カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[292日目]

投稿日:2020年4月27日

豪雨のサイン会

北海道編 68日目(2007年10月27日)

「東横イン 千葉みなと駅前」の朝湯に入り、「おにぎり」&「味噌汁」の朝湯を食べていると、何と「北海道編」の第1日目で出会った渡辺哲さんと再会。これで「北海道編」の最初と最後で渡辺さんに会ったことになる。渡辺さんも「3000湯の夕べ」に参加するためにここに泊まったのだ。

 2人で勝浦温泉の会場へ。

 季節外れの台風が接近しているので激しい雨が降っている。

 国道297号で勝浦へ。

 第1湯目は湯場ノ原温泉「勝浦ロイヤルパークホテル」。ずぶ濡れになっての到着。雨は一段と激しくなり、もう暴風雨の様相。冷たい雨に降られっぱなしなので体は冷え冷えだ。それだけにここの湯はありがたい。大浴場と露天風呂。茶色い湯。

 いよいよ「3000湯の夕べ」の会場、「オートキャンプ ニュー勝浦」へ。

 台風直撃の大雨にもかかわらず、大勢のみなさんが来てくれている。仙台からの「ホリゴメさん」や新潟からの「スパット神田さん」、「永井さん」、飯山からの「索さん」、高崎からの「下田さん」、「長谷川さん」らの姿が見える。

 まずは温泉。「オートキャンプ ニュー勝浦」に隣接する勝浦温泉の湯に入る。ツルツルの黒湯。ここが第3049湯目になる。

 13時から「3000湯の夕べ」のプログラムが始まった。「寝太郎さん」が軽妙な語りでイベントを進めてくれる。

 それにしてもすさまじい天気。

 横なぐりに吹き付ける雨の中、テント内でのサイン会をする。カソリは次々に、「やったぜ! 3000湯!!」のサインをしていく。

 サイン会が終るころ、土砂降りの雨の中で、豚の丸焼きが出来上がった。

 すごいぞ!

 切り分けてもらった焼き豚のうまさといったらなかった。絶品だ。豚の味のみならず、その焼き方がじつにうまい。

 そのあとはスライドショー。

 みなさんに「300日3000湯」の写真を見てもらう。

 さらに豪華商品の抽選会、じゃんけん大会へとつづいていく。裏方の昭文社の桑原さんや若林さん、大久保さんらは台風直撃の中で大忙しだ。

 休憩タイムになったところで、みなさんと一緒に勝浦温泉の湯に入る。湯から上がると、大広間での楽しい語らい。

「台風直撃だなんて、カソリさんらしい」
 と、何人もの人たちに同じようなことをいわれた。

 さすが、「嵐を呼ぶ男、カソリ」だ。

 16時からは第2部の開始。

 嵐はいよいよ激しさを増す。

 ここではミュージシャンの「松さん」と『ツーリングマップル』の「内田さん」とのトークショー。台風に負けじとテンションを高くして語り合った。次々とテーマは変っていったが、松さんと話した「縄文」、内田さんと話した「一宮」は心に残った。

 トークショーが終ると、松さんはオリジナルの歌など、何曲も披露してくれた。その中には、この日のために作った「カソリ、カミング」もあった。

 21時、すさまじい暴風雨の中、「3000湯の夕べ」のすべてのイベントが終了。そのころになると台風は通過したようで、雨が小降りになった。

 それを見計らって、さらなる「メインイベント」といってもいい焚き火を始める。

 沼のように水びたしになったファイヤープレイスに薪を井桁に積み上げ、バイクから抜いたガソリンで燃やした。何度も消えかかったが、もう執念で、火を大きくし、火が完全に定着したところで、全員で「万歳!」。

 火を囲んでおおいに語り合う。

 松さんの歌に聞きほれる。

「寝太郎さん」は一緒に歌い、体全体でリズムをとっている。

「ゆーゆーさん」が仕事を終えて駆けつけてくれたときには大歓声が湧き上がる。

 ビールを飲み、日本酒を飲み、ワインを飲み、ウィスキーを飲み…で、もう何が何だかまったくわからなくなるようなチャンポン状態。天気はすっかり回復し、十六夜の大きな月がこうこうと輝いていた。

 大きな焚き火を囲んでの盛大な飲み会がお開きになったのは、2時過ぎであろうか。

「下田さん」にブルーシートを借り、それを焚き火のわきに敷き、「スパット神田さん」、「ヤキソバン鈴木さん」らとゴロ寝する。これが我々のいつもの寝方。燃え盛る焚き火のわきでの眠りはこの上もない幸福感を感じさせてくれる。

 それとともに、このような台風直撃というすさまじい天候にもかかわらず、大勢のみなさんが集まってくれたことがうれしかった。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 「東横イン 千葉みなと駅前」
朝食 「東横イン 千葉みなと駅前」 おにぎり&味噌汁
出会い 渡辺哲さん
9時 「東横イン 千葉みなと駅前」を出発
3048湯目 湯場ノ原温泉「勝浦ロイヤルパークホテル」(1200円)
3049湯目 勝浦温泉「オートキャンプ ニュー勝浦温泉」(特例)
「3000湯の夕べ」
本日の走行距離数 82キロ
本日の温泉入浴数 2湯

「東横イン 千葉みなと駅前」の朝食「東横イン 千葉みなと駅前」での渡辺哲さんとの再会まずはみなさんと一緒に、勝浦温泉「オートキャンプ ニュー勝浦温泉」の湯に入る

「東横イン 千葉みなと駅前」の朝食 「東横イン 千葉みなと駅前」での渡辺哲さんとの再会 まずはみなさんと一緒に、勝浦温泉「オートキャンプ ニュー勝浦温泉」の湯に入る

「3000湯の夕べ」の会場で参加者のみなさんに挨拶をする会場では豚の丸焼きをしている

「3000湯の夕べ」の会場で 参加者のみなさんに挨拶をする 会場では豚の丸焼きをしている

雨の中のサイン会雨の中のじゃんけん大会みなさんはカソリのトークショーを熱心に聞いてくれた

雨の中のサイン会 雨の中のじゃんけん大会 みなさんはカソリのトークショーを熱心に聞いてくれた

大雨の中の花束贈呈

大雨の中の花束贈呈    

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    タンデムスタイル No.222
    9月24日発売

    賀曽利隆の分割日本一周

    北海道編


    アンダー400 No.84
    9月4日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    南会津・前編

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up