カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[293日目]

投稿日:2020年5月1日

伊豆諸島編に出発だ

伊豆諸島編 1日目(2007年10月28日)

 勝浦温泉「オートキャンプ ニュー勝浦」の夜明け。台風一過の快晴だ。

「3000湯の夕べ」の会場は離れがたく、参加者のみなさんといつまでも話込んだ。

 そして、帰っていくみなさんを見送り、出発したのは12時。

 養老温泉の湯に入り、館山道→京葉道路→東関道→湾岸→首都高経由で日本橋に到着したのは16時50分。「北海道編」が終った。

 スズキDR−Z400SMのフロントタイヤはすっかり磨り減り、ツルツル状態。北海道で交換したリアタイヤもかなり減っている。それでもこうしてしっかりと走ってくれたDRに感謝するのだった。

「北海道編」を終えたところで昭文社の制作本部まで行き、そこでマシンをチェンジ。

「伊豆諸島編」のスズキ・アドレスV125Gに乗り換え、日本橋に戻ってきたのは18時。昭文社の桑原さん、大久保さんに見送られ、「伊豆諸島編」に出発だ。

 国道15号で銀座、新橋と通り、浜松町の竹芝桟橋へ。そこでは「uzakiyoさん」が待ち構えていた。一緒に伊豆大島まで行くという。

 東海汽船の「かめりあ丸」に乗り込んだ。

 アドレスV125Gはコンテナに積み込まれた。

 22時、「かめりあ丸」出港。

 甲板に上がり、東京の夜景を眺めながら「uzakiyoさん」の差し入れの日本酒をさきイカ、チーズ鱈をつまみにして飲んだ。そのあとで夕食。これまた「uzakiyoさん」の差し入れの竜田揚げとエビキムチをパンと一緒に食べた。

本日のデータ 料金等は当時のものです
18時 日本橋を出発 伊豆諸島編、開始!
18時20分 竹芝桟橋着
22時 竹芝桟橋発 東海汽船「かめりあ丸」
出会い uzakiyoさん
夕食 uzakiyoさんの差し入れ 竜田揚げなど
本日の走行距離数 5キロ
本日の温泉入浴数 0湯

これが伊豆諸島編を走るスズキ・アドレスV125Gスズキ・アドレスV125Gは走行距離が0キロの新車日本橋を出発。さー、伊豆諸島編の開始だ!

これが伊豆諸島編を走るスズキ・アドレスV125G スズキ・アドレスV125Gは走行距離が0キロの新車 日本橋を出発。さー、伊豆諸島編の開始だ!

夜の銀座を走り抜けていく浜松町の竹芝桟橋に到着東海汽船の「かめりあ丸」に乗船

夜の銀座を走り抜けていく 浜松町の竹芝桟橋に到着 東海汽船の「かめりあ丸」に乗船

uzakiyoさんの差し入れをいただく東京の夜景を見る

uzakiyoさんの差し入れをいただく 東京の夜景を見る  

Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.83
    7月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    茨城・福島県境編

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • サポーターサイト

  • 関連サイト

Scroll Up