橋に到着。まずは「伊豆諸島編」の第1弾目、伊豆大島の温泉めぐりを終えた。

 つづいて八丈島だ。

 伊豆大島の温泉を一緒にめぐったTさんは、八丈島も同行したいといっている。

「どうぞ、どうぞ」

 竹芝桟橋近くの「ウェンディーズ」で「ハンバーガーセット」を食べ、東海汽船の八丈島行き「さるびあ丸」に乗り込んだ。スズキ・アドレスV125Gは伊豆大島行きの「かめりあ丸」のときと同じように、コンテナに積み込まれた。

「さるびあ丸」は22時30分、八丈島に向けて出港した。

本日のデータ 料金等は当時のものです
6時 伊豆大島・岡田港着
出会い Tさん
3051湯目 平成の湯温泉「くるみや旅館」(600円)
朝食 元町の「フレンドハウス」焼魚定食(800円)
3052湯目 御神火温泉「御神火温泉」(1000円)
3053湯目 椿園温泉「ホテル椿園」(500円)
3054湯目 和泉温泉「いち・まる・いち」(300円)
3055湯目 為朝の湯温泉「ホテル赤門」(500円)
3056湯目 三原山温泉「大島温泉ホテル」(800円)
3057湯目 浜の湯温泉「浜の湯」(400円)
14時 岡田港到着
14時30分 岡田港発 東海汽船「かめりあ丸」
昼食 船内 スタミナ丼(700円)
19時10分 竹芝桟橋着
夕食 竹芝桟橋前の「ウィンディーズ」ハンバーガーセット(420円)
22時30分 竹芝桟橋発 東海汽船「さるびあ丸」
本日の走行距離数 59キロ
本日の温泉入浴数 7湯

伊豆大島の岡田港に上陸!平成の湯温泉「くるみや旅館」の湯元町の「フレンドハウス」の「焼魚定食」

伊豆大島の岡田港に上陸! 平成の湯温泉「くるみや旅館」の湯 元町の「フレンドハウス」の「焼魚定食」

椿園温泉「ホテル椿園」の湯伊豆大島から見る伊豆半島。天城の山々が大きく見える三原山を登っていく

椿園温泉「ホテル椿園」の湯 伊豆大島から見る伊豆半島。天城の山々が大きく見える 三原山を登っていく

三原山温泉「大島温泉ホテル」三原山温泉「大島温泉ホテル」の露天風呂から三原山を見る岡田港で東京行きの「かめりあ丸」に乗船

三原山温泉「大島温泉ホテル」 三原山温泉「大島温泉ホテル」の露天風呂から三原山を見る 岡田港で東京行きの「かめりあ丸」に乗船

岡田港に「uzakiyoさん」がやってきた「かめりあ丸」の「スタミナ丼」伊豆大島を離れていく

岡田港に「uzakiyoさん」がやってきた 「かめりあ丸」の「スタミナ丼」 伊豆大島を離れていく

竹芝桟橋前の「ウィンディーズ」で「ハンバーガーセット」を食べる八丈島行きの東海汽船「さるびあ丸」に乗船

竹芝桟橋前の「ウィンディーズ」で「ハンバーガーセット」を食べる 八丈島行きの東海汽船「さるびあ丸」に乗船  

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    タンデムスタイル No.222
    9月24日発売

    賀曽利隆の分割日本一周

    北海道編


    アンダー400 No.84
    9月4日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    南会津・前編

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up